MPaとはなんぞね

Mpaとはなんぞね

ということで理解を深めようとしているのですが、

この圧力系統の表現、単位といいますか、

気圧が基準らしいのですねー

大気圧、なんとなくわかるような、

わからないような
1気圧が標準大気圧というらしく(単位はatm)

こいつと同じ値が、
1013.25 mbar(ミリバール)
= 1013.25 hPa(ヘクトパスカル)
= 101325 Pa(パスカル)

となるらしい。

で、0.1MPaは

100kPaで、100000Paで、1000hPaは1000ミリバール

ってほぼ大気圧じゃん。

で、貯湯湯沸機で0.1Mpa以下に保つことが減圧の弁と逃がし弁の水頭圧
が必要。

なんとなくわかりますね、あのチッコイ給湯器の基準なので、水道管のような

圧力は必要が無いというイメージですが、

耐圧性能の試験基準らしいから、まあこういった値が必要なんですね、

耐圧性能基準という
どのくらいの圧力で耐えられるべきかという基準が必要。

通常の給水装置については給湯器の17.5倍の値

つまり
1.75MPaの値での水圧を1分間流して確認するそうです。

水圧そのものやウォーターハンマーに対する試験でもあるということです

1.75Mpaてことはだ、1万かけるとミリバール、ヘクトパスカルだから
1.75×10000=>17500ミリバール、ヘクトパスカルだからだ、
結構な圧力ですよね標準気圧の1000ミリバールからしても17.5倍の圧力

がかかる

参考サイト

ヘクトパスカルWIKI

減圧弁MPa
ウォーターハンマー

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です