配管凍結防止対策のコツを調べてみた

 

配管の凍結を予防するには

どうしたらいいの

 

という疑問にお答えします。

本記事の利点

  • 妄想と仮説に基づく凍結個所の特定と対策を知れる

→露出と屋内器具直近配管水抜きか通水復旧時のエア出るから気を付けてね

  • 凍結予防手順
  • 凍結しやすいと思われる個所
  • バルブどこ?

 

スポンサーリンク

凍結予防手順

水抜き方法

  1. バルブしめる
  2. 水だして1分?(お湯で1分くらい、トイレ1回?)
  3. 蛇口はしめておく

 

復旧方法

  1. バルブあけ
  2. エア抜き(水をだす)1分?(洗面などWCトイレ以外)
  3. 最後にトイレ通水

 

凍結しやすいと思われる個所

屋内露出

  • トイレ回り配管

外回り露出配管

  • 給湯機回り
  • 水栓柱
  • 散水栓

長期外出の場合は上記より念いりに水だしたほうがいいかも

上記に加え

  • 屋内隠ぺい(床下、壁、北側)も想定されます。

 

バルブどこ?

水抜きせんあり→水抜き栓

水抜きせんなし→メーターバルブ

メーターはどこ?

関連記事

水道メーターの場所はどこ?簡単にみつかるポイント2つ
水道メーターの場所はどこにあるのかな? という方向けへの記事となります。 わからないですよね バルブがしまっていたり、 水漏れしているトイレ、洗面(衛生器具)などの ...

 

本記事の内容

みんなエア出て大騒ぎとかあるからあんま書きたくないし

自己責任で4649

分析と理由

ソース?妄想とツイッタランド!

 

https://twitter.com/search?q=%E6%B0%B4%E9%81%93%E7%AE%A1%E5%87%8D%E7%B5%90&src=typed_query

 

 

 

マイナス四度がキーらしいけど、北側とかなら

外気と風で凍りやすいかもですね。

なぜ屋内より屋外が寒いのに給湯器散水以外は

凍りにくいのか?

埋設深度という規定が地域ごとにあるから

こおならない深さに配管してるんですね。