排水設備の設計で考えられていること→「流れるかが大事」【初心者向け】

排水設備の設計で考えられていること【初心者向け】

排水設備の設計ってどうやるのか?

建物などの種類や新築なら計画にもよるのですが、

大まかな設計上のルールがいくつかあります。

こちらでは、排水設備の設計上の重要なポイントを

理解することができます。

具体的にはパラパラとツイートしていたのでご参考までに

この箇条書きだけだといまいち理解がすすまないとこもあるの

思いますので、かみ砕いていきますので、

参考にしてみてください。

本記事の内容

  • 排水設備の計画
  • RC鉄筋コンクリート造の場合は特に出の公桝の深さに気を付ける

排水設備の計画

下水道が流れるようにするには
・事前調査(本管の位置深さ(土被り)合流分流等)
・既設公設ますの有無と位置深さの確認
・下水道管理者(≒下水道局)にて公費自費施工規定の確認
・建築計画の図面取得
・位置深さ形状の確定
・宅内排水設備の計画
・見積もり→受注有無確定
・諸申請→施工→竣工

と書いてありますが。

結論:現場、役所、建築図面で調べる、検討する打ち合わせる,のループです

具体的には

  • 見積もり用の設計(概略)と
  • 受注後
  • 施工用の設計(施工図)

はアウトラインと具体例

くらいには別物ということです。

その間に行政用の計画図を出すという工程が入ります。

①見積もり

→受注

→②行政用の図

③施工用の図

→施工

となります。

①は見積もり用の宅内部分の材料拾いと、公道部分の掘削の有無

②は③と平行して行うイメージです。現場と他現場の進捗状況、資料の状況にもよる

②の下水道管理者への申請と竣工、あれば検査立ち合い向けの設計で

③は②と平行もしくはやや先行して行います。

③のみで設計して②で行政に提出しても、×を貰って再計画という場合もあります。

②③は宅内の設計ですが、

①で公道の掘削が出た場合はまた別途専門業者の設計が入り、主に下水道管理者や

排水設備の計画以前に

このくらい一設備屋の末端でも上記のような

ポイントがありますが。

一番の排水のポイントは

排水が流れるか否か

ということです。

  • 既存のますの位置
  • 既存のますの深さ
  • RCなら建築の地盤面確認設計GLFL、地中梁の再蒸留のスリーブの深さ)
  • 木造なら建物の基礎の天端がGLからいくつ上がるのか
  • ルート(ライン)メイン管の太さと深さとますの数で既存のますで足りるのか

という確認が必要です

足りない場合、または既存の位置では繋げない場合

事情を元請けさんに説明し、道路上の掘削の見積もりを再度提出してください。

より根の深い問題が発生するケースとしては

下水道本管の深さが足りない

という場合です。

 

なので事前に下水道台帳での本管の深さ

ますの位置と(できれば)深さを確認しておくのが

最低ラインの調査となります。

道路上の掘削の費用はケースによっては30-300万

本管入れ替えで数千万円というケースもあるようですのでご注意を。

道路管理者へ向けての図面作成が入ります。

あれ?全然簡単でない?まいった。

ちなみに設計屋さんの排水の図面はざっくり屋内のますと屋内の系統図

くらいとなりますので、①の見積もり時の下敷きとなります。

「0」としましょうか。

「0」は屋内のたてかんのルートなど、排水の各階の系統については強いばあいが多いですが、

公道掘削の数と位置により、まるで違う計画になる場合もありますので、

注意が必要です。

RC鉄筋コンクリート造の場合は特に出の公桝の深さに気を付ける

RCで公共汚水桝の深さが足りない?

いやいやポンプで圧送すればいいでしょ?

というはなしもありますが、

地下階の処理がそうであっても、

自然流下、重力により流すのが還俗です。

なぜなら、ポンプなどの回転する機械は故障

するものだからです。

多くの下水道管理者でも原則自然流下が求められます。

宅内の外回りのますの一番上流の深さは

梁の貫通部分の構造上の規定(3d、梁成の1.5hなど)

に規定っされるので、土被り(管うわばから路盤まで)20センチ

の最低ラインよりも起点のますが深くなることが多いです。(ほぼすべて)