給水装置工事主任技術者 テキストのおすすめは

給水装置工事主任技術者 テキストのおすすめは

諏訪公さんの本です、

なぜなら、わかりやすい写真や、絵が多い点、

給水装置主任技術者まわりのわかりにくい語彙の索引一覧があること、また何よりも、

資格取得後も見直す機会が多いのが理由です。

厚さも大きさもちょうどいいんですよね、

ハードカバーでなく、

ちょっとやわい感じがいい、

これより大体一回り小さくて厚めの本が多いのですが、やはりテキストは

概略理解を繰り返し読むことにより、

深めていく必要があるので、

絵や図や写真がバッチリあるほうがわかりやすいです。

また、自分はいきなり問題から解きだしつつ、

並行してテキストを、ダラダラ読み込む、

また、間違えリスト作成時に、ネット検索と

並行して、テキストで理解をする

というプロセスを踏んでいましたので、

語句の索引はテキストには必須だったんです、

他の資格のテキストで語句の索引、インデックスがまるでないテキストをよく見るのですが、

素地のある人間への学習を求めているのかな?

と、素人としてはツライ状況になることが多いです。しかしこのテキストは索引があるので

そんなことはなく、学習漏れが減ります。

裏ワザですが、

わたしは索引をちぎって、ホチキスで止めてテキストに挟んでいました。

こうすることにより、わからない語句に当たってもすぐに調べることがてきるんです。

水理計算や、自己認証の概念ですとか、

とにかく、基礎的な給水の考え方なども盛りだくさんなので、

取得後も、公式の財団の分厚いテキストよりも、

より気軽に見れるのがいいです。

とくに、度忘れした内容とか、建築さんや、

お施主様に説明が必要な時とかにも役に立ちます。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です