月別アーカイブ: 2018年4月

給水について最近思うこと201804

最近給水装置について思うこと

何ていう表現は非常に往生であり

上段構えな表現だね

単純にインフラとして今後日本ではこれから

その品質を確保できるのかという

壮大な?テーマがあるなと思います

かといって海外の反応水道事業者が

どんどん入ってくるのはそれは

そうなんだろうと思う

かといってバブル崩後この国は

かなり人を育てるということに

ブランクが空いてしまったとは

決して世の中全体だけではなく

水道事業者においても

等しくテーマとしてあるものなんだろう

と思う。

その宿題をどうやって解決していくのか

という課題があるわけですが、

効果的な教育、効果的な引き継ぎ

しかないと思うんですね、

じゃあ、その上でどうやって言葉

や表現では言い尽くせない方の

体験をしてきた人たちがどんどん

定年という締め切りにおいて退職してしまう

じゃあどうやって残された人達は

それを的確に引き継いでいくか?

という課題があります。

それは決して給水装置は水道事業者

や水道屋さんである指定給水装置工事事業者

だけではなくて各業界においても言える課題

なのではないでしょうか?

それを考えるとメモが大事です。

じゃあぼんやりとした

その考えましょう、

という掛け声だけで終わらせずに

考えていこうかなと思います。

フランクを見るにはどうしたらいいか

的確てな教育が必要なのはわかるのですが、

その的確の教育のためにはどうしたらいいか

すでに引退した人達も再雇用までは行かずとも

アドバイザーとしての短期契約を結べた上での

教育係としての期間を切ると言うのりしろ

を作る。単純な嘱託だけでの雇用だけではなく

きちんとした形での権限を持った上での

教育もしていく。

バブル崩壊以降転々としてきた

従業員の雇用の不安定さ、また各種の

不安定さに基づく長期的な一箇所での

教育を受けていない授業が多いということはこれからも日本だけではなくても非常に重要な課題だと どうするかなぜかなぜ再雇用がして再教育のために短期的な成長のために必要時間というもの端折って英検を済ませることはどうしてもできないできない形にできることをやっていこうという考え方が必要かと堂々巡りで答えのない話ではあるんですがこのことは消してこの業界におけるものだけではなく他企業の業種において大事なことなのではないかと思います例えばこうやって口でうんちくを語っているだけでも男が文章になる人々に発信できるというのわかりを言って経験者本当の経験者に本音を語ってもらうというスペースだけでも儲けられるんじゃないかと思います氏においてはどちらの土地でもないやろかと思います