排水設備責任技術者」カテゴリーアーカイブ

排水設備で公共汚水桝の基準は下水道管理者が決めること

敷地地盤高排水深さ

敷地地盤高排水深さ

公共汚水桝の深さをいくつにする?とかいう

課題があるが、よくわからいな、基準は市町村でまちまちだし

どうなっているのだろうか

という方への記事となります。

ツイート

  • 公共汚水桝の基準は下水道局(下水道管理者)が決めている
  • 公共汚水桝の深さ足りるのかな?戸建て敷地の2辺3辺をカバーしている
  • 考慮すべきほかの条件(地盤高、段差ます、地中梁、他企業管輻輳)
  • 公共汚水桝の計算サンプル計算エクセルシート※作成中

公共汚水桝の基準は下水道局(下水道管理者)が決めている

公共水道局が決めているということですが

一般的には下水道管理者は

地方公共団体が管理している場合がほとんどですので

気になる方は市町村名スペース下水道課

下水道局,または上下水道局などと検索してみると良いでしょう

なぜ下水道管理者が

市町村である地方公共団体であるか

というのは正直わかりませんかその工業制においては一般的な事なのでしょう

元々下水道管理者は下水道法に基づいて管理する組織となりますので

公共団体がその管理を行っている場合が多いのでしょう

下水道法も元々は環境省の所轄になるようですのでそういった兼ね合いもあるのでしょう

まあ一般的な法人が下水道管理者になってもいいじゃないかというのも意見としてはあるのでしょうが

あまりそういったことはなく下水道管理者は一般的には自治体の場合が多いです

調べてみましたが、
下水道法は国土交通省が所轄の官庁のようです

参考 URL https://www.mlit.go.jp/common/001004471.pdf

少し難しい言葉では

宅内の排水設備を医学場所公共下水道の場所

その呼び名を固着箇所と呼ぶらしいです

なので下水道法や公共汚水桝ということはできません

ちょっと不思議ですが

ただその固着箇所で公共汚水桝からは下水道管理者の管理下で

あるということが決められている公共下水道だから

ということらしいです

ですからたとえ公共汚水桝を設置したとして

も、最終的には

引き継ぎという形で下水道管理者に

あげちゃいます

「引き継ぎ」という言葉で。

公共汚水桝の深さ足りるのかな?戸建て敷地の2辺3辺をカバーしている

言ってる意味が分からん

という突っ込みはありですけど

大体ある自治体では

深さが80 CM

そういう場合が多いです

それから計算してだいたいどのくらいの面積の敷地を想定しているのかな

という疑問がありましたので計算してみたところ

大体80平米の一戸建て

それで四角形の敷地の3辺

140平米の一戸建て

四角形の敷地の2辺

の排水の管のルートをまかなえる計算となりました。

ということです。

なぜそういうことになったかという点ですが

肌感覚ですが

一戸建ての敷地面積のイメージとして

この平米数が出てきたからです

(ツイート)
具体的には

それに基づき

平方根で計算しました

80
140

VU管でφ100での計算です。

考慮すべきほかの条件(地盤高、段差ます、地中梁、他企業管輻輳)

わすれな
すでに書いてありますが
地盤高
段差桝
地中梁
他企業管埋設物ふくそう

という現場毎条件があります。
たまにお施主さんの大事にしている樹木が邪魔
というのもありますが、
理由として現場毎に条件は違いますという部分となりますが、
その一般的なものを挙げてみました。

より具体的には

地盤高

道路の高さと宅地内の地盤の差がある場合はいくら敷地が

狭くてもその影響がでます。

なぜなら、排水は勾配がないと流れないからです

具体的には

道路の地盤が高く、

宅内の地盤高(たくばん)が低いばあいは

公共汚水桝を道路につける設計の場合

その地盤高ぶんだけ深く設計する必要があります。

段差桝

トイレの排水をつなぐ場合、

宅兄の横主管の接続部分

は逆流を防止するために段差桝

をつけます。所帯数が多いばあいは

結構な数なので、その1個3センチから5センチですが、

10個20個となると馬鹿にならない深さが

最終的に必要となりますので、注意が必要です。

すべてに付けれない場合は事前に下水道管理者と協議を行う

など工夫が必要です。

地中梁

RC鉄筋コンクリートですと、はり

というテーブルの台のしたにつくよこにつく板のような部分

を梁といい、建物をささえています。

構造上そこに穴をあけて配管する場合

一定の規定があります(1級管工事でお勉強可能)

そうすると、その分一番浅い宅内のますの深さがその

地中のはりの配管のスリーブ(あなあけるとこにいれる部材)

の先の配管の管底(かんてい)がGLからなんぼと深くなります

なので木造よりちょっと緻密な計算が必要となるのです。

RCなので大体ですが、敷地が大きかったりすると

公共汚水桝の数を増やす、深くするなどの施工がありがちで位置などの

注意もいります。

他企業管埋設物ふくそう

もうますのふかさはこれ!と決めて掘る工事の部分ですが、

下水道の本管の深さも当然ですが、その手前に

ガスや水道や、他の埋設物がある場合、配管がてきない。

という怖いことがあります。

これは試掘など掘削回数を増やすという予算増の方法で

ある程度は回避かのうですが、どうにもならない場合

つながらない場合もあるのでご注意ください。

といろいろありあmすが、きちんと計画さえすれば、そんなに付かないときは

ないですが、私道内でずーっと管を持ってくるですとか、私道内で

あまり仲良くない場合などは水道でもそうですが、注意が必要でしょう。

下水道での地盤高とは、使い分けとして3つあるというお話

下水道の地盤高とかいろいろあるみたいで、

建築の図面だけで見ればいいのかな?

そもそも何基準なんだろう、下水道局のいうことも聞かないといけないし

よくわからない。

という疑問をもつかたもいると思います。

本記事の内容

    • 地盤高ざっくり3種類ってなに
    • 地盤高3種はとこんなことの用途で分けられる下水が流れるまでの検討事項として必要
  • 3種の図面は基準までバラバラです。

地盤高ざっくり3種類ってなに

3パターンあるのですがそれは。

・建築図面 BM(ベンチマーク動かないもの建築の設計が決める)地盤高基準
(物件近くの動かないものマンホールなど)現場で養生テープでBMとか張られていることが多い

・宅内排水設備図面 公共汚水桝の地盤高基準

・下水道本管の下水道台帳図面 管底 TP(東京湾平均海面の地盤高基準)

です

なんでバラバラなのかは私が知りたいこの世界の永遠の謎、1つの部材とったって

呼び名がバラバラとかと同じ慣れて

具体的には

単純な言葉としては「地面の高さ」でいいのですが、

現実にはGL-(マイナス)〇〇mmとか、GL+(プラス)〇〇㎝ですとか、

GL±0とか(基準の場所)などがあります。

下水道台帳などでは

T.P.2.34mなどいう表記などで見ることが多いと思います。

単位もバラバラですね、なんのいたずらか。。

  • GL→Ground Level,Ground Line
  • TP→Tokyo Pail(オランダ語水位基準面)
  • BM→Bench Mark(マンホール近隣など動かないものを基準とする)GL=BM-300とかBMから+300が基準地盤面ということ

地盤高3種はとこんなことの用途で分けられる下水が流れるまでの検討事項として必要

なんでかと聞かれると、用途と目的が別だからです

 

なぜならば、3つともそれぞれの高さ(深さ)を地盤高という表現で

表しているから。

補足にもなるのですが、

  • 建築図面
  • 排水設備図面
  • 下水道台帳(図)

排水設備図面作成には建築図面と下水道台帳図面が必要です。

下水道台帳図面が無くてもいいですが、公共汚水桝があるばあい深さの確認

が必要です。

  • 下水道局:下水道台帳(ネット閲覧可能な下水道管理者もある)
  • 建築さん:建築図面

公共汚水桝の無い場合は下水道台帳図面で本管の土被りから、

接続可能か不可能かを検討する必要があります。

ここ大事

なぜなら

  • 本管の土被り深さ+管径+管圧*2<ますの深さ

だと流れないからです

  • 本管の土被り深さ+管径+管圧*2>ますの深さ

ではじめて宅内の排水が流れるようになりますこれを

自然流下

といい、排水設備の基本となるからです。

排水設備図面というのは宅内の下水をどう流すか?という図面です。

3種の図面は基準までバラバラです。

分け方は個人により、いろいろでしょうし、意見も分かれるところだとおもいます。

でもこの3つが主なものでしょう。

・建築図面:当該地での建物と宅内仕上がりの地盤高の上下の情報が必要ですし

・排水設備図面:最終固着箇所の公共汚水桝基準での地盤高の情報上下が必要ですし

・下水道本管:流下方向と地面でどのように流れ、排水施設へ向かっているかの情報が必要です

※下水道だと地盤が上がっていっても配管は下がることも当然あります

「必要な情報によりその地盤高の基準点はことなります」ここ大事

宅内の一戸建ての排水の施工をされるかたはそこまで毎回シビアにレベラーで見ない人も

います。そういうかたは基礎の天端からマイナスいくつが外回りの仕上がり高さかを

基準に配管されるかたもいるようです。

宅内ですと、仕上がり高さが一定でないことも当然ありますから、注意が必要です。

RC鉄筋だとレベラー使わないと安心できないと思いますが。人それぞれなので

下水道本管の図面である下水道台帳では東京などではTP(東京湾の平均高さを0)からの高さが書かれていますし、

排水設備の図面では接続する公共汚水桝を0とした基準で書かれていますし

建築図面の配置図などでは、現場近くのマンホールBM(ベンチマーク)基準で書かれています

なので、何回もいいますが、使い分けとして3つあるということになります。

なので道路の掘削だけでしたら下水道台帳基準の地盤高の理解だけでもいいのですが、

宅内排水設備の計画や、宅内の排水の施工の設計や施工をするばあいは3種類とも

覚えておいたほうが損はないでしょう。

結局〇を流すには3つへの理解が必要だからです。

関連記事

下水図面書き方

排水間接排水

排水設備の図面の見方は簡単

合流人孔の占用位置がなぜ真ん中なのか考えてみた。【U氏の挙動】

伸長通気管ってしってますか?

結合通気管ってなんだっけ?せこかん1級がどわすれしておさらいした。

排水図面

 

トラップ設備とはなんでしょうか種類と役割とない場合の処理と役割について3つ解説

 

困った担当者

トラップ設備と聞くけどなんのことだろう?

設計している人や施工管理のかたなどで現場の

設備屋さんに「トラップがないとだめでしょ?}

「そこは器具についているんだからそこは外回りはトラップ

つけないでよ、二重トラップでしょ?」

「逆に雨どいだからそこはつけて!」

「外流しのうけのトラップの処理下水道局確認した?ここはタメ枡1L

のエルボがえしでいいの?」

など、「なんで壁だしなのにSトラ(トラップ)で器具頼んじゃったの??」

などということがあるとかないとか聞きます。(ないか)

いやいやそういわれても、設備わかんないし、機械設備の

衛生設備の給排水の排水でござるくらいの教科書くらいのことしか

わかんないし、という方向けの記事です。

この記事の内容

  • トラップ設備(トラップ)ってそもそもなんでいるの
  • トラップの種類はなにがある?
  • 原則器具側でのトラップの設置ができないケースってなに?
  • あとがき雑談

 

トラップ設備(トラップ)ってそもそもなんでいるの

トラップ設備とは、

  • 臭気

を防ぐ機能です。

なぜ必要かといいますと、トラップがないと、下水の臭いは排水の管を伝い

臭気が上がるからです。原則として器具側につけるものですが、

ケースによってはつけれない場合もあります、その場合は外回りの排水の

枡でトラップ機能のあるものを使います。

衛生器具(水と下水を扱う住設機器)や枡

(外の下水のコンクリートや塩ビの枡)臭気や虫を切る「水(排水)で水たまりを

管の中につくっておく」という機能です。

(引用ここから)

器具の排水口から、あふれ面下端までは60センチ以内、

トラップの封水深さは5センチ以上10センチ以下とする。

 

(引用ここまで)

 

というルールもあります(排水設備工事席に員技術者講習用テキストより引用)

衛生器具でのトラップと、枡(で受ける際の)のトラップ

 

トラップの種類はなにがある?

器具系

  • Sトラップ

主に床へ排水する場合のトラップ

  • Pトラップ

主に壁へ排水する場合のトラップ

Pトラップ設備

  • ベル(ワン)トラップ

主にユニットバスなどのお風呂の排水のトラップ

 

外回り系

  • UT枡(単純にUTと言う)

塩ビますの製品で下水のますの手前にUトラップがついている既製品で

多様されている

  • 1Lトラップ(わんえる)

外回りの主に外流しなどのトラップのない器具の直近や、

雨水系統と汚水系統の交わる箇所の雨水側などに設置し、エルボ継ぎ手を

枡の中下向きにして、下流側からの臭気を切るために用いられます

 

特殊系

阻集器などでのトラップ

  • GT(グリーストラップ)=>厨房用

  • ガソリントラップ=>大きな駐車場用
  • プラスタ阻集器=>(医療施設用、ギブスとかの排水)

など、特殊な施設専用のトラップ

原則器具側でのトラップの設置ができないケースってなに?

衛生器具などにトラップにつかないケース=>汚水桝側でトラップ枡を設置する

というパターンになります。

主に

  • 外流し(庭水栓の排水の受けのある水栓)
  • 在来風呂(ユニットバスは床排水などにワントラップがついているがそうでない昔ながらのお風呂)
  • 雨どい(器具ではないがそのまま雨から宅内合流処理で汚水系統に接続する際は必要)
  • 雨水と汚水が外回りで別系統の交わる(合流、会合)する部分)

などでしょうか。

 

あとがき雑談

いやまだまだ書ききれないのですが、最近はおしゃれな器具とかで

ボトルトラップとかあるんですね。知りませんでした。

洗面化粧台はだいたいしたの扉の中の存在なのですが、これは露出してもありでしょうという

見栄えですいちど見るといいですあとキッチンとか。構造的には

わんとらっぷとPトラップの融合みたいなものですかね。

グリーストラップは厨房では欠かせない器具でよく使いますし、ガソリントラップも

駐車場の大きさ?などによっては必須の設備だったりするので、知っておく必要は

あるかもしれませんね。

臭気だけ切るなら防臭弁や立管用(主に空調)の防臭弁などもありますし、

虫だけなら、防虫網なども売ってはいます(給湯などの間接排水でつかったり)

きりがないですね、あと破封(はふう)=水たまりがなくなる

ケースもカバーしたかったです、空き部屋とかでは乾燥などで

これが起きるので、ラップを器具の口に貼っておくとかいう

方法もあるようです(知りませんが)

破封(はふう)=水たまりがなくなるでは通気とかもかなりオクブカイえりあですので

理解と気合があれば書きたいと思います(いまんとこない)

写真のは排水設備工事責任技術者の試験の時のテキストです。

今は最新は茶色かな?簡単な試験なんで、だいたい水道屋さんはもってます。

あれいい加減カードにならんかねという資格者証でだいたいの人がなくすか

洗濯してふにゃふにゃにします(しない)では!