閉鎖型乾式スプリンクラー設備

閉鎖型乾式スプリンクラーのエアーコンプレッサーについて
消防設備士甲1で、スプリンクラー設備の

エアコンプレッサが必要なのは

なんでなんだろうか、

閉鎖型の乾式で必要になるらしい。

スプリンクラーのこのあたりの仕組みは

からくり装置みたいで楽しいのだが、

なんだか覚えにくいのがたまにキズである。

どうやら流水検知装置にエアコンプレッサーが

ついているようだ、あとこの手の資格の

語彙の謎で、エアコンプレッサーと書いたが

正しくはエアコンプレッサらしい。

なんで伸ばさないのか謎だ、給水装置でも

メーターでなくて、メータとか、

わからない。

話は戻るが、閉鎖型乾式ではエアコンプレッサーが必要、乾式で閉鎖状態の流水検知装置からヘッドまでの部分は空気が入っているのではなく、圧縮空気が入っている、これがまずヘッドから加圧水が放水される。

え、閉鎖型の予作動式も、流水検知装置にエアコンプレッサがついているらしい。

まあ予作動式だから開弁機構を開けないとだめだけど、

てか流水検知装置は別名自動警報装置と言われているのだから、

どうやら、圧縮空気の減圧を感知して開弁する

仕組みらしい。

水に勢いをつけるのはポンプで足りるのだから、通常より高い圧力の空気を入れておくことにより、

ヘッド1つでも減圧したときの感度を上げるためなのであろう。

まあ知らんけど。

大体閉鎖型乾式のスプリンクラー設備は

配管が凍結する恐れのある地域、

つまり寒い地域寒冷地で使用される

設備となる、たしかにヘッドが感知しても、

配管内部の水が凍結していたら、

初期消火の機能を果たすことができませんからね。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です