受水層貯水槽水道」カテゴリーアーカイブ

マンションの給水管工事で抑えておきたいポイント3つ

マンションの給水管

マンションの給水管。。。

悩める人

水道屋さんにいるけど、マンションの給水管工事って

どんなものがあるんだろう?

なんか自分のとこだけなおしてもどうかと思うし、給水の方式もあるし

そもそも建物としてきれいな水が飲めるのかどうか?

 

 

という方への記事となります

 

  • ・マンションの給水工事での事前確認
  • お客さん目線だと個人オーナーさんで違いがあります
  • マンションの給水工事での費用にかかわる部分

 

マンションの給水工事での事前確認

水道局で既存の給水方式を調べます

なぜなら現況の水の配り方がわからないと、的確な変更方法が

決められないからです。

具体的には

現行が受水槽+ポンプでの方式の場合はだいたい

受水槽撤去+増圧ポンプを設置しての直結増圧給水方式

もしくは

受水槽撤去+増圧ポンプを設置せず水圧水量が確保できるのであれば

しての特例直圧の給水方式

水圧水量が確保できないが、配水管から宅内までの増径(管を太くすることで

流量を確保するため)で対応する場合や

増径と増圧ポンプ設置と両方のテコ入れで対応する場合もあるかもしれません。

まとめると

 

  • 受水槽撤去+増圧ポンプ追加あり→直結増圧給水方式
  • 受水槽撤去+増圧ポンプ追加なし→特例直圧急須方式
  • 受水槽撤去+増圧ポンプ追加なしで管の増径(掘削工事)
    →特例直圧給水方式(増径を伴う)
  • 受水槽撤去+増圧ポンプ追加ありで管の増径(掘削工事)
    →直圧増圧給水方式(増径を伴う)
  • 4番目はあまりないかもしれませんが一応載せておきます

それでも現況の給水方式の調査は必要です。ルート替えや

立管の系統数、流量計算上の必要な情報となるからです。

新築でもおおむね変わりません。なぜなら増径部分の工事の

必要性を確認する必要があるからです。

 

お客さん目線だと個人オーナーさんで違いがあります

大規模修繕待ちか個人で売買時に自分の部屋だけやるか

中古マンション個人でのお客さんの場合と新築、中古問わずオーナーさんや

管理組合さんで

全棟を考えている場合です。

全棟の場合は前述の通りですが、個人の場合での目線としては、

大規模修繕待ちか個人で売買時に自分の部屋だけやるかとなります。

中古の場合、個人での区分所有の購入時でマンションの管理組合

との相談は必要となると思います。給水管の工事を自分の専有部分

だけでの工事であれば、こういう工事ですよのレベルでしょうが、

マンションの修繕積立金はいくらか?全回の大規模修繕はいつか、

今後の予定は?という相談はあるでしょう。

全館全戸近く大規模修繕が予定されていれば

それを待つのも方法だからです。

間取りからリフォームするのであれば自分の部屋だけまとめて

やるほうがいいでしょうが、そのままでも暮らせるかつ大規模修繕で

給水管の工事も予定されているのであれば待つのも方法でしょう。

大体パターンとして

  • ゼネコンリフォーム部門屋さん
  • 水道屋マンション専門系屋さん
  • リフォームマンション専門屋さん
  • 更生管屋さん
  • 大規模修繕やさん排水管平行外壁屋上防水消防平行
  • 中古売買屋つながりのリフォーム屋さん

などがあります。

それぞれのメリットデメリットもありますし、

タイミングとニーズも分かれるので一概にどれがいいとも言えませんが。

得手不得手があることは承知しておくといいかもしれません。

 

 

マンションの給水工事での費用にかかわる部分

金額はばらつきます

 

なぜなら上記の通りなので、希望がばらつくからです

具体的には

1部屋と全棟による違いとポンプの有無

掘削の有無で金額は大きく変わります。

水道局の指定部材もあるでしょうし、受水槽の撤去の費用もあります。

排水外壁防水も一緒の場合となるとさらに費用はばらつくからです。

まあ、受水槽の配管の直近部分のやりかえ、ポンプ設置で掘削なしだけ、

高置水槽部分の給排気弁設置バイパス工事で受水槽撤去をしなければ

150から200万円くらいでしょうか。(適当です)プロに依頼しましょう。

でも空の受水槽放置とか長期的には危険かもしれませんが。

水道と給水装置の違い

水道と給水装置

なんか大きく出ましたが、水道と給水装置は何が違うのかということです。

水道は結構一般的に通用する言葉ですが、

給水装置だと、水道屋さんでないと、

しかも、水道局とやり取りする

業者でないと、あまり理解されない言葉だと思います。

平たくいうと、水道メータ払い出しや、水道の配水管からの分岐、という穴を開けて宅地に水を引き込む施工に関わらない限りあまり縁のない話となります。

改修だけの施工業者さんですとか、施工だけの職人さんですとかは

あまり関係はあれど、接点のない言葉となります。

では、給水装置はなにかという部分ですが、

水道局が認めました水道の配管や器具などですよ、という部分です。

代表的な例ですと、受水槽方式のタンクの上流側は給水装置ですが、タンクの下流側は

水道となります。

細かく言うとボールタップまでが、

給水装置となります。

まあ、わかりにくいのが、

受水槽の下流側にも、水道局のメータもつくことがあるのですが、あくまで計量のためのメータであり、

給水装置とするメータとは物は同じでも責任分界点は

あくまでボールタップまでが給水装置となります。

それでも、ボールタップ以下の水道部分の

図面提出を設計事務審査という、いわゆる申請時に提出をもとめられることも多いです。

受水槽は容量10立米以下は規定が緩く10立米以上の場合のような法定点検の義務の

対象外であるのが、

この区分の理由のようです。

都市部では受水槽を使わない、配水管から直接繋ぐ直結直圧式や、

増圧ポンプというポンプを使う直結増圧式、

配水管から同じく直接繋ぐ比較的多所帯、高層階向けの特例直圧給水方式

などが主流となってきています。

あくまで都市部での例ですが

昔と比べ、配水管水圧が高くなり、水量の確保がしやすくなったことが理由と思われます。

受水層方式、貯水槽水道についてのことを書いていきます。

受水層方式、貯水槽水道についてのことを書いていきます。

貯水槽水道、受水層とはなに?

現場では受水槽と呼んでいます。
大体写真にあるように白い強化プラスチック FRP と呼ばれる材質でできているものが多いですが、場所によってはステンレス製屋また木材で作られている貯水槽水道もあります。

簡単に言うと水が入っているタンクのことを言います

 

貯水槽水道、受水層の置いてある場所は?

それらのタンクは、場所によっては地下にあり、場所によっては一階の建物の広い場所に置かれていたり、場所によっては屋上に置かれていたりします。

高いところにあるタンクのことを高置水槽、架台に乗っていると高架水槽と呼んだりもします。
街中を見てみるとこういったタンクを見つけることができるでしょう。
またこれらのタンクで、10トン≒ 10立米の量を超えるタンクについては、国の規定で一年に一回点検を受けることが法律で定められています。

貯水槽水道、受水層の維持管理の区分

水道水は塩素で消毒されてはいませ大分タンクに長い間入っている水についてはそれなりに水質の管理が必要となってきます。
水道局いわゆる水道事業者ではこれらのタンクの両面のボールタップという部品から下については基本的には管理者所有者の管理となります。

 

貯水槽水道、受水層の近年の利用傾向

一般的な話で言うと近年では、これらのタンクを使った給水方式は減りつつあります。

理由としては、先に挙げた衛生面での問題、また近年では水道本管、配水管と呼ばれる道路内の太い管の水圧が高くなってきたので、タンクを使わない直結直圧と言われる給水方式が一般的になってきているからです。
また多所帯の住宅に於いては、増圧のポンプ、直結増圧方式と言われる給水方式が
比較的一般的になってきているのが別の理由としても挙げられます。

 

貯水槽水道、受水層を使うパターンとは

ただし、水圧が低いエリアや、増圧ポンプの初期投資での費用よりも、毎年のメンテナンス費用でやりくりできる場合、また法的な部分で、工場や病院など水質の汚染のリスクがある建物や、水道の本管が何らかの理由で使えなくなった場合水そのものを確保する必要性がある建物などでは、これらのタンクを使った受水槽方式の給水方式を採用することとなっています 。

 

使用水量の選定

大体の値ですが、集合住宅として、一人当たり

1日250リットルとして仮に8人とすると

250リットル×8で2000リットル

2トンの1日あたりの使用水量とすると

そのほ半分1トンの容量のタンクが

必要になります。

2トンならば2トン用意しておけばいいのでは?という意見もありますが、

タンクに長時間貯めておくと衛生上の問題が

発生しやすいので、

おおよそ半日で水が入れ替わる水量が規定となります。

試験では50パーセントでなく、40パーセントから60パーセントと出ます