配管工事の資格で水道の場合はどういう資格があって、またそれがいるのは?

水道の工事をするきかいがあるけど、

いったいそういう配管の工事は

資格とかあるの?一応人が口にするものだし、

あんまり適当な世界でもないようなんですが、

だれに聞いたらいいものか?

ということはないでしょうか。

そんな疑問にお答えできればとおもいます。

本記事の内容

  • 配管工事の資格は水道では主に4つよく聞きます
  • 配管工事の資格は水道では主に4つありますが特性が微妙に違う
  • 特に資格がなくてもできる人も多い

配管工事の資格は水道では主に4つよく聞きます

配管工事の資格は水道では主に4つよく聞きます

主に生活者よりの部分ですが、

  • 配管技能士(一番実配管よりの資格)1から3級
  • 排水設備責任技術者(排水特化役所に下水道申請する代表者は必須)
  • 給水装置工事主任技術者(水道特化役所に水道申請する代表者は必須)
  • 管工事施工管理技士(屋内特にRC(鉄筋コンクリート)の施工では大体持っている
    大きい現場ではこれ基準のとこが多いときく)1から2級

でしょうか。

ほかにもより水道本管(配水管)よりの資格や、維持管理の浄化槽の資格ですとか、

いろいろありますが一番生活者よりかと思われる部分の4つです。

水道の工事も分業化されていますが、現場によってはなんでもやる必要があったり、

ばらつきが多いです。

なので、こうだからこうと言い切れない部分が多いことを理解していただきたいです。

建築関連は資格ですとか、特別の教育という講習ですとか、講習ですとか

沢山ある世界ですので上げだしたらきりがない。

分岐の配管ですとか、酸素欠乏危険作業主任者ですとか、きりがないです。

・配管工事の資格は水道では主に4つありますが特性が微妙に違う

・配管工事の資格は水道では主に4つありますが特性が微妙に違う

すでにかいてありますが、

配管技能士と排水設備責任技術者はベテランの職人さんだと、

だいたい配管技能士と排水くらいはだいたいの人が

持ってました。(あくまで自分のまわりだけのはなしですが)

社長さんクラスは給水装置工事の主任技術者を持っていました

管工事の施工管理は、設備専門のサブコンの管理の方ですとか、

その下の若手の人がトライしているイメージです。

より管理職よりといいますが、設計などもやるかたですと、

建築設備士の資格を持っているひともいます。

水道施設管理の資格などは浄水所ですとか、水道局の人が多いのではないかと思います。

分岐配管は分岐と掘削舗装専門の業者さんなど。

ひとことで水道工事も得意不得意、得手不得手があるので、本当わかりにくいですね。

・特に資格がなくてもできる人も多い?

・特に資格がなくてもできる人も多い?

そのまんまなんですが、建築さんなどからめちゃくちゃ信頼されている職人さんが、

資格保持者かといいますと、そうでない場合も多いです。

なので、無資格でいいとはいえませんが、あるから大丈夫というわけでもないのもまた事実。

必要な場面で補完しあっていくというが、助け合っていくというイメージです。

まあ、最近は安全管理上のルールががちがちすぎて、逆に危ないのでは?

と感じることもありますが、

現場、案件毎にこなしくていくしかないのですね。

設備、水道屋さんとかは、1現場に常駐で1年間という現場はあまりありません。

なので、だいたい掛け持ちでいろいろな現場を作業、管理している人がほとんどです、

そんななか改修などの仕事もあり、またそれを専門としている人たちもいます。

役所直の工事だとまた特性が違います。

なので、あれば安心、なくていいよというものではないということをご理解いただきたいです。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です