勉強方法」カテゴリーアーカイブ

給水装置工事主任技術者の取り方についてポイントはこの3つ

給水装置工事主任技術者の取り方ってどうやれば

いいの?何をどれくらい勉強すればいいの?

本記事の内容

  • 過去問とテキスト、不安なら講習会(お値段します)がある
  • 給水装置工事主任技術者の取り方で実務3年後の5月に申し込み10月に試験を受ける<
  • 隙間時間活用方法

について記載されております。

過去問とテキスト、不安なら講習会(お値段します)がある

3年実務積む間に過去問とテキストやりこむ、

心配なら講習会出る

で受かるんではないでしょうか。(というかそれで受かりました)

なぜなら、

過去問で多少ひっかけ問題系の傾向はあるものの、解く際に〇希望問題か×希望問題かを

〇×で記載してから解くだけのことなので、過去問繰り返せばそこまで難しくないです。

ただ現場理解が薄いときなどはテキストは合わせて必須です。

それでも心配なら4から5万くらいしたかなぁ。

講習会がたしか2つくらいの会社さんからやっていますから、

それで講習会を受けて予想問題などをやるといいでしょう。

給水装置工事主任技術者の取り方で実務3年後の5月に申し込み10月に試験を受ける

まずは実務が3年ないといけませんので、

まだ3年未満のかたは逆に時間があると思えばいいのではないでしょうか。

もうそのままなのですが、3年たったら、5月に水道局などに張り紙がでますから、

出なくても

ここのページに記載されますので、所定の手続きで申し込み可能です。

5月から10月まで5か月集中でもいいですし、

まだ3年満たないですとか期間に余裕があるかたは、早めにテキストと問題集を買って手を付けておくといいでしょう

隙間時間活用方法

以外と隙間がある仕事だなと思うときもありますが、竣工間際だとかなり詰め詰めの業種なので、

2-3月8-9月の竣工時期は日曜日だけとか、土曜日だけとかでもいいと思います。

お休みの日は1日図書館にこもるというのは試験直前だけでしたが、

朝起きたら考える隙間を0にして机に向かい問題を解くというのは

手を止めない、やる気でない状況にしない予防策としては有効でした。

他の記事でも書いてますが、

  • やるきないとき=>テキスト眺める
  • やるき維持できるときもしくは寝起き=>過去問と間違え問題の暗記ちょう作成
  • 隙間時間=>暗記ちょうで間違えた問題ひたすら覚える

の三転固めでのりきりましょう。

暗記帳ツイート

暗記帳ツイート2

 

問題集は2回も解けばこの方法でだいぶレベルがあがります。

詳しくは過去の記事でも書いてますのでよろしければどうぞ

給水装置主任技術者の勉強方法、水道屋4年目で1発合格したときのお話をシェアさせていただきます

管工事施工管理技士の2級のテキストでおすすめはコレ!


(←れいのごとくあまり使い込まれていない説w)

管工事施工管理技士の2級のテキストでおすすめはなんでしょうか?

と疑問にもたれる方も多いようです。どうせなら簡単に理解して簡単に

合格できるほうがいいと思います。

わたしはいきなり1級を受けて1回合格したんで、2級は受けてないんですが

2級は1級の基礎のもとに成り立っているので2級のテキストと問題は買いました。

特に仕事では2級は知っておいたらいい内容が盛りだくさんのことが

非常に多く試験を受けない人でも見ておくと仕事への理解と興味が高まりオススメです。

ただし、試験合格に特化した部分において

やらないほうがいいこともお伝えさせていただきます。

まあ2級は受けていないので話半分で聞いていただけたら幸いです。

  • 管工事施工管理技士の2級のテキストでおすすめはこの1冊(問題集もあわせて)
  • 管工事施工管理技士の2級でまず問題から解こう

管工事施工管理技士の2級のテキストでおすすめはこの1冊(問題集もあわせて)

まえの記事

設備の本でおすすめ3選!

でもオススメしているのであれですが

ポイントは

・不明単語がINDEXとして本の最後についているから不明語句を調べやすい

・軽い

・要点のみに絞られている

という部分でしょうか。

あとは個人差なので、いろいろ本屋さんで立ち読みしながら

これっていうのはなかなかないときもありますので、

1冊をつぶしきるのもいいかと思います。

・管工事施工管理技士の2級でまず問題から解こう

 

結論から書いてしまいましたが、テキストも必要ですが、

やりかたとしては問題集から解いたほうがいいいです。

「なぜなら仕事している人は忙しいから」

具体的には

お時間のない方

問題→テキスト→理解

えー間違えまくりで非効率では?という疑問もあるかと思うんですが、

解くとしたの2種類の〇が出てくると思います

ア)まぐれ〇

イ)理解済み〇

イ)はいいのですが、理解済みなので、ア)だと本番で取りこぼす原因になるのでは?

と疑問を持たれるかもしれませんが、心配は不要です。

「あ、これまぐれあたりだ」と理解した瞬間、その場で覚える!

と緊張感を持ってやればいいだけです。

多少強引ですが、一度自分は解けたのだ、だから理解できるのだ、とまぐれ当たりに

無駄な過信?と緊張を持って、答えを見たその場で覚えてください。

え?強引ですか?

でしたら、時間がかかりますが、下記の通常の学校授業モードで

やるのもまたありでしょう。

時間効率はいいですが、たしかにこの方法だと心理的ダメージが大きいのですが、

効果的です。

ただし解いたら、間違えた問題では

かならず復習用の暗記カードを

1問につき2問作ってください。

待ち型部分「正解AなのにBと答えた」

ならば「Bではありません」という暗記問題と

「Aで正解」ですという暗記問題

を自作します。

Bではありませんの部分は○○ではないという覚え方だけでなく、

Bは○○が正しいというだいたいひっかけ問題のもととなる答えもあるので

それを自作問題としてつくるといいでしょう。

(つたわりました?)

まあ
テキスト→問題→理解

のいわゆる学校的な

※通常作戦モード

お時間のある方でしたらそれでいいと思いますが

でもやはり問題解くのを先!にするのをおすすめします。

まあ、テキストだらだら?みてから問題とこーっていうのも

わからなくもないんですが、それ、覚えないんですよ

仕事あいまの細切れなんで。

くどいんですが、

いきなりテキスト問題集と白い紙かパソコンかに暗記帳を作る

あと繰り返し間違い暗記帳とテキストを見る根性!

なんでしょうね。

メリットは

いきなり間違えた問題の復習なんで、強引ではありますが、物事が自分ごとに

なるかどうかという部分でしょうか。

設備(衛生配管)の本でおすすめ3選(初学者からベテランまで実務必携)

設備の本のおすすめ

設備の本毎月のように買っては読んで、

なんかお金にはならんのですが、

まあ深いこと深いこと設備の世界は深すぎで

覚えても覚えてもえーこんなんあるんかー

の連続で飽きません。

でも重複するとか、あーここはちょっとねーとか

いうときもあるし、わからないわ~というときも多いです。

そんな中

水道屋さん歴8年目のおっさんが50冊以上の設備関連本から厳選した?

設備の本おすすめ3選2021年版

  • 設備手帳
  • 2級 管工事 超速マスター
  • 建築設備士120講
  • さいごに

 

設備手帳

まずは設備手帳です。

結論からいいますと

「まあとりあえずこれ入れておかないと怒られるんで枠w」

くらい一般的です。

毎年買えば法改正などが更新されますが、

1回買えばだいたいそんなに買い替えなくてもいいと思います

当方は機械設備の衛生設備部分ばかりであとは給排水と管財の部分

や消防設備のなどをチラ見しています。

菅種ごとの管径の外径、管厚など基礎的なことから、

給排水の計画に欠かせない計算式などが記載されており、

「あれなんだったっけなー?」に対応できます。

あとコンパクトなバージョンは手のひらサイズなので携帯にも困りません。

2級 管工事 超速マスター

2級管工事 超速マスターその二、TACさんのこれは1級管工事学習中に

あれー「そもそも2級ってどんな感じ?」と思い購入した書籍となります。

推しポイントは「基礎の基礎がわかる!」です。

これ、さらっと書いている内容が多いんですが、

長く水道屋さんや衛生、その他の設備でも

「設備やさんとしての基本知識」が網羅されているのがいいです。

役所よりの書籍などを読む前にこのテキストで概略をつかんでおくと

「すっ」とあたまに入ります。

給水排水の主任技術者や責任技術者の資格取得後に出会ったのですが、

「あーもっと早く読みたかったー」という一冊です

ちなみにこいつもテキストとしては小さめでいいです。

こちらも気になるかたはどうぞ。

建築設備士120講

建築設備士120講、これは今消防設備の勉強に飽きて設備士はどうなん?

と購入した本となります。ややとっつきにくいのですが、

おおそうか!という感動の多い書籍となります。

まあ問題と解説だけの簡素なテキスト?問題集なのですが、

「建築と設備は対なんだ」ということに気づかされます。

どっちがどうでなくてどっちとしてもバランスよく理解することが大事

という部分です。

レベルは高めですが、相手の使う言語に沿って話ができるかどうかっていう点で

じぶんをランクアップさせてくれるような書籍となります。

背伸びしてみますか

さいごに

ざっと3冊紹介させていただきましたが、

なんかそうですかという感じです。(どんなかんじだw)

結構図書館とか本屋さんだと初学者向け?

初心者向け?の本とかはすごく沢山でているんですが、

あんまり図と写真はあればいいというものではないという

視点からの選定です、しかも長く使うという視点です。

2級のテキストはまあまあ図はあるのですが、あとは

文字と数字が多いです。

いつまでも初心者でもないでしょうし、かといってあれなんだっけなー?

というときも多い職種だと思うんですね。

まあそういう考えから選んでみました。

でもですね、ここだけのはなし、写真みるとわかるのですが、

設備手帳いがいあまり読んでる気配がないのはごめんなさいのところ。

実務上、資格取得上必要という順だとこうなるという悪い見本