ポエム」カテゴリーアーカイブ

施工の意味は計画された工事を行うことを理解してみる(建築では)

 

うちは施工屋ですと言われても

工事やさんと建築さんと関連業種さんと

そういう違いとどう違うの?

という方もいると思います。

「yokuwakaranainndakga?」

そういう方への記事となります。

本記事の内容

    • 施工の意味は計画された工事を行うこと
    • 施工と設計は別というはなし
    • だからなんなんだい?というはなし

施工の意味は計画された工事を行うこと

結論そのままであまりもう言うことがないのですが、

工事の各業種区分ではなく、

  • 施工
  • 設計
  • 管理(監理はまた別らしい)

などという業者毎の役割分担、

作業区分となります。

比較的下請け業者を意味します。

施工以外には設計ですかね、管理は規模にもよりますし、

設計事務所さんと

建築さんの

どちらが施工主

なるかによります、。

(比較的建築さんが多い)

わざわざ建築下請けさんは施工、設計は設計事務所さん

という区分での呼び名でしょうか。

この役割分担は仕事を進めるうえでも大事で、

設計から来たものベースに施工を行いますので、

施工やさんの現場都合だけで

なんでも自由に工事を進めることはできません。

(原則)まあできない設計があってこうなる

ということもありますので、(だいたいそう)

その都度設計事務所さんなども含む定例会という会議で

打ち合わせて調整して決めていきます。

ただし予算と規模によるというのが実情で、

規模の小さい案件で設計図があがらないと施工できないよ!

とつっぱってばかりの施工業者さんは

長期的にお仕事貰えるだろうか?

という部分では心配です。

でも責任施工で、万が一なんかやらかしたら直す義務が生じるので

あんいにハイハイ言うのもどうかと思います。(基本NG)

元請けさんで直接工事する部分は

元請け施工と言うので。

お施主さん=>建築業者=>各種下請けさん1=>各種下請けさん2

の各種下請けさんを主に意味します。

全体の管理を建築業者さん

お施主さんと建築業者さんの間に設計業者さんが入ることも多いです。

設計事務所さん

建築さん

各施工業者さん

建築さん(主に元請けさん)も含めて施工業者と呼びますが

そのうち建築さん以下が施工業者といいます。

施工と設計は別というはなし

一概に設計事務所とくくりましたが、

大きい建築さんだと設計事務所を社内に持っていて

「設計、施工両方行う」建築業者の場合もあります。

海外ではあまりないようで、日本独自の傾向だそうです。

あくまで設備屋さん目線なんで一概に言うのも問題ありますので

割り引いて聞いておいてほしいのですが、

例えば、ある案件でこういう建物建てようと

お施主様と設計事務所さんではなしたとします。

最近では一定の建物ですと

設計事務所さんの建築士さんだけでなく、

設備専門の

建築さんをつけなさいというルールもあります。

延床面積で2000平米以上は建築設備士の意見を聞くようにという

ルールもあります。

設計段階でこう、施工段階でこうなった!

ということはあるよということです。

お施主さんもふくめ

建築士さんと施工管理技士さんとの調整

打ち合わせが大切となります。

まあ理想ですが、

どちらも雇われか自営業でやっているケースが多いので、

いずれにせよ利益を出すために工数管理して、脚が出ないように

勤めています。

なので、この調整は優しさと愛に満ちた調整であってほしいと切に願います。

(意味負荷いや不可、いや深)

だからなんなんだい?というはなし

どっちも得手不得手があるから仲良くしてね

ということです。

なぜなら、仕事だから

施工さんが絵にかいた餅書きやがってー!とか

設計さんがおいおいそんくらい施工で巻き取れよーわかってねーな!図面は書き直さねーよ!など

ですね。ならずにですね。

お施主さんの希望100%は厳しくてもそれに沿うものを目指している

仲間として歩んでいただけるといいなと。

そのためのバチバチは、まあありかと(え?どっち?)

下から目線でいいますと、どちらも使っている脳が微妙に違って、

微妙にお互い、え?そこ?となっているような気がします。

どちらもめちゃくちゃ優秀なんですけどね。

なのでみんなすごいね!という話でした(うまく逃げたつもり)

水道管の延長工事は誰でもできるのか?【建前と本音】

水道
結論から
私はできないのですが?
まあ施工できないただの論者だから、でも少しはできればいいのでは?

(でも賃貸公営住宅住まいでいらんでしょ)

まあ、HIVPでのりつけてテストポンプで圧かけて

どんくらいの圧で壊れるか実験とか意味わからないことでもしてみたら?

まあ水道屋さんはいったんだから、そんくらいやるのもある意味あり

かもしれないですね。

いるもの

・のりHIボンド

・HIVPの管

・継手(ソケット(延長用)、エルボ(屈曲個所ようつぎて)チーズ(枝とんなら)、キャップ(とめとくなら)

・塩ビカッター(管切断よう)

・リーマ?(切った場所のめんとり)

・手袋(ゴムの作業用)

・メジャー(コンベックスとかいう)長さ出し

・すのこ(賃貸なんで、サドルをそここここに打てないのですのこ経由で)

・サドル(管をとめる)

・サドルのねじ

・インパクトドライバー(サドル止めるよう)

こんくらいか?

ああ、あと蛇口つけっから

・蛇口

・水栓エルボ

・シールテープかー

・テストポンプ(なんかしらんが使い方しりたいから)

あと金具いるんだろうな、

テストポンプとhivpの13

繋ぐには。

まあ部屋からベランダまでは

ホースだし、取り外しすぐ可能なら

給水装置ではないかとかとかと。

家の洗濯水栓経由のホース経由でサッシ繋いで、ホースから

HIにぶっさすとかだから、口径は13mmでいいんかな。

材料屋とホームセンター行くかー

・ホース

・ホース止めかなぐ

・洗濯水栓に刺さるホースの口?

まあ、ベランダぬけてすのこのHIの配管とおって

んで、なにしたいの?

HIからテストポンプまでの接合にはなにがいるんか

なんもわかってないなこの主任技術者さん

無知すぎやろこの施工管理技士

まあまあ、

材料やさんかにきくか

つづく

設備屋さん目線の土木建築メモ(このカテゴリを始めた経緯)カテゴリについて

このカテゴリを始めた経緯

いきなり自分かたりで恐縮だが、私の義理の父はとある地方の地場の河川工事を10代のころから定年まで

現場常駐で施工管理をしてきた人間である。

で、ただのパソコンおたくのわたしは、一切建築等の接点もなく?

職を転々としてなぜか水道屋に流れ着いた。

んで、なんだかしらんが事務仕事と聞いていたのに

世の中そんなに甘くなく、現場に行くことが多い日々で

主任技術者や監理技術者の資格などをなぜか取ってしまった次第である。

でなんの接点かは知らんが、道路工事にもかかわることが

多い。(書類書きなのに)

んで、当然しらんことばかりの日々が7年以上つづくが、

持前の?オタク気質を遺憾なく発揮し、色々とまなび気づく

日々である。(単純な知的好奇心的には満足だが、それ以外は、、以下自粛)

社内施工さんや関連業者さんや

建築さんや掘削業者さんやお役所さん(ここはあえてさんづけ)と

連絡調整などをしながらしこしこ仕事を進めている。

ブログというのはキーワード選定ありきで、自分の書きたいことを

つらつら書くくらいで儲かる世の中ではないということは

100も承知なのですが、なんだか、書いていると気持ちよくなってくるので

つらつらかいている次第である。

なんだかしらんが、水道のブログを書いていたが、そんなに仕事熱心ではないので、

反応はいまいちなのだが、ツイッターの反応からするとどうやら、

道路工事部分の土木建築部分?の反応がなぜかいい。義理の父の縁か否か?

なので、まあニーズが少しでもあり、水道屋さん目線からの土木?建築?についての学びや気づきを

メモがてらつらつら書いていこうと思う次第であります。