給水装置主任技術者試験勉強」カテゴリーアーカイブ

給水管工事の資格は4つありますというお話

給水管工事の資格

給水管工事の資格

なんか水道管の工事でその親分の太い本管の水道管を

配水管と言って、その枝わかれのの管で

給水管というのがあってその工事を

給水管工事というらしいんだけど、その

給水管の資格にはどんなものがあるの?

という疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 給水管工事の資格は「給水管工事主任技術者」「給水装置工事配管技能検定」という資格ですがそれ以外の給水管工事の資格を合わせると4つとなります
  • おおまかな区分
  • 図の内容
  • 雑記

 

 

給水管工事の資格は「給水管工事主任技術者」「給水装置工事配管技能検定」という資格ですが
それ以外の給水管工事の資格を合わせると4つとなります

 

主任技術者は施工全体とそれを承認するよりの資格

水道屋さんの社長さんや水道局の人どこが

給水装置工事配管技能検定と配管技能士検定は施工そのものの技術の資格

配管技能士と配管技能士検定違い

配水管に穴をあける、配管をする

 

図を見てください。

書ききれないのでだいたいの傾向は図で書き出しました。

給水管工事の資格

 

「給水管工事」と言っているので「水道の工事」なる部分でないと判断すると

「給水管工事主任技術者」「給水装置工事配管技能検定」となります。

「水道の工事」となると「配管技能士」「管工事施工管理技士」も追加しておきます

というくくりです。

なぜならば、資格がたくさんあるからです。

具体的には上記の4つに加え、排水では別途に「排水設備責任技術者」という資格がありますし

水道屋さんなら消防関連の水関連では「消防設備士」という資格もありますし、

管工事の上位?のサブコンさんなどの方は「建築設備士」や「設備設計一級建築士」があります・

設備設計一級建築士を取るには「一級建築士」での実務が必要などとなるからです。

まあ、いろいろありますが、給水管工事の資格はなくても手元で年数と経験詰めばいいんですよ

ということです。え?

現場仕事ですから、施工一番職人最強です、時代は人手不足です。

パソコンたたいていても配管はできません。

漏水は直せません、汚水桝きたないので触れません。でははなしにならないので(お察し)

話がそれましたが、当方としては

「給水管の工事」と言えば「給水管工事主任技術者」「給水装置工事配管技能検定」

とさせていただきます。

 

おおまかな区分

給水管の工事の資格の傾向としておおまかな区分があります

なぜなら

業務が宅内よりなのか、宅内までなのか、

配管全体なのかにより資格の傾向があります

それぞれの得手不得手を考えておく必要があるからです。

具体的には

水道本管の穴あけから宅内までの配管、

宅内から大きなビルの配管

それぞれ得手不得手があるからです

公共の道路を勝手に掘るわけにもいきませんし、

屋内の消防法や建設業法の規定などを無視して適当に配管する

わけにもいきませんので、いろいろ知っておきましょうねと

分かれてくるのです。

また役所の規定を守るための承認も得ておきましょうね。

また、そもそも、その建物高いところでお水出るの?という視点

とか、こういうところはこういった工法でこの管継手でおさまりを

考えてなどといった部分もあります。

逆流や負圧や破壊や凍結などのリスクを見ているかとか

区画貫通部分の梁でのスペースは適格かなど

視点多すぎ、なんです。

なので、一人だと頭パンクするので分業でやっているわけです。

まあごく小規模で

職人さん1人とか、職人さんと社長さん1人とかそういう規模でやるなら

宅内なら配管技能士と主任技術者で足りるかもしれません

道路なら給水装置工事配管技能検定と主任技術者で足りるかもしれません

ね。施工して、水道メータだしてという手順ではそうなります。

とはいえさまざまな傾向があるので、思いつく限り書かせていただきました。

図の内容(傾向)

傾向

  • 業務区分
    • 宅内より
      • 配管技能士
      • 管工事施工管理技士
    • 配水管から宅内までより
      • 給水装置工事配管技能検定
    • 全体より
      • 給水装置工事配管技能検定
  • 大まかな区分
    • 施工中心
      • 配管技能士
      • 管工事施工管理技士
    • 水道局承認中心
      • 給水管工事主任技術者
      • 給水装置工事配管技能検定
  • 管理団体
    • 給水工事技術振興財団
      • 給水管工事主任技術者
      • 給水装置工事配管技能検定
    • 中央職業能力開発協会
      • 配管技能士
    • 全国建設研修センター
      • 管工事施工管理技士
  • 所轄官庁
    • 国土交通省
      • 管工事施工管理技士
    • 厚生労働省
      • 配管技能士
      • 給水管工事主任技術者
    • なし
      • 給水工事技術振興財団
        • 給水装置工事配管技能検定

雑記

管工事施工管理2級と1級や配管技能士分けたはなぜ?といいますと

給水管の工事をくくるからです。

RCの屋内の建物なら1級とか木なら2級くらいは資格とれなくても

管工事(管工事施工管理技士)の

1冊くらい本読んどけよ

とかあるでしょう。

いやいや施工ありきなんだから設備手帳と建築の施工要領読んどけばいいんだよ

図面みろ現場みろといろいろ意見はあると思います。

配管技能士は基本だよ?という方も多いでしょう。

熟練のかたで持っている人は多いです。

今回は給水管の工事というくくりなので上記のような記載になりました。

沢山あって大変ですね。わかりにくっ!

サドル付分水栓の仕組みはボール弁にチーズ継ぎ手がはいっているようなものだということ

これは自転車のサドルです今回はサドル付き分水栓の説明です

 

サドル付き分水栓が断水なしで配水管から給水管へ

分岐できる便利なものとは頭ではなんとなく理解しているけど、

その理由がよくわからない。

そういった疑問にお答えします

こういったお悩みを解決します

本記事の内容

  • サドル付分水栓の仕組みはボール弁にチーズ継ぎ手がはいっているということ
  • ボール弁の穴が縦で全開、ボール弁の穴がよこで全閉で使い分ける理由

サドル付分水栓の仕組みはボール弁にチーズ継ぎ手がはいっているということ

サドル分水栓の仕組み

サドル分水栓の仕組み

そのまんまなんですが、チーズというのは水道の継ぎ手でT字継ぎ手というものです。

まっすぐの管から横向きの管へも水を流せるようにするための継ぎ手とよばれるものです。

ボール弁とは、水道などの水などを止めるための器具です。

90度まわすと止まります。中にボールにビーズのような穴が開いているので、

弁体(弁(バルブ)の本体)に対して90度回すと水が止まります。

それがミックスされているのが、サドル分水栓の内部構造の肝となる構造です。

配水管から給水管へ水を供給する穴をあけるけど、配水管の断水はなし(不断水)で

行う必要があるのでこのような構造をしています。給水管側に枝の給水管への穴があります

ボール弁の穴が縦で全開、ボール弁の穴がよこで全閉で使い分ける理由

ビーズの球よこに穴があいて給水管へ分水するイメージ

ボールの中にチーズ(T字の継ぎ手)が入っているイメージ

です。

なぜそんなことが必要かといいますと、

穴をあける=>コアを入れる=>給水管を接続する

という工程を水まみれになって行わないようにするためです。

具体的には、

まず、ボール弁を縦にしないと上から穿孔機で配水管に穿孔するので、ボール弁が上から下へ穴が

空いている状態でないと穿孔できません。

その後、穿孔後、穿孔機を外す際は全閉します。内部のボールを横にしている状態でないと、

配水管からの水が出てきてしまうからです。

コア入れの際(さび止めのリング)は、

コア挿入器具を取り付けまでは全閉で、コア挿入器具取付後に

全開します。コアは配水管の穿孔箇所まで入れますから開けないと入らないです。

また、器具取付前に全開すると水がでてきてしまいますからいったん閉める必要があります。

コア挿入後、コア挿入の器具を取り外す際はもう一度全閉します。開けてしまうと

配水管から水がでてきてしまいますから。

その後、閉栓キャップを給水管取り出し口から、縦の分水栓上部に取り付けます。

給水管接続、耐圧試験後等の作業後に全開します。

土中埋め戻し前に全開を確認してください。水が出ない仕事をしたことになりますから。

前澤給装工業さんの動画が参考になります。

サドル付分水栓の施工

横取り出し口(最終的に給水管を接続し通水する場所)というそうです。

分水栓ソケット、閉栓キャップの腐食によるごにょごにょとか、

そういう話はまた今度。したくないけど

管工事の一般建設業と特定建設業の違いは元請けで且つ下請けさんに出す金額ありき

  • 管工事の一般建設業と特定建設業の違いは元請けで且つ下請けさんに出す金額ありき
  • どんな部類の業者さんが管工事の特定建設業を取得しているか(→大規模修繕の会社さん)

管工事の一般建設業と特定建設業の違いは元請けで且つ下請けさんに出す金額ありき

なぜならばルールで決められているから

特に管工事だからという部分での差分はないでしょう。

具体的には

座学のみなんでなんともという部分ですが、

特に管工事だからどうこうというのはなさそうですが、

29種の建設業種全般に言えることとなります。

一般建設業でも直接元請けとして仕事ができるのは

金額として下請けに出す金額が4000万円まで

となります。(建築一式ですと6000万円)

ポイントはくりかえしますが、直接元請けとして受注して、一次下請けに出す金額が

という部分です。

この際の注意点として、もう一度いいますが、

下請け(一次)で受けた仕事を下請け(二次)に出す金額ではないということです。

お施主さんからいきなり少なくとも4000万円以上の工事ですと一般の

戸建てや集合住宅だと、新築では建物ありきなので、まず建築さんが

間に入ります。その時点で元請けではなくなるケースがほとんどだと思います。。

下請け(一次)で受けた仕事を下請け(二次)に出すのは

上限はないようです。

どんな部類の業者さんが管工事の特定建設業を取得しているか(→大規模修繕の会社さん)

どんな部類の業者さん?という部分では

大規模修繕専門業者さんとかですかね。

なぜならばそれに近い金額が想定されるから必要となってくる。

具体的には

大規模修繕工事(マンションなどの防水、管の更新、外壁などを一括して

行う)ならば可能性としてはあるかもしれませんね。

その場合管工事だけでなく、塗装、防水、内装仕上業なども兼ねているようです。

実際大規模修繕でお世話になった案件の会社さんは

調べてみたら特定建設業でした。

40室の10階以上のマンションの修繕ですから。

受注と調整と原価管理と施工管理をして

あとは地場の水道屋さんの職人さんに外注している

ような会社形態のところだと必要になってくるのでしょう。

通常の水道屋さんではあまりいらないのが特定建設業でしょうが、

上記のような経営形態では必要となるのでしょうね。

単純に要件を考えると維持するだけで特定建設業は大変そうですね。