給水装置主任技術者」カテゴリーアーカイブ

給水管工事の資格は4つありますというお話

給水管工事の資格

給水管工事の資格

なんか水道管の工事でその親分の太い本管の水道管を

配水管と言って、その枝わかれのの管で

給水管というのがあってその工事を

給水管工事というらしいんだけど、その

給水管の資格にはどんなものがあるの?

という疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 給水管工事の資格は「給水管工事主任技術者」「給水装置工事配管技能検定」という資格ですがそれ以外の給水管工事の資格を合わせると4つとなります
  • おおまかな区分
  • 図の内容
  • 雑記

 

 

給水管工事の資格は「給水管工事主任技術者」「給水装置工事配管技能検定」という資格ですが
それ以外の給水管工事の資格を合わせると4つとなります

 

主任技術者は施工全体とそれを承認するよりの資格

水道屋さんの社長さんや水道局の人どこが

給水装置工事配管技能検定と配管技能士検定は施工そのものの技術の資格

配管技能士と配管技能士検定違い

配水管に穴をあける、配管をする

 

図を見てください。

書ききれないのでだいたいの傾向は図で書き出しました。

給水管工事の資格

 

「給水管工事」と言っているので「水道の工事」なる部分でないと判断すると

「給水管工事主任技術者」「給水装置工事配管技能検定」となります。

「水道の工事」となると「配管技能士」「管工事施工管理技士」も追加しておきます

というくくりです。

なぜならば、資格がたくさんあるからです。

具体的には上記の4つに加え、排水では別途に「排水設備責任技術者」という資格がありますし

水道屋さんなら消防関連の水関連では「消防設備士」という資格もありますし、

管工事の上位?のサブコンさんなどの方は「建築設備士」や「設備設計一級建築士」があります・

設備設計一級建築士を取るには「一級建築士」での実務が必要などとなるからです。

まあ、いろいろありますが、給水管工事の資格はなくても手元で年数と経験詰めばいいんですよ

ということです。え?

現場仕事ですから、施工一番職人最強です、時代は人手不足です。

パソコンたたいていても配管はできません。

漏水は直せません、汚水桝きたないので触れません。でははなしにならないので(お察し)

話がそれましたが、当方としては

「給水管の工事」と言えば「給水管工事主任技術者」「給水装置工事配管技能検定」

とさせていただきます。

 

おおまかな区分

給水管の工事の資格の傾向としておおまかな区分があります

なぜなら

業務が宅内よりなのか、宅内までなのか、

配管全体なのかにより資格の傾向があります

それぞれの得手不得手を考えておく必要があるからです。

具体的には

水道本管の穴あけから宅内までの配管、

宅内から大きなビルの配管

それぞれ得手不得手があるからです

公共の道路を勝手に掘るわけにもいきませんし、

屋内の消防法や建設業法の規定などを無視して適当に配管する

わけにもいきませんので、いろいろ知っておきましょうねと

分かれてくるのです。

また役所の規定を守るための承認も得ておきましょうね。

また、そもそも、その建物高いところでお水出るの?という視点

とか、こういうところはこういった工法でこの管継手でおさまりを

考えてなどといった部分もあります。

逆流や負圧や破壊や凍結などのリスクを見ているかとか

区画貫通部分の梁でのスペースは適格かなど

視点多すぎ、なんです。

なので、一人だと頭パンクするので分業でやっているわけです。

まあごく小規模で

職人さん1人とか、職人さんと社長さん1人とかそういう規模でやるなら

宅内なら配管技能士と主任技術者で足りるかもしれません

道路なら給水装置工事配管技能検定と主任技術者で足りるかもしれません

ね。施工して、水道メータだしてという手順ではそうなります。

とはいえさまざまな傾向があるので、思いつく限り書かせていただきました。

図の内容(傾向)

傾向

  • 業務区分
    • 宅内より
      • 配管技能士
      • 管工事施工管理技士
    • 配水管から宅内までより
      • 給水装置工事配管技能検定
    • 全体より
      • 給水装置工事配管技能検定
  • 大まかな区分
    • 施工中心
      • 配管技能士
      • 管工事施工管理技士
    • 水道局承認中心
      • 給水管工事主任技術者
      • 給水装置工事配管技能検定
  • 管理団体
    • 給水工事技術振興財団
      • 給水管工事主任技術者
      • 給水装置工事配管技能検定
    • 中央職業能力開発協会
      • 配管技能士
    • 全国建設研修センター
      • 管工事施工管理技士
  • 所轄官庁
    • 国土交通省
      • 管工事施工管理技士
    • 厚生労働省
      • 配管技能士
      • 給水管工事主任技術者
    • なし
      • 給水工事技術振興財団
        • 給水装置工事配管技能検定

雑記

管工事施工管理2級と1級や配管技能士分けたはなぜ?といいますと

給水管の工事をくくるからです。

RCの屋内の建物なら1級とか木なら2級くらいは資格とれなくても

管工事(管工事施工管理技士)の

1冊くらい本読んどけよ

とかあるでしょう。

いやいや施工ありきなんだから設備手帳と建築の施工要領読んどけばいいんだよ

図面みろ現場みろといろいろ意見はあると思います。

配管技能士は基本だよ?という方も多いでしょう。

熟練のかたで持っている人は多いです。

今回は給水管の工事というくくりなので上記のような記載になりました。

沢山あって大変ですね。わかりにくっ!

マンションの給水管工事で抑えておきたいポイント3つ

マンションの給水管

マンションの給水管。。。

悩める人

水道屋さんにいるけど、マンションの給水管工事って

どんなものがあるんだろう?

なんか自分のとこだけなおしてもどうかと思うし、給水の方式もあるし

そもそも建物としてきれいな水が飲めるのかどうか?

 

 

という方への記事となります

 

  • ・マンションの給水工事での事前確認
  • お客さん目線だと個人オーナーさんで違いがあります
  • マンションの給水工事での費用にかかわる部分

 

マンションの給水工事での事前確認

水道局で既存の給水方式を調べます

なぜなら現況の水の配り方がわからないと、的確な変更方法が

決められないからです。

具体的には

現行が受水槽+ポンプでの方式の場合はだいたい

受水槽撤去+増圧ポンプを設置しての直結増圧給水方式

もしくは

受水槽撤去+増圧ポンプを設置せず水圧水量が確保できるのであれば

しての特例直圧の給水方式

水圧水量が確保できないが、配水管から宅内までの増径(管を太くすることで

流量を確保するため)で対応する場合や

増径と増圧ポンプ設置と両方のテコ入れで対応する場合もあるかもしれません。

まとめると

 

  • 受水槽撤去+増圧ポンプ追加あり→直結増圧給水方式
  • 受水槽撤去+増圧ポンプ追加なし→特例直圧急須方式
  • 受水槽撤去+増圧ポンプ追加なしで管の増径(掘削工事)
    →特例直圧給水方式(増径を伴う)
  • 受水槽撤去+増圧ポンプ追加ありで管の増径(掘削工事)
    →直圧増圧給水方式(増径を伴う)
  • 4番目はあまりないかもしれませんが一応載せておきます

それでも現況の給水方式の調査は必要です。ルート替えや

立管の系統数、流量計算上の必要な情報となるからです。

新築でもおおむね変わりません。なぜなら増径部分の工事の

必要性を確認する必要があるからです。

 

お客さん目線だと個人オーナーさんで違いがあります

大規模修繕待ちか個人で売買時に自分の部屋だけやるか

中古マンション個人でのお客さんの場合と新築、中古問わずオーナーさんや

管理組合さんで

全棟を考えている場合です。

全棟の場合は前述の通りですが、個人の場合での目線としては、

大規模修繕待ちか個人で売買時に自分の部屋だけやるかとなります。

中古の場合、個人での区分所有の購入時でマンションの管理組合

との相談は必要となると思います。給水管の工事を自分の専有部分

だけでの工事であれば、こういう工事ですよのレベルでしょうが、

マンションの修繕積立金はいくらか?全回の大規模修繕はいつか、

今後の予定は?という相談はあるでしょう。

全館全戸近く大規模修繕が予定されていれば

それを待つのも方法だからです。

間取りからリフォームするのであれば自分の部屋だけまとめて

やるほうがいいでしょうが、そのままでも暮らせるかつ大規模修繕で

給水管の工事も予定されているのであれば待つのも方法でしょう。

大体パターンとして

  • ゼネコンリフォーム部門屋さん
  • 水道屋マンション専門系屋さん
  • リフォームマンション専門屋さん
  • 更生管屋さん
  • 大規模修繕やさん排水管平行外壁屋上防水消防平行
  • 中古売買屋つながりのリフォーム屋さん

などがあります。

それぞれのメリットデメリットもありますし、

タイミングとニーズも分かれるので一概にどれがいいとも言えませんが。

得手不得手があることは承知しておくといいかもしれません。

 

 

マンションの給水工事での費用にかかわる部分

金額はばらつきます

 

なぜなら上記の通りなので、希望がばらつくからです

具体的には

1部屋と全棟による違いとポンプの有無

掘削の有無で金額は大きく変わります。

水道局の指定部材もあるでしょうし、受水槽の撤去の費用もあります。

排水外壁防水も一緒の場合となるとさらに費用はばらつくからです。

まあ、受水槽の配管の直近部分のやりかえ、ポンプ設置で掘削なしだけ、

高置水槽部分の給排気弁設置バイパス工事で受水槽撤去をしなければ

150から200万円くらいでしょうか。(適当です)プロに依頼しましょう。

でも空の受水槽放置とか長期的には危険かもしれませんが。

設備の給水とはなにかあらためて給水装置工事主任技術者が3つのポイントで考えたので発表ー

 

設備の給水ってなに

悩める人
設備で給水ってあるけどあれってなんなの?

まあ水のことではあるんだろうけど、

どこまでが給水でどこまでが給水ではないかとか

水道とに違いとか?よくわからないんですが?

 

この記事の内容

  • 建築の世界での設備の中の給水
  • 給水≒水道と給水装置は別として考える
  • まあそんなにガチガチでなくても

 

建築の世界での設備の中の給水

は、機械設備>衛生>給排水>給水

という順番といいますが、大カテゴリーから小カテゴリーとなります。

の「飲める水」ということです。結論ゆるい言葉です。

ざっくりですと

  • 給水
  • 給湯
  • 通気
  • 排水

の4種類です。(機械設備の施工管理上、施工図上では)そうなります。


理由としまして、

主な機械設備の衛生の部分での大まかな区分となるからとなります。

具体的には

機械設備の中には給水以外にも

  • 消防用水
  • 再生水
  • 湯水(送り)
  • 湯水(戻り)
  • お風呂の給湯の(送り)
  • 給湯(戻り)、
  • 床暖房の(送り)
  • (戻り)
  • 排水(汚水、雑排水)
  • 雨水
  • 通気
  • 空調ドレン
  • 給湯器のドレン
  • 給排気弁のドレン、
  • 空調系はさらにたくさん
  • プラント系はさらにたくさん

 

いやいや違うでしょ、もっといろいろあるでしょう?という意見もあるかと

思いますが。

 

機械設備>衛生>給排水>給水

という順番といいますが、大カテゴリーから小カテゴリーとなります。

の「飲める水」ということです。

 

給水≒水道と給水装置は別として考える

給水≒水道と給水装置は別として考えることが必要です

なぜならば、給水だけでしたら、主に屋内、宅内の建築設備のはなしですが、

給水装置といいますと。

水道事業者(水道局)よりの、水道屋さんをやるための正式な資格

の給水装置工事主任技術者という資格と、それを束ねている。

厚生労働省のお役所ルールの言葉となるから、意味合いが別となるからです

具体的には、

受水槽での現場があるとします。

先ほどの「給水」の意味では、受水槽の先の配管と蛇口も給水ですが、

「給水装置」としては受水槽のボールタップで給水装置は終わります。

それ以降は主に水道といいますか、給水と言いますか、

いずれにせよ給水装置ではなくなるのです。

ひらたくいうと、水道局(水道事業者)の責任分界点は直結で

結んでいる範囲のボールタップまでですよ。

という意味です。

まあ文字似ているので、おなじでOKという意見もあるでしょうが、

一応給水≒水道と給水装置は別として考えることが必要です

 

まあそんなにガチガチでなくても

といいつつ「水道とは」

引用

ここから

第三条 この法律において「水道」とは、

導管及びその他の工作物により、

水を人の飲用に適する水として供給する施設の総体をいう。

ただし、臨時に施設されたものを除く。

 

ここまで

引用元

https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=79044000&dataType=0&pageNo=1

ということだそうです。

 

「給水装置とは」

ここから

「給水装置」とは、

「給水装置」とは、法において

「需要者に水を供給するために水道事業者の施設 、

した配水管から分岐して

設けられた給水管及びこれに

直結した給水用具をいう

ここまで

引用元

給水装置