設備屋さん目線の土木建築メモ」カテゴリーアーカイブ

下水道での地盤高とは、使い分けとして3つあるというお話

下水道の地盤高とかいろいろあるみたいで、

建築の図面だけで見ればいいのかな?

そもそも何基準なんだろう、下水道局のいうことも聞かないといけないし

よくわからない。

という疑問をもつかたもいると思います。

本記事の内容

    • 地盤高ざっくり3種類ってなに
    • 地盤高3種はとこんなことの用途で分けられる下水が流れるまでの検討事項として必要
  • 3種の図面は基準までバラバラです。

地盤高ざっくり3種類ってなに

3パターンあるのですがそれは。

・建築図面 BM(ベンチマーク動かないもの建築の設計が決める)地盤高基準
(物件近くの動かないものマンホールなど)現場で養生テープでBMとか張られていることが多い

・宅内排水設備図面 公共汚水桝の地盤高基準

・下水道本管の下水道台帳図面 管底 TP(東京湾平均海面の地盤高基準)

です

なんでバラバラなのかは私が知りたいこの世界の永遠の謎、1つの部材とったって

呼び名がバラバラとかと同じ慣れて

具体的には

単純な言葉としては「地面の高さ」でいいのですが、

現実にはGL-(マイナス)〇〇mmとか、GL+(プラス)〇〇㎝ですとか、

GL±0とか(基準の場所)などがあります。

下水道台帳などでは

T.P.2.34mなどいう表記などで見ることが多いと思います。

単位もバラバラですね、なんのいたずらか。。

  • GL→Ground Level,Ground Line
  • TP→Tokyo Pail(オランダ語水位基準面)
  • BM→Bench Mark(マンホール近隣など動かないものを基準とする)GL=BM-300とかBMから+300が基準地盤面ということ

地盤高3種はとこんなことの用途で分けられる下水が流れるまでの検討事項として必要

なんでかと聞かれると、用途と目的が別だからです

 

なぜならば、3つともそれぞれの高さ(深さ)を地盤高という表現で

表しているから。

補足にもなるのですが、

  • 建築図面
  • 排水設備図面
  • 下水道台帳(図)

排水設備図面作成には建築図面と下水道台帳図面が必要です。

下水道台帳図面が無くてもいいですが、公共汚水桝があるばあい深さの確認

が必要です。

  • 下水道局:下水道台帳(ネット閲覧可能な下水道管理者もある)
  • 建築さん:建築図面

公共汚水桝の無い場合は下水道台帳図面で本管の土被りから、

接続可能か不可能かを検討する必要があります。

ここ大事

なぜなら

  • 本管の土被り深さ+管径+管圧*2<ますの深さ

だと流れないからです

  • 本管の土被り深さ+管径+管圧*2>ますの深さ

ではじめて宅内の排水が流れるようになりますこれを

自然流下

といい、排水設備の基本となるからです。

排水設備図面というのは宅内の下水をどう流すか?という図面です。

3種の図面は基準までバラバラです。

分け方は個人により、いろいろでしょうし、意見も分かれるところだとおもいます。

でもこの3つが主なものでしょう。

・建築図面:当該地での建物と宅内仕上がりの地盤高の上下の情報が必要ですし

・排水設備図面:最終固着箇所の公共汚水桝基準での地盤高の情報上下が必要ですし

・下水道本管:流下方向と地面でどのように流れ、排水施設へ向かっているかの情報が必要です

※下水道だと地盤が上がっていっても配管は下がることも当然あります

「必要な情報によりその地盤高の基準点はことなります」ここ大事

宅内の一戸建ての排水の施工をされるかたはそこまで毎回シビアにレベラーで見ない人も

います。そういうかたは基礎の天端からマイナスいくつが外回りの仕上がり高さかを

基準に配管されるかたもいるようです。

宅内ですと、仕上がり高さが一定でないことも当然ありますから、注意が必要です。

RC鉄筋だとレベラー使わないと安心できないと思いますが。人それぞれなので

下水道本管の図面である下水道台帳では東京などではTP(東京湾の平均高さを0)からの高さが書かれていますし、

排水設備の図面では接続する公共汚水桝を0とした基準で書かれていますし

建築図面の配置図などでは、現場近くのマンホールBM(ベンチマーク)基準で書かれています

なので、何回もいいますが、使い分けとして3つあるということになります。

なので道路の掘削だけでしたら下水道台帳基準の地盤高の理解だけでもいいのですが、

宅内排水設備の計画や、宅内の排水の施工の設計や施工をするばあいは3種類とも

覚えておいたほうが損はないでしょう。

結局〇を流すには3つへの理解が必要だからです。

関連記事

下水図面書き方

排水間接排水

排水設備の図面の見方は簡単

合流人孔の占用位置がなぜ真ん中なのか考えてみた。【U氏の挙動】

伸長通気管ってしってますか?

結合通気管ってなんだっけ?せこかん1級がどわすれしておさらいした。

排水図面

 

合流人孔の占用位置がなぜ真ん中なのか考えてみた。【U氏の挙動】

先日こちらのツイートをしました。

まあボケーっと現調前に渋谷のコンビニでああだるとコーヒーを飲みながらだらだらツイートした鬱な土曜日の

だるいツイートだったんですが、しかも雨の10時くらい?

なんだかそれなりに反応がありましたので、今回掘り下げて解説していければと思います。

私は下水道局に勤めるものでもなく、その道の専門家でもないのですが、水道屋さんとしてなぜかこういう掘削周りの

右往左往活動(現場や役所や関連業者さんや建築さん)とのやりとりの多い人間なので、

その中でも学びですとか、気づきを提供できればという

いわゆる妄想に基づく独り言を書いていければと思います。

このツイート、わかるひとにはわかる内容なんですが、知らない人には、なにこれ、なに書いているのハテハテ?

という状態だと思いますので、順を追って説明できればと思います。

いきなり結論なんですが。

下水管は道路の真ん中はしっているんじゃね?

だって、〇ソ(食事中のかたごめんなさい、トイレでのあれです)

流すには勾配がいんじゃん。だから左右の敷地からのバランス考えたらまんなかがいんじゃね?

と、じゃんじゃん神奈〇県民?にかるくジャブをいれるような表現になってしまうのですが、

(当方神奈川うまれ((どうでもいい))

平たくいうとそれだけの内容なんですね。

まあ、これでもいまいち伝わらない部分のあるので、

表?図?まんが?らくがきにしました。

いるのかこの記事

こいつは一応道路の断面的な図面?らくがき?となりまs。

まんなかに下水道の本管がありまして、

左右の境界の直近、23区だとだいたい道路側、

都下の一部ですとか、その他の下水道管理者さんでは

宅内の場合もあります、

そこに

「ます」という正確には「公共おすいます」

というのがいます。

宅内の最後の下水をいったんためるというか、通過する最終ポイントで

責任分界点てきには下水道局の管轄となる設備となります。

そこから、下水道の本管(中央の部分の〇マーク)

までは「取り付け管」と本管に対して

すいちょく(ちょっかく)に平面的には(うえからみると)

つながる管(本管よりだいたい1サイズ下)の細目の管がつきます

だいたい都内だと150mm

本管はごうりゅうだと250mm以上、分流だと200mm以上(これはきまりらしいっす)

がつきます。

んで、この取り付け管君のなかをですね。

ぶつが流れるんです、仮にU氏としておきましょう。

写真

U氏の挙動のらくがき

こいつらは、基本的にガスや水道や空調機器の一部管などとは違い

宅内からは基本的には(ポンプアップ以外は)自然流下といいいまして、

ようは坂をころがるような勾配をたよりに流れる流体?なのでございます。

なのでこのU氏がですね、きちんと本管くんにとどくには

左右の敷地からのいいあんばいの距離と勾配がないと

いけませんねー

ということになります。

というそういうことです。

まあ、仮説なんですけどね。

そうじゃないかな。とセブンのコーヒーをのみながら考えたということです。

以上

おまけ

そうじゃないときもアルヨというはなし

ていぶゆうこうます(底部有こうます)

道路せまいときとか、片勾配とかだと占用位置も変わるから仕方ないですね

設備屋さん目線の土木建築メモ(このカテゴリを始めた経緯)カテゴリについて

このカテゴリを始めた経緯

いきなり自分かたりで恐縮だが、私の義理の父はとある地方の地場の河川工事を10代のころから定年まで

現場常駐で施工管理をしてきた人間である。

で、ただのパソコンおたくのわたしは、一切建築等の接点もなく?

職を転々としてなぜか水道屋に流れ着いた。

んで、なんだかしらんが事務仕事と聞いていたのに

世の中そんなに甘くなく、現場に行くことが多い日々で

主任技術者や監理技術者の資格などをなぜか取ってしまった次第である。

でなんの接点かは知らんが、道路工事にもかかわることが

多い。(書類書きなのに)

んで、当然しらんことばかりの日々が7年以上つづくが、

持前の?オタク気質を遺憾なく発揮し、色々とまなび気づく

日々である。(単純な知的好奇心的には満足だが、それ以外は、、以下自粛)

社内施工さんや関連業者さんや

建築さんや掘削業者さんやお役所さん(ここはあえてさんづけ)と

連絡調整などをしながらしこしこ仕事を進めている。

ブログというのはキーワード選定ありきで、自分の書きたいことを

つらつら書くくらいで儲かる世の中ではないということは

100も承知なのですが、なんだか、書いていると気持ちよくなってくるので

つらつらかいている次第である。

なんだかしらんが、水道のブログを書いていたが、そんなに仕事熱心ではないので、

反応はいまいちなのだが、ツイッターの反応からするとどうやら、

道路工事部分の土木建築部分?の反応がなぜかいい。義理の父の縁か否か?

なので、まあニーズが少しでもあり、水道屋さん目線からの土木?建築?についての学びや気づきを

メモがてらつらつら書いていこうと思う次第であります。