雨水浸透施設で50mm対応と雨水の処理

50mm対応と雨水の処理

公共機関の仕事で公共機関は雨水の処理で、

50mm対応の雨水浸透処理施設を設けたが、

わかっているようでわかっていないのが、この50mmとか100ミリとかいう雨量のお話です。

50ミリとか、100ミリなど、単位はミリって長さなのでしょうが、こちらは時間あたりの話なので、1時間で50ミリとか、100ミリという話になるようです。

これらは、1平方メートル1000ミリ×1000ミリの場所、あたりに1ミリの厚さ?の雨が1時間で降るので、

1×1×1000は1000ミリリットルは1リッターの水が平米あたりに排出されるというわけです。

あーめんどくさ。

50ミリパーアワーだと、1時間に平米あたり50リットルパーアワー、

100ミリパーアワーだと、1時間に平米あたり100リットルパーアワーということ。

あー、で、

同じことが、仮に150平米くらいの敷地で

起こると、

1ミリで150リッターパーアワー

50で750リッターパーアワー

100で1500リッターパーアワーとなります。

1から1.5トンですか。

同じことが仮に300平米くらいの敷地で

発生すると、

1ミリで300リッターパーアワー

50で1500リッターパーアワー

100で3000リッターパーアワーとなります。

1.5から3トンですか。

まあ、まあシビれますね、合流エリアで1つの公共汚水ますだけで処理するんですね。

今度は

500平米くらいの敷地だとどうでしょう

1ミリで500リッターパーアワー

50で2500リッターパーアワー

100で5000リッターパーアワーとなります。

2.5から5トンですか。

そこいらでみかける受水槽タンクれべるですね、

かなりのものです。

最後は

1000平米くらいの敷地だとどうでしょう

1ミリで1000リッターパーアワー

50で5000リッターパーアワー

100で10000リッターパーアワーとなります。

5から10トンですか。

2時間降ったら20トン

3時間で30トン

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です