月別アーカイブ: 2020年7月

よくわかる建設業法2019と検索したがよくわからなかったので復習してみた

よくわかる建設業法2019と2019年はおわってしまいましたが、

よくわからないのが建設業法だと勝手に思っている水道やの

人が軽く学んだことを書いていこうかと思います。

主任と監理の試験でそれぞれで出てきたお学び対象で、

合格してもいまだによくわかっていないというレベルですので、

ご安心ください!←なにを?

 

よくわかる建設業法

よくわかる建設業法という本は
なかったので

原口さんの本は買ったことありますが、

業法でなくて建築基準法でした。

主任技術者の試験の時も施工管理技術者の

ときもあの

いくら以上はこの建設業を!

みたいな問題が必ず出ますから、

しっかり一度腰を据えて学んでおくと

いいですね、

しかも新しい法規を

カバーしているかどうかが

大事ですから、ここ数年で金額と

技術者配置の基準が変わったので

一冊読んでおくと発見も多いでしょう。

建設業法の建設業の許可はどこでとる?

建設業法の建設業の許可はどこでとる?

一応上記の文言である建設業法の出てきた建設業の部分ですが、

まずそもそも、建設業はどこでとるのだ?ということになると思います。

結論からいいますと、2箇所あります。

都道府県と国それぞれ2つということです。

  • 都道府県をまたいで事務所があるときは→国(国土交通大臣許可)
  • 都道府県をまたいで事務所がないときは→都道府県(都道府県知事許可)
  • ちなみに500万未満の請負、建築一式で1500万円未満
  • 150平米未満の場合は許可は不要です。

なぜかといいますと、そういう決まりだからです。

想像ですが、事務所がまたぐと、知事許可ですと、権限が及ばなくなる

恐れがあるからではないかと思います。

なにか問題があった際に、別の事務所のことだから関係ないよね?、

と逃げが効かないように、

いやいや、そもそも別の都道府県の事務所ならば、

大臣許可とるのが決まっているでしょ?

と行政側突っ込めますからね。(しらんけど)

公的機関では地方整備局、国土交通省の所轄になるのでしょうか。国土交通大臣許可ですから

そうなるのでしょう。

建設業法の建設業の許可は他の種別はある?

建設業法の建設業の許可は他の種別はあるというと

まぎらわしいのですが、

知事許可大臣許可というとる場所とは別に

2つあります。

一般と特定です。

・特定建設業

・一般建設業

分けている理由は金額と技術者の配置の関係です

・特定建設業>一般建設業

という金額わけですが、

最近金額がかわりました。

・特定建設業

旧→下請け代金3000万円以上、建築一式で4500万円以上

新→下請け代金4000万円以上、建築一式で6000万円以上

つまり下請け4000万以上は特定建設業とってね

ということです。

じゃあ一般建設業はといいますと

・一般建設業

旧→下請け代金3000万円未満、建築一式で4500万円未満

新→下請け代金4000万円未満、建築一式で6000万円未満

金額が緩和されたということですね。

・技術者は下請けのケースによりこまかくわかれますので、

割愛しますが、

常駐≒専任、非常駐

とあり、主任技術者と監理技術者がある

ということは最低覚えておくといいでしょう。

登録手数料は一般は都道府県にもよりますが、

とあるエリアで参考レベルですが、

新規で一般なら9万、5年更新毎に5万円

新規で特定なら15万、5年更新毎に5万円

+事務外注費用と結構手間かかりますね。

あと決算報告が毎年なのでこの分もコストがかかります。

建築で引渡しする元受けさんだと、さらに年2回

住宅瑕疵担保履行法で届出が必要です。

建設業法のその他もろもろ

建設業法のそのたもろもろで

・看板標識の提示

・一括下請けの禁止

・見積もり書の提示

・不当な資材の購入強制の禁止

・不当に低い請負代金の禁止

などがあるそうです。

履行されるといいですね。法律ですからね。

水道メーターの見方についてゆるく解説!

検針の通知が水道局からきたけど、おいおいそんなにつかったっけ?

という方ですとか、えーそもそもどこで水道メーターなんて見ているの?

というか場所はわかったが、見方がわからないし!!

というかたもおられるかと思います。

そんなかたに解説できれば!と思います。

じゃあいってみよ!

水道メーターの見方を実際にやってみた

水道メーターの見方を実際にやってみたのですが、

したの写真はうちの水道メーター

20mmの一般的なサイズですね。

水道メーターのふたをあけるとこんな感じ!

上の青で囲んだ数字は

1立方メートル→1000リッター単位391とあるので391000リッター

赤い小数点以下の数字は100リッター単位なので900リッター

で合計391900リッターとなります。

上の黄色で囲んだ数字は10リッター単位なので1の真上やや手前なので0リッターとなります。

上の赤色で囲んだ数字は1リッター単位なので9の真上やや手前なので8リッターとなります。

なので

391900リッターと

0リッターと

8リッターと足すので

391908リッターとなります。

伝わったかな?

水道メーターの見方がわかったが、なんか他わかることないの?→漏水チェック

水道メーターの見方がわかったが、なんか他わかることないの?→漏水チェック

せっかく水道メーターを見たのですから、

一応水道やさんとしてかるく見といて欲しい部分があります。

それは漏水の可能性の確認です。

なぜならもれていると余分な水道料金が発生しますし、あまりいいことがないからです

具体的にはどうするの?という部分ですが、

それはこれ!

え?なんでモザイク?

あ、これですパイロットといいます。

なにを見るかというと。

水を使うとこれがくるくる回ります。

で、水を閉じている状態でこのパイロットを

みてくださいということです。

水を閉じているのにパイロットが回る≒水がどこかで漏れている可能性がある

ということなので、修理をするなどの対応が必要だったりします。

大きいおうちだったりすると以外と

見落とされがちな部分なので、軽く見て置いてください。

水道メーターの見方がわかったが、なんかポイントないのその2、水道料金表から使い具合を軽く見ましょう

水道メーターの見方がわかったが、なんかポイントないのその2、水道料金表から使い具合を軽く見ましょう

ということですが、

ざっくり一人一日250リッターくらいが一般的といわれます。

なので、料金表から確認してみようということです。

具体的には、料金表の利用具合から割り算してふーんとうなるだけです。

またうちの元ネタ料金表でございます。

小さいなあ

拡大!

赤枠の部分の右側2ヶ月の期間64日とありますね、

自治体や水道事業者さんにもよりますが、

2ヶ月のところも多いみたいです。

330から379へ変わっているから

379-330で49立方メートルj

49000リッターとなります。

めんどいので、49トンということです

ざっくりですが、

2ヶ月49000リッター

うちは3人なので

1ヶ月30日換算で、60にち

49000÷60で816リッター一日

使ってます。

で3人なので、

816÷3で

272リッター一日あたり使ってます。

まあまあ使っているな。反省

前回より10トンも増えているので

10000割る60割る3で

5.5リッター一日あたり増えているようです。

まあ手洗い増えたからな。

あ、あと大事なところですが、下水道料金も合算で計算されて算出されている

水道局も多いですからご注意ください。

 

給水管とは


給水管とはと、水道やさんからなんか書類が着たけど、なにこれ、給水管の所有?

お施主さんからこの印取りしないといけないの?説明できるかな?

という建築の営業さんや、監督さん、また土地売買のデベロッパーさんなどで、

インフラ見積もりをしていて当該地の調査を行っていたけど、

給水管が隣地にまたいでいて、など、給水管?

なにそれ?んー?物件売買するうえでのインフラ調査で、水道局で調べてきて?

と言われたけど、なんかいろいろ管あるけど意味がわからない。

という方もおられると思います。

また、水道やで施工してるけど、資格とりなーと言われて、

テキスト買ったり、先輩のお古を頂いたりして、読むけど、

給水管???という方も多いと思います。

そんなかたに、一応給水装置の資格を取った人が解説できればと思います。

わかんなかったらごめんなさい。

給水管とはなんでしょうか。


給水管とはなんでしょうか。

結論からいいますと道路の配水管から枝分かれした屋内の蛇口までの管です。

需要者向けの管です。また、給水管から取り出した管も給水管といいます。

なぜなら、給水管は配水管から水を供給する管だからです。

水道局≒水道事業者が配水管まで(道路上の太いメインの管)

配るから、あとは自分のお宅へ供給して、というしくみだからです。

なんで水道管といわずに給水管というまどろっこしい言い方を

するかといいますと、水道管にも色々分類があるからです。

導水管、送水管、配水管、受水槽以下の水道管、など

今回の給水管は主に、道路上の配水管から枝分かれした部分から、宅内の土中

屋内、蛇口までの部分を給水管と器具を含め直で結ばれた部分をその世界の用語で「給水装置」というのですが、

その直圧で結ばれている部分を給水管といいます。

間にタンクなど(受水槽や増圧ポンプなどを介さない)直結直圧給水方式と

いわれます。

受水槽以下の場合は厳密には直接給水管と繋がっていないので、

給水装置ではないので、厳密には給水管ではないです。

サドルっていう配水管から分岐(えだわかれ)する部分も

給水装置です。

配水管から蛇口までが給水装置、直でつながっているもの、

その間の管のことです。

給水管の責任分解点と材質でのくくり

給水管の責任分解点と材質でのくくりは微妙ですが、

あるていど明確で不明確です。

基準の省令に適合したものであるこというルールはあります

宅内までは水道局がある程度決めているけど、

あとは基準省令基準でいいですということです。

SSPでもHIVPでもVDでもVBでも架橋ポリでもPPでも

いいですよということです。

所有者は個人で管理者はだいたい宅内の

止水栓までは水道局のケースが多いです。

わかりにくいですが、そういうイメージです

大体太い配水管から細い給水管という

イメージでいいのですが、

場所によっては、細い配水管もあれば、

太い給水管もあるわけです。

当該地では太い配水管から、

細い給水管という水の配りかたをするのですが、

場所や敷地の引き込み太さによっては

ステンレス鋼管(ほそめ)の配水管もあれば

ダクタイル鋳鉄管の(ふとめ)給水管もあるということです。

なので、材質=給水管と覚えると微妙です、

配水管より細めの宅内への管くらいでいいですが。

給水管の維持管理と現実というか雑談

給水管の維持管理と現実というか雑談

給水管の種類と工法、分岐からメータ(-)までの材料

工法は水道事業者によって指定されているから確認するひつようがあります。

なぜなら、災害時や漏水などの緊急工事などをスムースに行うためです。

具体的には、

エリアによっては、サドルは砲金で第一止水栓も砲金の材質でいいけど、

給水管はステンレス鋼管にしてね、

ですとか、いやあいやあ、うちはサドルも第一止水栓も全部ステンレスじゃないと

こまるよーですとかがあります。

別にうちはPPポリエチレン2層管やHIVPのエリアもあるから本当は

そこまで厳しくないんだけどー、ルールが最近変わったのと管轄が

変わったからステンレスでたのむわー

などがあります。

でも掘ったら、鉛管は残地だわ、ポリ管はどうみても古いものだったり、

ということはあるとかないとか。