月別アーカイブ: 2021年10月

上水道と下水道の違いってなに?それは飲める水飲めない水の違いです

 

 

 

上水道と下水道という言葉を聞くけど

その違いっていったいなんなんだろう?

と思いませんか?

そういった問題にお答えします。

この記事の内容

  • 上水道と下水道のというけれど微妙に呼び名が違うけどさらにいろいろあります
  • 中水とかどっから出てくるのその言葉?
  • じゃあ聞くけど雨とか川とか用水路は?

 

上水道と下水道のというけれど微妙に呼び名が違うけどさらにいろいろあります

もうお答え済みですが、結論からいいますと

  • 〇水道≒上水道、上水、水      のめる
  • ×中水(ちゅうすい)        のめない
  • ×下水≒下水道、排水、汚水、雑排水 のめない
  • △雨水、
  • △川の水、用水路の水、井戸水とか
  • 水道(上水道)は飲めますが、下水道は飲めません

なぜなら、下水道は、しにょうを含む汚水(トイレの水)と雑排水(それ以外の排水

台所、お風呂、その他の排水)から構成されているからです。

また下水道の処理が合流式ですと雨水も混ざるので飲めません。

下水道の処理が分流式ですと、雨水は別の経路で(どこまで別かはまた別のおはなしですが)

排出されるので、雨水を含むかどうかはケースによります。

上水道は飲めます、

ただし、飲める水の定義で「給水」という言葉も出てきます。

水道局(厚生労働省が認めた正式名称では水道事業者)

が飲めますよと、ある程度規定しているのが

この給水の範囲となります。

なんだろう?

わかりにくいのですが、同じ蛇口から出る水ですが、主に受水槽というタンク

がある場合などでの区分として、受水槽までは給水ですが、それ以下は

建物の管理者所有している人が責任を持つ範囲なので、給水ではなくて

水道(上水道)ですよとのことです。

ややこしいですね。

中水とかどっから出てくるのその言葉?

下水道の管理するところから出てくる言葉です、再利用するために処理された下水

となります。

なので、まあ匂うレベルであります。

当然飲み水ではありません。

なにに使うかといいますと、トイレを流す水などに再利用されます。

水の節約のために、行います

具体的には、その専門の施設があります。

なので

基本的には大きい施設や公共施設などでしか採用されていないと考えていいです。

いまのところ

中水と再生水の違いはわかりません、なんだろう

 

じゃあ聞くけど雨とか井戸水とか川とか用水路は?

わかりません。のむのまないは個人の判断部分ですが、

雨水をタンクで集めて庭に巻く水にしている機械などは

販売されていますし、ここはのむのまないではないですが、

雨水をトイレの排水の系統に結ぶご自宅もありますし、

井戸水をトイレを流すようや散水などに使う家もあります。

地方では一般的ですが、のんでだいじょうぶ!には基準や

ややこしいルールがあるのも実情です。

井戸の水と水道局からの水の配管を結ぶのはNGとか

そういうルール(クロスコネクションはだめ)があるのは

ここらへんの昔からの地域などの特性から出てくる部分なのだと思います。

施工の意味は計画された工事を行うことを理解してみる(建築では)

 

うちは施工屋ですと言われても

工事やさんと建築さんと関連業種さんと

そういう違いとどう違うの?

という方もいると思います。

「yokuwakaranainndakga?」

そういう方への記事となります。

本記事の内容

    • 施工の意味は計画された工事を行うこと
    • 施工と設計は別というはなし
    • だからなんなんだい?というはなし

施工の意味は計画された工事を行うこと

結論そのままであまりもう言うことがないのですが、

工事の各業種区分ではなく、

  • 施工
  • 設計
  • 管理(監理はまた別らしい)

などという業者毎の役割分担、

作業区分となります。

比較的下請け業者を意味します。

施工以外には設計ですかね、管理は規模にもよりますし、

設計事務所さんと

建築さんの

どちらが施工主

なるかによります、。

(比較的建築さんが多い)

わざわざ建築下請けさんは施工、設計は設計事務所さん

という区分での呼び名でしょうか。

この役割分担は仕事を進めるうえでも大事で、

設計から来たものベースに施工を行いますので、

施工やさんの現場都合だけで

なんでも自由に工事を進めることはできません。

(原則)まあできない設計があってこうなる

ということもありますので、(だいたいそう)

その都度設計事務所さんなども含む定例会という会議で

打ち合わせて調整して決めていきます。

ただし予算と規模によるというのが実情で、

規模の小さい案件で設計図があがらないと施工できないよ!

とつっぱってばかりの施工業者さんは

長期的にお仕事貰えるだろうか?

という部分では心配です。

でも責任施工で、万が一なんかやらかしたら直す義務が生じるので

あんいにハイハイ言うのもどうかと思います。(基本NG)

元請けさんで直接工事する部分は

元請け施工と言うので。

お施主さん=>建築業者=>各種下請けさん1=>各種下請けさん2

の各種下請けさんを主に意味します。

全体の管理を建築業者さん

お施主さんと建築業者さんの間に設計業者さんが入ることも多いです。

設計事務所さん

建築さん

各施工業者さん

建築さん(主に元請けさん)も含めて施工業者と呼びますが

そのうち建築さん以下が施工業者といいます。

施工と設計は別というはなし

一概に設計事務所とくくりましたが、

大きい建築さんだと設計事務所を社内に持っていて

「設計、施工両方行う」建築業者の場合もあります。

海外ではあまりないようで、日本独自の傾向だそうです。

あくまで設備屋さん目線なんで一概に言うのも問題ありますので

割り引いて聞いておいてほしいのですが、

例えば、ある案件でこういう建物建てようと

お施主様と設計事務所さんではなしたとします。

最近では一定の建物ですと

設計事務所さんの建築士さんだけでなく、

設備専門の

建築さんをつけなさいというルールもあります。

延床面積で2000平米以上は建築設備士の意見を聞くようにという

ルールもあります。

設計段階でこう、施工段階でこうなった!

ということはあるよということです。

お施主さんもふくめ

建築士さんと施工管理技士さんとの調整

打ち合わせが大切となります。

まあ理想ですが、

どちらも雇われか自営業でやっているケースが多いので、

いずれにせよ利益を出すために工数管理して、脚が出ないように

勤めています。

なので、この調整は優しさと愛に満ちた調整であってほしいと切に願います。

(意味負荷いや不可、いや深)

だからなんなんだい?というはなし

どっちも得手不得手があるから仲良くしてね

ということです。

なぜなら、仕事だから

施工さんが絵にかいた餅書きやがってー!とか

設計さんがおいおいそんくらい施工で巻き取れよーわかってねーな!図面は書き直さねーよ!など

ですね。ならずにですね。

お施主さんの希望100%は厳しくてもそれに沿うものを目指している

仲間として歩んでいただけるといいなと。

そのためのバチバチは、まあありかと(え?どっち?)

下から目線でいいますと、どちらも使っている脳が微妙に違って、

微妙にお互い、え?そこ?となっているような気がします。

どちらもめちゃくちゃ優秀なんですけどね。

なのでみんなすごいね!という話でした(うまく逃げたつもり)