月別アーカイブ: 2019年2月

甲1類消防設備士勉強法解説002/100

甲1類消防設備士勉強法解説002/100

まずは消防同意が必要な建物について書いておこうか。

消防同意が必要なケースという前に消防同意はなんなのか。

消防署と建物建てるなにがしかの人間が、同意を得る必要があると言う

 

一戸建てや併用住宅以外はほぼ全て、

いつ?

建築確認の際に

ということは、

戸建以外はほぼ建築のほうで

消防同意を得ているということですね。

大体は消防署の予防課予防係が窓口だそうです

外壁に設ける開口部の建具表が必要だそうです

 

ことですね。

なんで丁寧なんだ。

いいんだ、それは。

特定防火施設とは

不特定多数の人が来る施設

非特定防火施設は

不特定多数の人が来ない施設となります。

学校などは非特定防火施設になるそうです。

パッケージ型自動消火設備は

スプリンクラーの代用となります。

放射性能はⅠ型で85パーセント

Ⅱ型である90パーセントの放射性能がいります、

Ⅱ型は小さいので、出し切る必要があります。

Ⅰは10000平米未満、

Ⅱは275平米未満

275って水道連結型のとこで話が出てきた平米数ですね。

感知器は2種類のand方式だそうです。

 

 

 

甲1類消防設備士勉強法解説001/100

甲1類消防設備士勉強001

水系ですやね、連結送水管施工するから甲1類取れと、

え?甲1類連結送水管資格なくても施工できるやん

という事実に気づくのは参考書を買い、アフォズラの受験票の写真を撮影してからでした。

まあ、消防試験協会にポンプ車依頼して放水試験とかすんだったら、最低1類くらいは取らんといかんし

中間検査、完了検査立会いの時、消防官の言うことの語彙は理解しとかんと、アフォみたいな

顔して受けれんし、大体、中間試験でやばいことなったら、相当な手直ししとかんといかんことだから

設備やから言わせると、現場代理人が十分消防同意を含めた理解がないと、現場は仕上がらないよと

ご理解いただきたいのですよのね、設備や丸投げだと相当な怪我が伴うと、少なくとも中間検査段階で

相当な現場の手直し発生するリスクについて覚悟がないのなら、延べ床300平米以上の現場代理人の資格は無いと心していただきたい。

甲類を飲みながらの戯言です

ボール止水栓の構造は

ボール止水栓の構造
ボール止水栓の構造は

数珠といいますか、ビーズといいますか、

それを思い出してくれるといいかと

思います。

その穴が配管に対して平行だとバルブが開いて

いる状態で水などの流体が通過するようにやります。

またその穴が配管に対して直角だとバルブが閉まっている状態で水などの流体が流れないようになっています。

機械設備の衛生設備の給水では仕切り弁より、

この形を採用する水道事業者が

近年では多くなってきているようです。

理由はよくわかりませんが、

経年劣化後も機能が保持されやすいからでしょうか、

ただし、90度での固定して使うので、

仕切り弁より固着して、

動きにくいという意見も聞きます。

材質はステンレスほボール弁が

一般的かと思います。

中途半端に閉める、開ける流量の調整には不向きです。

仕切り弁などのように、

閉めたか開けたかわからないなど、

開け切ってから固着防止のために

1回転戻すなど、

わかりにくい部分がないというのも、

給水のメータバルブとして

採用される傾向が高まっている

理由の一つかもしれません。

90度とはいえだいたいはネジと同じで右に回すと閉まり、左に回すと開きますが、

たまに逆のものもあるらしいです。