給水材料(部材)」カテゴリーアーカイブ

サドル付分水栓の仕組みはボール弁にチーズ継ぎ手がはいっているようなものだということ

これは自転車のサドルです今回はサドル付き分水栓の説明です

 

サドル付き分水栓が断水なしで配水管から給水管へ

分岐できる便利なものとは頭ではなんとなく理解しているけど、

その理由がよくわからない。

そういった疑問にお答えします

こういったお悩みを解決します

本記事の内容

  • サドル付分水栓の仕組みはボール弁にチーズ継ぎ手がはいっているということ
  • ボール弁の穴が縦で全開、ボール弁の穴がよこで全閉で使い分ける理由

サドル付分水栓の仕組みはボール弁にチーズ継ぎ手がはいっているということ

サドル分水栓の仕組み

サドル分水栓の仕組み

そのまんまなんですが、チーズというのは水道の継ぎ手でT字継ぎ手というものです。

まっすぐの管から横向きの管へも水を流せるようにするための継ぎ手とよばれるものです。

ボール弁とは、水道などの水などを止めるための器具です。

90度まわすと止まります。中にボールにビーズのような穴が開いているので、

弁体(弁(バルブ)の本体)に対して90度回すと水が止まります。

それがミックスされているのが、サドル分水栓の内部構造の肝となる構造です。

配水管から給水管へ水を供給する穴をあけるけど、配水管の断水はなし(不断水)で

行う必要があるのでこのような構造をしています。給水管側に枝の給水管への穴があります

ボール弁の穴が縦で全開、ボール弁の穴がよこで全閉で使い分ける理由

ビーズの球よこに穴があいて給水管へ分水するイメージ

ボールの中にチーズ(T字の継ぎ手)が入っているイメージ

です。

なぜそんなことが必要かといいますと、

穴をあける=>コアを入れる=>給水管を接続する

という工程を水まみれになって行わないようにするためです。

具体的には、

まず、ボール弁を縦にしないと上から穿孔機で配水管に穿孔するので、ボール弁が上から下へ穴が

空いている状態でないと穿孔できません。

その後、穿孔後、穿孔機を外す際は全閉します。内部のボールを横にしている状態でないと、

配水管からの水が出てきてしまうからです。

コア入れの際(さび止めのリング)は、

コア挿入器具を取り付けまでは全閉で、コア挿入器具取付後に

全開します。コアは配水管の穿孔箇所まで入れますから開けないと入らないです。

また、器具取付前に全開すると水がでてきてしまいますからいったん閉める必要があります。

コア挿入後、コア挿入の器具を取り外す際はもう一度全閉します。開けてしまうと

配水管から水がでてきてしまいますから。

その後、閉栓キャップを給水管取り出し口から、縦の分水栓上部に取り付けます。

給水管接続、耐圧試験後等の作業後に全開します。

土中埋め戻し前に全開を確認してください。水が出ない仕事をしたことになりますから。

前澤給装工業さんの動画が参考になります。

サドル付分水栓の施工

横取り出し口(最終的に給水管を接続し通水する場所)というそうです。

分水栓ソケット、閉栓キャップの腐食によるごにょごにょとか、

そういう話はまた今度。したくないけど

増圧ポンプの計算と施工の計画であなたが押さえておくといいこと3つ

増圧ポンプの計算と計画で給水装置の計画を練るといっても

よくわからないし、だいたいで大丈夫でしょうとまでは

いかないけどわからない部分もあるという方に

ありがちな落とし穴?的なものをできる範囲でお伝えします

配管径の決定は設計手順としてはほぼ最後の工程で、

積算上はその前段階に1日の各使用水量の計算と、

関係省庁との打ち合わせ、給水方式の確定、

機器の収まりの確認、配管ルートの確認という下ごしらえがいります。

ここの設計の手順にありますので参考にするといいでしょう、

給排水衛生設備計画設計の実務の知識(改訂4版)

本記事の内容

  • ポンプの選定時のポンプ二次側の口径の計算はそれで大丈夫か
  • 水道局指定の部材などでメータまわりや末端での変更は想定しているか
  • 水道局貸し出しのメータをつけるのか私設のメータをつけるのかで配管も変わる?

ポンプの選定時のポンプ二次側の口径の計算はそれで大丈夫か

その水理計算書大丈夫?

  • 2サイズアップの口径の検討
  • ポンプの2次側の口径と流速に注意流速毎秒2m超えてない?

結論からいいますと、ポンプ二次側の口径は水道局にもよりますが、2サイズ大きく

できることが多いですので検討してますか。という部分です

なぜなら、流量が増えたとき流速が上がるから

上がりすぎるといくら大きいポンプでも停止します。配管が壊れてしまいますからね。

それはこまるから二次側の口径を太くすることでそのリスクを回避します。

なぜそういうことが起こるのか。

ポンプメーカーさんはポンプ販売用の水理計算は行いますが、ポンプ二次側の計算を

末端までおこなってはいないという問題点があります。

ここに小さな落とし穴があります。

良くも悪くもざっくり計算でおわっているので、その先の計算と施工は

もちろん施工監理の人たちの責任となります。

まあ水道局では指定給水装置工事事業者の当該工事の主任技術者となりますが、

なので、系統図をアウトラインでもいいので、作成しておくといいでしょう。

系統図をつくる理由ってここらへんにあるのではと思いますが。

どうなんでしょう。

まあそこまでシビアにならなくてもいいときもありますが。

ベテラン施工監理の方々は必ず気にしてましたね。

特に住宅だけならまあポンプ屋さんの計算書でもいいかもしれませんが、

事務所や福祉施設や店舗など、想定される水量を出しておかないと

結構怖いのだ、というここポイント!という感じで対応していた気がします。

設備の施工管理でも年数経験範囲がさまざまなので、

得手不得手に対するカバーできるといいですね。

水道局指定の部材などでメータまわりや末端での変更は想定しているか

施工方法、部材の指定などを水道局(水道事業者)がしてくろとるがあります。

  • 水道事業者の部材と給水方式の確認
  • 水道事業者の施工要領を確認

といいますか水道局ごとに大まかなルールは同じですが、使用部材、

特に第一止水栓までとメータまわりの部材、

などは結構違いがあります。

竣工間際に大騒ぎはしたくないものです。

メータ口径により使用部材の規定が違ったりもしますので

関係官庁との打ち合わせ事項は必須です。

水道局貸し出しのメータをつけるのか私設のメータをつけるのかで配管も変わる?

前項と同様ですが、

水道事業者さんに

  • 施主さんの要望(最終支払い方法)
  • 施主さんの要望(管理会社で案分するのか(自主管理か)

そもそもそこにメータいらない!といわれるケースもあれば、

そこに大口径のメータつけて!と真逆のことを言われることもあります。

屋内PS内に水道局指定のメータをつける、つけないで水道局によっては

1つ数百万円の権利金がお施主さんに発生する、しないにも影響しますので、

事前の調査と決めごとは大切でしょう。

埋設の給水管について【いろいろと調べてみた】


埋設の給水管についても

いろいろありますが、車道なのか歩道なのか

宅内なのか、その深さってどのくらいならいいのか?

位置はどのあたりがいいのか?今の家の埋設の給水管は

どこらへんにあるのかなどなど、よくわからないことが

ありますよね。そんな疑問にお答えできればと思います

本記事の内容

  • 埋設の給水管は深さどのくらいが適切なの?(埋設深度)
  • 埋設の給水管はいったいどこにあるの?どう調べればよいの?(埋設位置)
  • 埋設の給水管はどのような種類があるのか、大きさは??(管種、口径)

・埋設の給水管は深さどのくらいが適切なの?(埋設深度)

埋設の給水管は深さとしては宅内は

0.3mとなります。

土被りの図

土被り埋設管

土被り埋設管

道路(路盤)から管の上(上端(うわば))までをいいます

断面です。

車道は0.6m以上です。

(ただし取り付け口の配水の管は

1.2mの深さが標準で、

あとは道路の管理者により違います。)

なぜなら車道は車が乗るのでその分深く埋めます。

具体的には

路盤(土やアスファルトの上)から管の上の部分までの

深さとなります。(かんうえ)などという

(土被り(どかぶり)などといいます)

・埋設の給水管はいったいどこにあるの?どう調べればよいの?(埋設位置)

埋設の給水管の場所の確認方法ですが、

現地と図面の両方となります。

図面はあまりあてにならないことも多いです。

現地の水道メーターと宅内1つめのバルブ(第一止水栓(だいいいちしすいせん)という)

の位置の確認、場所によっては青色の数センチの四角形の杭など(矢印で方向が記載されているものもあり)

(明示杭(めいじくい)という)ものがあるときもあります。

などを目安にします。

図面は水道局にある場合もありますが、あくまで目安で、

無料のところもありますが、

有料のところもあります。

身分証明書や、依頼されている場合は委任状が必要な水道局もあります。

・埋設の給水管はどのような種類があるのか、大きさは??(管種、口径)

埋設の給水管の種類ですが、

配水管と給水管の図

配水管と給水管

配水管と給水管

配水管という太い管からの枝です。

まちまちです。水道局が決めてるので、当該地の水道局で聞くのが

正解です。

なぜなら彼らが決める権限があるからです。

(特に第一止水栓まで)、

宅内は結構いろいろ選べますが、

最近は車道上はステンレス鋼管、宅内はHIVP(塩ビのゴム入りの堅いもの)

が住宅などでは多いです。

そのほかにはPE管ポリエチレン管などもあります

PP管という2層のポリエチレン管の場合もあります。

一昔前だと鉄管で中にライニング(塩ビやポリエチレンがコーティング?されているもの)

もあります。(まだ現役でもあるが施工性などを考えあまり一般的でないかも)

もう禁止されているものでは鉛管があります(だいたいなくなってきてはいるがたまにある)