給水器具」カテゴリーアーカイブ

マンションの給水管工事で抑えておきたいポイント3つ

マンションの給水管

マンションの給水管。。。

悩める人

水道屋さんにいるけど、マンションの給水管工事って

どんなものがあるんだろう?

なんか自分のとこだけなおしてもどうかと思うし、給水の方式もあるし

そもそも建物としてきれいな水が飲めるのかどうか?

 

 

という方への記事となります

 

  • ・マンションの給水工事での事前確認
  • お客さん目線だと個人オーナーさんで違いがあります
  • マンションの給水工事での費用にかかわる部分

 

マンションの給水工事での事前確認

水道局で既存の給水方式を調べます

なぜなら現況の水の配り方がわからないと、的確な変更方法が

決められないからです。

具体的には

現行が受水槽+ポンプでの方式の場合はだいたい

受水槽撤去+増圧ポンプを設置しての直結増圧給水方式

もしくは

受水槽撤去+増圧ポンプを設置せず水圧水量が確保できるのであれば

しての特例直圧の給水方式

水圧水量が確保できないが、配水管から宅内までの増径(管を太くすることで

流量を確保するため)で対応する場合や

増径と増圧ポンプ設置と両方のテコ入れで対応する場合もあるかもしれません。

まとめると

 

  • 受水槽撤去+増圧ポンプ追加あり→直結増圧給水方式
  • 受水槽撤去+増圧ポンプ追加なし→特例直圧急須方式
  • 受水槽撤去+増圧ポンプ追加なしで管の増径(掘削工事)
    →特例直圧給水方式(増径を伴う)
  • 受水槽撤去+増圧ポンプ追加ありで管の増径(掘削工事)
    →直圧増圧給水方式(増径を伴う)
  • 4番目はあまりないかもしれませんが一応載せておきます

それでも現況の給水方式の調査は必要です。ルート替えや

立管の系統数、流量計算上の必要な情報となるからです。

新築でもおおむね変わりません。なぜなら増径部分の工事の

必要性を確認する必要があるからです。

 

お客さん目線だと個人オーナーさんで違いがあります

大規模修繕待ちか個人で売買時に自分の部屋だけやるか

中古マンション個人でのお客さんの場合と新築、中古問わずオーナーさんや

管理組合さんで

全棟を考えている場合です。

全棟の場合は前述の通りですが、個人の場合での目線としては、

大規模修繕待ちか個人で売買時に自分の部屋だけやるかとなります。

中古の場合、個人での区分所有の購入時でマンションの管理組合

との相談は必要となると思います。給水管の工事を自分の専有部分

だけでの工事であれば、こういう工事ですよのレベルでしょうが、

マンションの修繕積立金はいくらか?全回の大規模修繕はいつか、

今後の予定は?という相談はあるでしょう。

全館全戸近く大規模修繕が予定されていれば

それを待つのも方法だからです。

間取りからリフォームするのであれば自分の部屋だけまとめて

やるほうがいいでしょうが、そのままでも暮らせるかつ大規模修繕で

給水管の工事も予定されているのであれば待つのも方法でしょう。

大体パターンとして

  • ゼネコンリフォーム部門屋さん
  • 水道屋マンション専門系屋さん
  • リフォームマンション専門屋さん
  • 更生管屋さん
  • 大規模修繕やさん排水管平行外壁屋上防水消防平行
  • 中古売買屋つながりのリフォーム屋さん

などがあります。

それぞれのメリットデメリットもありますし、

タイミングとニーズも分かれるので一概にどれがいいとも言えませんが。

得手不得手があることは承知しておくといいかもしれません。

 

 

マンションの給水工事での費用にかかわる部分

金額はばらつきます

 

なぜなら上記の通りなので、希望がばらつくからです

具体的には

1部屋と全棟による違いとポンプの有無

掘削の有無で金額は大きく変わります。

水道局の指定部材もあるでしょうし、受水槽の撤去の費用もあります。

排水外壁防水も一緒の場合となるとさらに費用はばらつくからです。

まあ、受水槽の配管の直近部分のやりかえ、ポンプ設置で掘削なしだけ、

高置水槽部分の給排気弁設置バイパス工事で受水槽撤去をしなければ

150から200万円くらいでしょうか。(適当です)プロに依頼しましょう。

でも空の受水槽放置とか長期的には危険かもしれませんが。

サドル付分水栓の仕組みはボール弁にチーズ継ぎ手がはいっているようなものだということ

これは自転車のサドルです今回はサドル付き分水栓の説明です

 

サドル付き分水栓が断水なしで配水管から給水管へ

分岐できる便利なものとは頭ではなんとなく理解しているけど、

その理由がよくわからない。

そういった疑問にお答えします

こういったお悩みを解決します

本記事の内容

  • サドル付分水栓の仕組みはボール弁にチーズ継ぎ手がはいっているということ
  • ボール弁の穴が縦で全開、ボール弁の穴がよこで全閉で使い分ける理由

サドル付分水栓の仕組みはボール弁にチーズ継ぎ手がはいっているということ

サドル分水栓の仕組み

サドル分水栓の仕組み

そのまんまなんですが、チーズというのは水道の継ぎ手でT字継ぎ手というものです。

まっすぐの管から横向きの管へも水を流せるようにするための継ぎ手とよばれるものです。

ボール弁とは、水道などの水などを止めるための器具です。

90度まわすと止まります。中にボールにビーズのような穴が開いているので、

弁体(弁(バルブ)の本体)に対して90度回すと水が止まります。

それがミックスされているのが、サドル分水栓の内部構造の肝となる構造です。

配水管から給水管へ水を供給する穴をあけるけど、配水管の断水はなし(不断水)で

行う必要があるのでこのような構造をしています。給水管側に枝の給水管への穴があります

ボール弁の穴が縦で全開、ボール弁の穴がよこで全閉で使い分ける理由

ビーズの球よこに穴があいて給水管へ分水するイメージ

ボールの中にチーズ(T字の継ぎ手)が入っているイメージ

です。

なぜそんなことが必要かといいますと、

穴をあける=>コアを入れる=>給水管を接続する

という工程を水まみれになって行わないようにするためです。

具体的には、

まず、ボール弁を縦にしないと上から穿孔機で配水管に穿孔するので、ボール弁が上から下へ穴が

空いている状態でないと穿孔できません。

その後、穿孔後、穿孔機を外す際は全閉します。内部のボールを横にしている状態でないと、

配水管からの水が出てきてしまうからです。

コア入れの際(さび止めのリング)は、

コア挿入器具を取り付けまでは全閉で、コア挿入器具取付後に

全開します。コアは配水管の穿孔箇所まで入れますから開けないと入らないです。

また、器具取付前に全開すると水がでてきてしまいますからいったん閉める必要があります。

コア挿入後、コア挿入の器具を取り外す際はもう一度全閉します。開けてしまうと

配水管から水がでてきてしまいますから。

その後、閉栓キャップを給水管取り出し口から、縦の分水栓上部に取り付けます。

給水管接続、耐圧試験後等の作業後に全開します。

土中埋め戻し前に全開を確認してください。水が出ない仕事をしたことになりますから。

前澤給装工業さんの動画が参考になります。

サドル付分水栓の施工

横取り出し口(最終的に給水管を接続し通水する場所)というそうです。

分水栓ソケット、閉栓キャップの腐食によるごにょごにょとか、

そういう話はまた今度。したくないけど

給水における管種は

給水における管種は

いろいろありすぎてよくわかりませんが、
まずはSSP菅とVP菅、を覚える必要があるのではないでしょうか。

SSPはステンレス、VPは塩ビ管です。いずれも錆びにくく、

加工が比較的しやすいというのがとくちょうです。

それ以外の古いタイプの菅、また新しいタイプのホースのような

菅、また、耐火を考えた菅、また、北国などの凍結などを考慮した

菅や施工方法など、色々種類があるようです。

VPは灰色で排水(おすい)側の配管でもよく見かける管種です。

塩ビ管と塩ビ管の接合には接着剤を使用します。白い接着剤を使っている

のをよく見かけます。VP巻の正式名称は

硬質塩化ビニル間です。それらに

耐性を持たせて主に衝撃に強くするべき場所への部材として
HIVPという耐衝撃性塩化ビニル管というのを使います。こちらは黒い色を

しています。

耐火などの指定のある部分にはHTVPという耐熱性硬質塩化ビニル管という

管があります。こちらはえんじ色(赤茶色)をしている場合があります。

HIVPほど見かけないかもしれません。

塩ビ管はTS継ぎ手という方法で接着します。

受け口と挿し口両方に接着剤を塗る工法だそうです。
TAPER SOCKET

VPとSSPとHIVPとHTVP以外にも大まかに18種類前後の管の種類があり、

それらの接合方法についてはさらに、いろいろあるようです。