月別アーカイブ: 2022年1月

サドル付分水栓の仕組みはボール弁にチーズ継ぎ手がはいっているようなものだということ

これは自転車のサドルです今回はサドル付き分水栓の説明です

 

サドル付き分水栓が断水なしで配水管から給水管へ

分岐できる便利なものとは頭ではなんとなく理解しているけど、

その理由がよくわからない。

そういった疑問にお答えします

こういったお悩みを解決します

本記事の内容

  • サドル付分水栓の仕組みはボール弁にチーズ継ぎ手がはいっているということ
  • ボール弁の穴が縦で全開、ボール弁の穴がよこで全閉で使い分ける理由

サドル付分水栓の仕組みはボール弁にチーズ継ぎ手がはいっているということ

サドル分水栓の仕組み

サドル分水栓の仕組み

そのまんまなんですが、チーズというのは水道の継ぎ手でT字継ぎ手というものです。

まっすぐの管から横向きの管へも水を流せるようにするための継ぎ手とよばれるものです。

ボール弁とは、水道などの水などを止めるための器具です。

90度まわすと止まります。中にボールにビーズのような穴が開いているので、

弁体(弁(バルブ)の本体)に対して90度回すと水が止まります。

それがミックスされているのが、サドル分水栓の内部構造の肝となる構造です。

配水管から給水管へ水を供給する穴をあけるけど、配水管の断水はなし(不断水)で

行う必要があるのでこのような構造をしています。給水管側に枝の給水管への穴があります

ボール弁の穴が縦で全開、ボール弁の穴がよこで全閉で使い分ける理由

ビーズの球よこに穴があいて給水管へ分水するイメージ

ボールの中にチーズ(T字の継ぎ手)が入っているイメージ

です。

なぜそんなことが必要かといいますと、

穴をあける=>コアを入れる=>給水管を接続する

という工程を水まみれになって行わないようにするためです。

具体的には、

まず、ボール弁を縦にしないと上から穿孔機で配水管に穿孔するので、ボール弁が上から下へ穴が

空いている状態でないと穿孔できません。

その後、穿孔後、穿孔機を外す際は全閉します。内部のボールを横にしている状態でないと、

配水管からの水が出てきてしまうからです。

コア入れの際(さび止めのリング)は、

コア挿入器具を取り付けまでは全閉で、コア挿入器具取付後に

全開します。コアは配水管の穿孔箇所まで入れますから開けないと入らないです。

また、器具取付前に全開すると水がでてきてしまいますからいったん閉める必要があります。

コア挿入後、コア挿入の器具を取り外す際はもう一度全閉します。開けてしまうと

配水管から水がでてきてしまいますから。

その後、閉栓キャップを給水管取り出し口から、縦の分水栓上部に取り付けます。

給水管接続、耐圧試験後等の作業後に全開します。

土中埋め戻し前に全開を確認してください。水が出ない仕事をしたことになりますから。

前澤給装工業さんの動画が参考になります。

サドル付分水栓の施工

横取り出し口(最終的に給水管を接続し通水する場所)というそうです。

分水栓ソケット、閉栓キャップの腐食によるごにょごにょとか、

そういう話はまた今度。したくないけど

水道での子メーターとは?3パターンで疑問におこたえします

(※図はイメージで主に著者の気分を表しています)

 

 

 

水道局などで子メーターはなど、

建築さんとか設計さんなどなどの方々で

水道屋さんや水道局さんから「子メータの分については」

などと説明を受けることがありますが、

いったい子メーターとはなんなんだろう?

という疑問もあるかと思います。

そういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 子メーターの定義はズバリこれ
  • 子メータはだれのもの?→水道局により違うの3パターン
  • 子メーターの読み上げ交換払い出し(出庫)の区分公設メータと私設メーター
  • 子メーターがあるなら親メータもあるでしょう?のお話

 

子メーターの簡易定義はズバリこれ

「主に増圧ポンプなどのある多所帯の建物で、

シャフト内につくことの多い各戸用の水道メーター」

(※読み上げ出庫、維持管理などの管理区分は、
水道局の規定ものであるときと、そうでないときがありその規定は水道局による
のでどこまで公設か私設は水道局により違うのでご注意)

ぼやかしましたね。

なぜならケースバイケースの場合や、水道局が変わると意味が

変わるようなので、そうしました。

また、店舗や共用メーターで子メータ使用できるエリアや、

給水方式(水のくばりかた)に

よって変わるのでそうしました。

エントランス近くに土中の子メーターもあるので、例外も多いです。

具体的には

  • 水道本管(配水管)→給水管→水道メータ→給水管→蛇口→人

となりますが、大きい建物だと

  • 水道本管(配水管)→給水管→水道メータ→給水管→給水管→水道メータ→蛇口→人

となる場合があるからです、

水道本管(配水管)→給水管→水道メータ(親)→給水管→給水管→水道メータ(子)→蛇口→人

となり、大体水道本管から1つ目のメーターを親メーター、その次の各世帯で使うメーターを

子メータといいます。

口径(水道メーターの管の直径)は

想像の通り

親>子

となり、

メータの数は

親<子

となります。

なので実際は子メータがたくさんある(実体験上は最低2個ってのがありましたが)

2個以上あるときに使う言葉です。

正確な定義ではないですが、おおむね増圧ポンプがつくマンションで

使います。以前(現在も?)受水槽方式の場合でも使うこともあるでしょう。

それ以外は直結直圧という水道局メータ直!という場合が多いですね。

 

子メータはだれのもの?→水道局により違う3パータン

調べてみて初めて知ったのですが、

子メータは常に個人のもの!(≒私設メーター)①

子メータは常に水道局のもの!②

子メータは水道局のもので親メータはない!③

とやりかたが水道局で異なるので、注意が必要です。

(まじかめんど!)

理由は施工の細かい規定は厚生労働省の給水装置の規定とは別に

費用の負担区分は水道事業者(水道局)で決めれるとことがあるからのようです。

(統一してほしいが、地域性と自治体≒水道事業者(水道局)の懐事情や処理限界もあるみたい(想像))

  • ①はわかりやすく、親メータ→公設メータ(水道局管理)
  • ②は親メータも子メータも(水道局管理)、私設メータは別で扱える
  • ③は子メータは水道局のもので親メータはつけなくていい!

とバラバラです。これに権利金の話などが絡むとさらにちょっとアタイタイデス。

子メーターの読み上げ交換払い出し(出庫)の区分公設メータと私設メーター

具体的には

(※子メーター≒私設メーター

(ただし水道局出庫の水道局もある

②西京都(仮名)や③海崎市(仮名)は水道局出庫)

②のやりかたの西京都(仮名)と③のやりかたの海崎市(仮名)をベースにお話ししますが、

実はそれは他の地域では例外的で

その他の地方では定義が別であるようですし(①のパーターン)

実はそれが比較的一般的なようです。

つまり

  • 私設メーター≒子メータ

 

親も子も公設も私設も水道メーターは8年に1回交換しましょう

なぜなら計量法で定められているからです

具体的には

公設メーター(親メータ((主に水道局が出庫する)→水道局(水道事業者)

私設メーター(出庫はお施主さん)→お施主さん

となります。

8年でけんまん 検満.という期限を迎えますのでその前に変える必要があります。

→水道メーターの8年とは

関連記事

水道メーターの8年とは

 

水道のメーターのふたなどを空けるとだいたいシールなどで記載されています。

また水道局ではデータで管理されています沢山ありますからね。

子メーターがあるなら親メータもあるでしょう?のお話

 

?おや

親メータではなく子メータということです

親メータがない!という水道局もあります。②の海崎市(仮名)

いや!親メータある!という水道局もあります。

つまり、水道局(正確には水道事業者)ごとに基準が違うということです。

≒マンションの書く世帯の近くのドアの中(PSパイプシャフト、パイプスペース)

など、給水管の引き込み位置から遠い位置につく水道局のメータ

となります。

親メータがある場合(有料の場合と①のような場合無料)の水道料金の場合があります

  • ③有料
  • ②無料

となります。②はじゃあなぜつけるのか?

建物全体の水量の整合性を確保するためと思われます。

子メータの総水量=親メータの水量

であるわけです、(親メータが関所になるので)

そうでない場合、漏水や、メータなしでの配管、蛇口使用(盗水)

が疑われます。大きい建物ではそういった全体での維持管理の指標として

使用が可能となります。

機械設備の積算の本を1冊買ってお勉強をしてみた(機械設備工事積算実務マニュアル)

 

 

設備の見積もりに興味を持つ人もいるかと思います。

そんな方への記事となります。

この記事の内容

  • 機械設備の積算の本を興味本位で買った
  • 機械設備の積算の本での気づき
  • 機械設備の積算の本での学び

機械設備の積算の本を興味本位で買った

見積もりどころか、施工もよく知らないのに意味ないかもですが一応買ってみた

結論→よくわらない!

理由→見積もりをしてないから

具体的には

他人の見積もりを見て「うぎゃー!、プギャー!ま・じ・か????!!!!」は

山ほどあるんですが、

いざこの本を読むと

「未来をさきよみするむつかしさ」

というのをしひしひと感じます(ええ個人で購入する金額かいなかについてもしひしひと)

公共工事見積もりする人にとってはマニュアル的な一品

という情報をインターネッツから得て、

神田まで出かけて買いました。

店員さんに「きとくなかたですね」的な(あくまで的なですよ)

感想を頂きつつ、タイマイをはたいたわけです。

取得欲以外の満足を得られることはできるのでしょうか

機械設備の積算の本での気づき

実務でやっていなので、そこまで気づきはないのですが、

参考になればというレベルで書いていきます

付箋のシールが参考になりそう。

書いたら意味がないが、それだけよく確認する人が多いのだろうと予測、

一般的な管材が多かったですが、おお、これはニーズがあるからこのシール

があるので

あたりまえ?かもしれないが、目的は「適格な利出し」にあるので、広範囲多岐にわたる機械設備の

お値段について記載されている。

毎年出ているということは

国土交通省

公共建築工事標準単価積算基準
https://www.mlit.go.jp/gobuild/kijun_touitukijyun_s_hyoujyun_bugakari.htm

でも370ページほどあるのですが、これだとエリアごとの差がわかりません。

わからんことだらけだということ「ぶがかり」「複合単価」

メーター数が伸びるとより売り上げになるが、その分人工も多くかかり人件費もあがる

くらいの理屈レベルでは到底およばないのですが、

機械設備の積算の本での学び

施工方法の簡易な図が勉強になる

そのままなのですが、小さい絵があるのですね、この部材の工法はという小さいイラストが、

これが参考になります。

とくに保温まわりは意味わかっているふりくらいしかできなかったので(今も?)理解が進みました。

数字と文字の理解だけだと限界がありますが、こういう図がとても参考になりました。

職種だけでなくエリアごとに歩掛り(ぶがかり)とは別で複合単価が違う、

作業内容によって、地域差があるということですね。

気候などの違いもあるのでしょうが、都市部は比較的割高ですが、

それ以外の側面もありそうです

配管場所、機械室か屋外か屋内一般かなどによる違い

管種、口径、継ぎ手、保温、それぞれの作業区分による違い

目次からはじめの40ページくらいが基礎的なことが

たくさんかかれていて勉強になります。

公共工事における、

部材指定で利益だししにくいと聞く消防や、

とにかく人員を空けてしまうことによるロス、

年度末年始開けによる工程の難しさ、

予算がきっちりしすぎているので、増減の調整などの苦労を

話には聞きますが、それいぜんの見積りも

相当大変そうですね。

機械設備工事積算実務マニュアル