給水管」カテゴリーアーカイブ

マンションの給水管工事で抑えておきたいポイント3つ

マンションの給水管

マンションの給水管。。。

悩める人

水道屋さんにいるけど、マンションの給水管工事って

どんなものがあるんだろう?

なんか自分のとこだけなおしてもどうかと思うし、給水の方式もあるし

そもそも建物としてきれいな水が飲めるのかどうか?

 

 

という方への記事となります

 

  • ・マンションの給水工事での事前確認
  • お客さん目線だと個人オーナーさんで違いがあります
  • マンションの給水工事での費用にかかわる部分

 

マンションの給水工事での事前確認

水道局で既存の給水方式を調べます

なぜなら現況の水の配り方がわからないと、的確な変更方法が

決められないからです。

具体的には

現行が受水槽+ポンプでの方式の場合はだいたい

受水槽撤去+増圧ポンプを設置しての直結増圧給水方式

もしくは

受水槽撤去+増圧ポンプを設置せず水圧水量が確保できるのであれば

しての特例直圧の給水方式

水圧水量が確保できないが、配水管から宅内までの増径(管を太くすることで

流量を確保するため)で対応する場合や

増径と増圧ポンプ設置と両方のテコ入れで対応する場合もあるかもしれません。

まとめると

 

  • 受水槽撤去+増圧ポンプ追加あり→直結増圧給水方式
  • 受水槽撤去+増圧ポンプ追加なし→特例直圧急須方式
  • 受水槽撤去+増圧ポンプ追加なしで管の増径(掘削工事)
    →特例直圧給水方式(増径を伴う)
  • 受水槽撤去+増圧ポンプ追加ありで管の増径(掘削工事)
    →直圧増圧給水方式(増径を伴う)
  • 4番目はあまりないかもしれませんが一応載せておきます

それでも現況の給水方式の調査は必要です。ルート替えや

立管の系統数、流量計算上の必要な情報となるからです。

新築でもおおむね変わりません。なぜなら増径部分の工事の

必要性を確認する必要があるからです。

 

お客さん目線だと個人オーナーさんで違いがあります

大規模修繕待ちか個人で売買時に自分の部屋だけやるか

中古マンション個人でのお客さんの場合と新築、中古問わずオーナーさんや

管理組合さんで

全棟を考えている場合です。

全棟の場合は前述の通りですが、個人の場合での目線としては、

大規模修繕待ちか個人で売買時に自分の部屋だけやるかとなります。

中古の場合、個人での区分所有の購入時でマンションの管理組合

との相談は必要となると思います。給水管の工事を自分の専有部分

だけでの工事であれば、こういう工事ですよのレベルでしょうが、

マンションの修繕積立金はいくらか?全回の大規模修繕はいつか、

今後の予定は?という相談はあるでしょう。

全館全戸近く大規模修繕が予定されていれば

それを待つのも方法だからです。

間取りからリフォームするのであれば自分の部屋だけまとめて

やるほうがいいでしょうが、そのままでも暮らせるかつ大規模修繕で

給水管の工事も予定されているのであれば待つのも方法でしょう。

大体パターンとして

  • ゼネコンリフォーム部門屋さん
  • 水道屋マンション専門系屋さん
  • リフォームマンション専門屋さん
  • 更生管屋さん
  • 大規模修繕やさん排水管平行外壁屋上防水消防平行
  • 中古売買屋つながりのリフォーム屋さん

などがあります。

それぞれのメリットデメリットもありますし、

タイミングとニーズも分かれるので一概にどれがいいとも言えませんが。

得手不得手があることは承知しておくといいかもしれません。

 

 

マンションの給水工事での費用にかかわる部分

金額はばらつきます

 

なぜなら上記の通りなので、希望がばらつくからです

具体的には

1部屋と全棟による違いとポンプの有無

掘削の有無で金額は大きく変わります。

水道局の指定部材もあるでしょうし、受水槽の撤去の費用もあります。

排水外壁防水も一緒の場合となるとさらに費用はばらつくからです。

まあ、受水槽の配管の直近部分のやりかえ、ポンプ設置で掘削なしだけ、

高置水槽部分の給排気弁設置バイパス工事で受水槽撤去をしなければ

150から200万円くらいでしょうか。(適当です)プロに依頼しましょう。

でも空の受水槽放置とか長期的には危険かもしれませんが。

増圧ポンプの計算と施工の計画であなたが押さえておくといいこと3つ

増圧ポンプの計算と計画で給水装置の計画を練るといっても

よくわからないし、だいたいで大丈夫でしょうとまでは

いかないけどわからない部分もあるという方に

ありがちな落とし穴?的なものをできる範囲でお伝えします

配管径の決定は設計手順としてはほぼ最後の工程で、

積算上はその前段階に1日の各使用水量の計算と、

関係省庁との打ち合わせ、給水方式の確定、

機器の収まりの確認、配管ルートの確認という下ごしらえがいります。

ここの設計の手順にありますので参考にするといいでしょう、

給排水衛生設備計画設計の実務の知識(改訂4版)

本記事の内容

  • ポンプの選定時のポンプ二次側の口径の計算はそれで大丈夫か
  • 水道局指定の部材などでメータまわりや末端での変更は想定しているか
  • 水道局貸し出しのメータをつけるのか私設のメータをつけるのかで配管も変わる?

ポンプの選定時のポンプ二次側の口径の計算はそれで大丈夫か

その水理計算書大丈夫?

  • 2サイズアップの口径の検討
  • ポンプの2次側の口径と流速に注意流速毎秒2m超えてない?

結論からいいますと、ポンプ二次側の口径は水道局にもよりますが、2サイズ大きく

できることが多いですので検討してますか。という部分です

なぜなら、流量が増えたとき流速が上がるから

上がりすぎるといくら大きいポンプでも停止します。配管が壊れてしまいますからね。

それはこまるから二次側の口径を太くすることでそのリスクを回避します。

なぜそういうことが起こるのか。

ポンプメーカーさんはポンプ販売用の水理計算は行いますが、ポンプ二次側の計算を

末端までおこなってはいないという問題点があります。

ここに小さな落とし穴があります。

良くも悪くもざっくり計算でおわっているので、その先の計算と施工は

もちろん施工監理の人たちの責任となります。

まあ水道局では指定給水装置工事事業者の当該工事の主任技術者となりますが、

なので、系統図をアウトラインでもいいので、作成しておくといいでしょう。

系統図をつくる理由ってここらへんにあるのではと思いますが。

どうなんでしょう。

まあそこまでシビアにならなくてもいいときもありますが。

ベテラン施工監理の方々は必ず気にしてましたね。

特に住宅だけならまあポンプ屋さんの計算書でもいいかもしれませんが、

事務所や福祉施設や店舗など、想定される水量を出しておかないと

結構怖いのだ、というここポイント!という感じで対応していた気がします。

設備の施工管理でも年数経験範囲がさまざまなので、

得手不得手に対するカバーできるといいですね。

水道局指定の部材などでメータまわりや末端での変更は想定しているか

施工方法、部材の指定などを水道局(水道事業者)がしてくろとるがあります。

  • 水道事業者の部材と給水方式の確認
  • 水道事業者の施工要領を確認

といいますか水道局ごとに大まかなルールは同じですが、使用部材、

特に第一止水栓までとメータまわりの部材、

などは結構違いがあります。

竣工間際に大騒ぎはしたくないものです。

メータ口径により使用部材の規定が違ったりもしますので

関係官庁との打ち合わせ事項は必須です。

水道局貸し出しのメータをつけるのか私設のメータをつけるのかで配管も変わる?

前項と同様ですが、

水道事業者さんに

  • 施主さんの要望(最終支払い方法)
  • 施主さんの要望(管理会社で案分するのか(自主管理か)

そもそもそこにメータいらない!といわれるケースもあれば、

そこに大口径のメータつけて!と真逆のことを言われることもあります。

屋内PS内に水道局指定のメータをつける、つけないで水道局によっては

1つ数百万円の権利金がお施主さんに発生する、しないにも影響しますので、

事前の調査と決めごとは大切でしょう。

給水管の種類と特徴はどのようなものがあるか【簡単な区分けと時代の関係を4パターンで知る】

水道の管って給水管とかいうらしいけど、

どんな種類があるの?

あとそれってなに?ということが多いですよね、

そんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 給水管の種類と特徴で時代による区分とそうでない区分について
  • 給水管の種類が派生していく時代ニーズと水道局水道屋ニーズ
  • 給水管のそもそもの定義について使っていいのは?
  • 給水管の種類と特徴で時代による区分とそうでない区分について

給水管の種類と特徴で時代による区分とそうでない区分について

時代経緯はあとにしますが、時代とともに進化してきた給水管の

「なんでこれつかうの?」の答えになれば順で記載します(そうでない区分もあります)

耐腐食(さびてしまうこと)

昔:鉄管

今:ライニングされた鋼管、

ステンレス管、HIVP(塩ビ管(ゴムで強化))、

ポリエチレン管ポリブデン管(PBP)など

耐浸出(とけて水にしみること)

昔;鉛管(えんかん)

今:ライニングされた鋼管(VB、VD)、

ステンレス鋼管(SSP)、塩ビ管(HIVP(ゴムで強化))、

ポリエチレン管(PP,PEP)ポリブデン管(PBP)など

耐破壊(こわれてしまうこと)

昔:鉄管

今:ステンレス鋼管、HIVP(塩ビ管(ゴムで強化))、ポリエチレン管ポリブデン管(PBP)など

耐破壊?(こわれてしまうこと)

今、昔

銅管≒お湯(ピンホール)

今(ケースによる)

ポリエチレン管ポリブデン管(PBP)

太さ≒建物の大きさ

鋳鉄管FCD(DIP)

給水管の種類が派生していく時代ニーズと水道局水道屋ニーズ

なんでこんないろいろあるのよ?

となるわけですが、理由らしきものを記載しておきます。

ダクタイル鋳鉄管(DIP)φ75mm以上の給水管の場合(水道局による)

水道屋で鉄管というとライニング鋼管のSGP-VB.VDなどをいいますが、水道局で

鉄管というとDIP鋳鉄管のことを言ったりしますNS?GX?。

でもメーター交換している人と話すと

古い鉄管は折れます壊れます、

宅内の設備屋さんの職人さんと話すと

鉄管は水漏れます、継ぎ手(管端防食継ぎ手)は高いです、錆びます

施工大変です、重いです、なので、ライニング(管の中に樹脂を被覆、VDは外も)

など進化したり、ステンレス(軽くて強いが高い)にしたり、

塩ビ管(施工しやすい、安い、〇〇い)にしたり、

それもゴム入れて強く進化させたり(HIVP)、

とある水道局では私道内はHIVPやVPでなくSSPで施工してと震災以降求められる

そもそも、ライニングしないでそのまま使えば?という理由かはわかりませんが、

ポリ管やポリブデン管などが出てきているわけです。屋内はほぼこれかHIVP

が多い印象

鉛管は昔は引き込み、宅内ともに大盛況でしたが、今は管から鉛が染みるから

どの水道局でも基本的に交換しようね、というものです。

(深くは語らず)

銅管はお湯では腐食の関係で鉄よりいいよーと使われていたようですが、

まあ、穴があいたりして、それなりに大変で、

(ピンホール(流速1.5m基準=>銅管、流速2m基準=>その他の管))

施工もろうづけといってはんだづけみたいな職人技もいるわけです。

でも医療現場では肉厚の管がK、L、M使われているようです(知らんけど)

それに比べたら、ポリ管なら継ぎ手でカチッとするだけですから。

施工性もいいわけです。

鋳鉄管の場合はでかい建物に引き込むときは75mmとかの鋳鉄管で部材一つで20kG

とか施工超大変な世界があるわけです。なので、

配水管からの枝なので太いときは配水管で使われがちな鋳鉄管を給水管扱いで

引き込むこともあるわけです。逆に配水管でステンレス管布設しているとことか

レアケースではあります。(どうでもいい)

「強い!」「安い!」「溶けない!」「錆びない!}「安い!」「高い!」「工事しやすい!」

「軽い!」

という、各関係者使用者を含めたニーズによります

給水管のそもそもの定義について使っていいのは?

給水管の定義の引用:

ここから

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000121417.pdf

P32PDF内

水道法第3条第9項の逐条解説

水道法第3条第9項

この法律において「給水装置」とは、需要者に水を供給するために水道事業者の施設した配水
管から分岐して設けられた給水管及びこれに直結する給水用具をいう。

(1)給水管
給水装置は、水道事業についての特有の概念である。給水装置は、給水管とこれに直結す
る給水用具に区分される。このうち「給水管」とは、水道事業者の配水管から個別の需要者
に水を供給するために分岐して設けられた管をいう。

配水管の枝管だ!水道事業者の定義するとこだ!

とひいき目に見てもざっくりなので、

種類わからないですね。

日水協(≒JWWA日水協、他=>厚労省の給水装置の規定)の

認証取れている給水管なら大丈夫なのでは?

JIS規格なら大丈夫なのでは?

となりますが、認証品

(≒JWWA日水協、他=>

厚労省の給水装置の規定)

で当該の水道事業者(≒水道局)

が大丈夫ならOKとほぼ言ええるでしょう

認証まわりなら

給水装置の基準適合品の証明方法(自己認証、第三者認証)

ちゃんと学ぶなら
給水装置主任技術者の勉強方法、水道屋4年目で1発合格したときのお話をシェアさせていただきます

あたりみてみてください!