sds(安全データシート)作成についてお勉強メモ

SDS安全衛生法

施工監理でSDSのデータシートが最近必要とか

聞くけどよくわらないんだが、

どのレベルで把握しておけばいいのだろう?

という人への記事となります。

この記事の内容

  • SDS(安全データーシート)とかどこから来たはなしと実際
  • 安全衛生法に基づくはなし
  • いろいろ
  • 雑談

SDS(安全データーシート)とかどこから来たはなしはなしと実際

監理技術者必携とかでSDSのお勉強したな?

レベルなのでGHSマークとかJIS,ISO基準の標準化に

伴い国交省でも建設の人々や現場でもきちんとやろうね

ということらしいです。特に建設業では

「防水塗装接着で特に使う化学物質は気を付けてね」

ということだそうです。

現場入場箇所に記載されている現場もありましたが、

どこまでが表示の範囲かは不明。

参考に

労働災害を防止するため リスクアセスメントを実施しましょう

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11300000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu/0000099625.pdf

物質調査

GHS及び安衛法第57条の2に基づく通知対象物質及び通知対象外物質のモデルSDS情報が検索できます。

下しらべやすい

職場のあんぜんサイト:化学物質:表示・通知対象物質(ラベル表示・SDS交付義務対象673物質)の一覧・検索

https://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen_pg/GHS_MSD_FND.aspx

メモ

  • 2018
  • 加で必要なもの2018年7月以降
  • h30 7月1日以降いるアスファルトポルトランドセメント

=>調べたら、いろいろ対策注意点が記載されていて便利、身近なものでも

それなりに危ないということがわかる。

 

 

安全衛生法に基づくはなし

(安全衛生法(安衛法)労働安全衛生法のルールとのこと

「調べて、文章作って、表示しておくこと」

というルールをまもりな祭という意味らしいです。

具体的には

労働安全衛生法の改正で

  • 科学物質についてのリスクアセスメント実施義務2016年
  • 製造禁止レベル8物質(1番目)
  • 個別規則116物質(2番目)
  • リスクアセスメント努力義務物質での安全データシートSDS作成義務対象物質が640物質●(3番目)
  • 対象物質の追加

●の部分での追加の物質があったが、SDS作成(交付)努力目標ではなんと6万物質!(

 

  • 名称の表示=>表示
  • SDSの交付=>文章の交付
  • リスクアセスメントの実施=>調査

 

57条1及び2、3の対象ということ

引用しようとおもいましたが

長いので「表示」と「文章の交付等」と「事業者が行うべき調査等」に

大別されています。

参考URL

e-gov

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=347AC0000000057

でも、作るの大変そう?

施工監理さん得意?の外注さんもあるようですが

厚労省のまとめサイトがよさそう

https://anzeninfo.mhlw.go.jp/user/anzen/kag/ankgc07.htm#h2_2

NITEというところでデータシート作成支援サイトがある

独立行政法人製品評価技術基盤機構

https://www.nite.go.jp/chem/newsrelease/2022/20220401.html

NITE-Gmiccs

https://www.ghs.nite.go.jp/

※秒で挫折したので前述の厚労省のサイトが使いやすそうです

施工監理さんは大変ですね。

雑談

なんか技術者講習でメモしてあってはや4年ですが、当時は

SDSやりまっせと大きい現場では看板とか見かけて

やっとるやんけー、えらいわー

というのはあったんですが、

最近はあまり見かけないなと、

そういう現場が減ったからか。

まあかくあるべし!ぶち上げても、

大手さんは労基のチェックされるんだろうけど

全国の中小末端まで100%守られる

守らせるには人手お金が大変だろうなと、

この人手不足時代でどうするんだと思いますが、一応

おさらいしてみました。

道路工事とか上下水でアスファルトの危険性とか

ポルトランドセメントも下水で使いますので

他人事ではいかんなとメモしておりました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です