月別アーカイブ: 2020年6月

給水のメーターは

どんなものがあるのでしょうか。 水道メーターは大まかに2種類ありますが、 見た目の部分と、見た目以外の部分があります。 調達先と調達方法が違いますので、 わかりにくい部分もあると思いますが、 水道やさんのなかの人が、 可能な限りわかる範囲で解説します。

給水のメーターの種類で見た目の部分

給水のメーターの種類で見た目の部分 見た目の部分として、 ねじ接続の 接続流羽根車式 の単箱型と複箱型が一般的です。 13mmくらいの小さいのはだいたい 単箱型 20mmくらいのひしがたのような 風体のは 複箱型です。 50mmを超えると フランジ接続の 軸流羽根車式のたて型 などが一般的です。 75mmや100mmも大体この形で、 メーターの補足管やメータバイパスユニットなどが必要です。

給水のメーターの種類で見た目以外の部分

給水のメーターの種類で見た目以外の部分としては 私設メーターと水道局のメータがあります。 私設メーターは材料やさんで購入が可能です。 普通に物販されれているものです。 水道局のメータは水道局から出庫してもらいます。 ものとしては同じようなものです。 見た目は同じでも管轄、扱いが違うという点に注意が必要です。 水道局の 給水のメータは計量法で8年に1回の交換が義務付けられています。 なぜなら、精度が落ちるとされているから。 特に私設メータは使用者の管理なので強制はないですが、 水道局(水道事業者)が出庫する側は規定が厳しいです。 出庫までの施工承認と検査と維持管理の責任が伴います。 いずれにせよ私設メータの上流側に1つは水道局のメータが ついている形となります。(盗水となるため) 水道局のメータは既存の登録されている水道番号があれば工事用としては 出庫が可能ですが、水道番号が無い場合、新規に取り出しや申請が必要となる場合があります。 また、工事用としてはあっても、完成時に個数を増やす場合も同様に行政の手続きが発生します。 写真は20mm接続流羽根車式の複箱型です

写真は13mm接続流羽根車式の単箱型です  

設備一級建築士について調べてみました

設備一級建築士と言われても

いまいちわからないですよね。

一級建築士なら聞いたことあるのですが、

設備って

よくわからないので、調べて見ました。

2006年から3階以上かつ5000平米以上の

建物では建築確認上関与が必須、一級建築士

としてみると5年以上設備設計に業務に

たずさわる必要がある。

(重い)

講習3日と修了考査という試験がある。

(なにそれ、レベル高すぎてビビる)

木造、構造、一級、二級と設備

と建築士にも5種類ある。

テキスト中古で2万とかします。

すげぇ。

夜な夜な夜型人間さんになるんだろうな。

という人種を、想像をします。

想定年収700から1000万

夜寝たいタイプは

無理かなとか。

ホワイトな会社もあるみたい。

おお、救いだ!

一級建築士か建築設備士は

とったほうがいい。

多分むり。

とるのは無理でも時間をかけるのはできるかもだが、

メンタル病んでから朝早起き医者に禁止されてるから、早起き勉強はきついかね。

建築設備士は一級施工管理持ってればうけれるみたい。

消防設備士が先だし、あとあれだ、あれ、

アウトプットも課題だから。

へいこうしてやってくのは覚悟インナー。

建築設備士取れば一級建築士の受験資格があるそうです。

その先に設備一級建築士かー

レベル高すぎて意味わからん。
建築設備士で4年

一級建築士で5年

オールストレートで受かったという前提。

テキストだけで2マソとか

消防テキスト4、5冊かえるじゃんか。

レベルちげああああ。

あんまり施工屋さんとは噛み合わないこと

もあるのもあるいみ、納得。

建築士さんとかは意匠やさん?

と呼ばれるそう。

施工屋さんとしては結構

い、いろいろ勉強させていただける。

方々という、イメージです。

イメージですから、はい。

そういう視点もあったのか!など。

意匠やさん、構造やさんといろいろ

役割があるのですね。

レ書きたいことを書くのはNG

この文章は自分が書きたいことじゃないか?読者の為になる文章を書く

具体的には

上位10件の記事をみて

キーワードと

ペルソナ確認

導入分から想像想像初心者の悩みに寄り添っているかを

確認すること

また自分の記事でそれを掘り下げているかを確認する

給水方式あれこれ店舗などの給水方式ワカリマセン

店舗が絡んでる給水方式で、

結論から言うと

よくわからない

となる。

なぜなら、使い手が今ひとつ読めないケース

が多いから。

具体的には、流れとしてはまず、

当方は設計やさんでないので、

まず普通に先方の系統図ありきで考える

こととなる。

あれ、それ○○でない?いうことがあっても、

異論を挟む立場にないこともある。

とはいえ、指定店として、水道局のやりかたに

ある程度合わせた設計審査を持ち込まないと

当然受け付けて貰えないこともある。

ところ変わればなので、ローカルルールは

あれど、大体は給水装置のルールに則した

施工基準となる。

一般の共同住宅でもそこまで大規模な扱いは

ないのですが、店舗が絡んでると

流量の計算がかなり大きめ基準で計算されていることがあります。

まあ、そうしておかないと、あとで水の出が悪い

とかなると責任問題になりかねないからか、

工事費用どん!と予算組みして、という

方針なのかは不明だが。

系統図を頂いても、その通りに量水器を

出せないこともある。

そして、

店舗で困るのが、テナントの工事は

店子さん?が決まってからその業者が

やるからいまそれ関係ないです。

と先方から言われることだ。

いわゆるC工事は別途ですので

きゅうはいすは床下バルブどめまでです

ウチは。というやつ。

これを右から左で水道局に言うと。

そんな図面は受け取れません。

となります。

水道の本管、配水管から蛇口までが

給水装置のことなので、

バルブどめでは給水装置にあらず

となり、検査ができないこととなります。

受水槽以下はまた別のはなし。

なので、直結増圧式や、直結直圧式の場合、蛇口をらつけてもらい、検査となります。

本当は店舗工事まで水道局に図面と書類出して

検査までやってほしいんだけど。

と水道局のかたには言われます。

依頼されて出すこともあるのですが、

依頼されないこともあります。

水道局としてはよくわからない店舗の器具や配管が、

直結でつながっているのは芳しくないと

いうこととなります。

なので、検査時に量水器の出庫をしません。

ということもありました。

中の店舗工事の工事業者さんが、量水器の出庫

することにより、あとで追いかけれるようにして、未設計審査の現場を減らす

という考えみたいです。

まあルールは原則なので、さまざまな事情を事前に陳情することは多々あります。

役所側も原則やルールもら変わりますし、

人や年度によって多少原則もシキイチが上がったり、下がったりします。

お互い人間なんで仕方がないと思います。

こちらも、

現場仕事なので、イレギュラーの塊ですから。

残念ですが、教科書通りにはいきません。

予算や施工性が、加味されることも多々あります。

材料代やら工賃やら、です。

お店の給水方式は直結直圧だと何個まで量水器つけれる、

ですとか。

厨房の機器では認証が取れてますかなど。

増圧ならポンプ不良時用にポンプ手間に散水を

つけてとか、似た理由で共用メータをつけてですとか。

負圧対策で末端に吸排気弁をつけて

といったルールがあったりします。

おさらいを兼ねて、当該水道事業者の基準の

書類を見てたのですが、

あーあれ見落とされてたわー

というのもごく稀にチラホラあります。

でも、肝の部分は大体はずしてないですね。

なんせこの手の言葉の伝わりにくさは

半端ないです。

でも、たまに見返すと学びも多いです。

引き込み口径から増圧の2次側は2段階まで

サイズアップが可能。

とかあるんですが、

そもそもの流速が上がりすぎたら

やっぱり本管からの引き込み口径大きくしないと

ポンプが止までしょうし、

逆にテナント決まらなかったら、ポンプ

動かないのでポンプがいるの?とも

なりますし、店舗の業態の入り方と同時使用

を先読みするのは

ほんっとハードル高いです。

まあ、瞬時最大使用水量でポンプは選んでね

とあるところもあります。

店舗のピーク時間でとなると。

かなりの水量となりますが、

この平米での計算方法って、

厨房、フロア込みなのか?

店舗外の共用部分は除く?

ですとか根拠がいまいち

わかりにくいですね。

和食より中華が沢山水を使うというのは

なんとなくレベルではイメージつきますが。