設備一級建築士について調べてみました

設備一級建築士と言われても

いまいちわからないですよね。

一級建築士なら聞いたことあるのですが、

設備って

よくわからないので、調べて見ました。

2006年から3階以上かつ5000平米以上の

建物では建築確認上関与が必須、一級建築士

としてみると5年以上設備設計に業務に

たずさわる必要がある。

(重い)

講習3日と修了考査という試験がある。

(なにそれ、レベル高すぎてビビる)

木造、構造、一級、二級と設備

と建築士にも5種類ある。

テキスト中古で2万とかします。

すげぇ。

夜な夜な夜型人間さんになるんだろうな。

という人種を、想像をします。

想定年収700から1000万

夜寝たいタイプは

無理かなとか。

ホワイトな会社もあるみたい。

おお、救いだ!

一級建築士か建築設備士は

とったほうがいい。

多分むり。

とるのは無理でも時間をかけるのはできるかもだが、

メンタル病んでから朝早起き医者に禁止されてるから、早起き勉強はきついかね。

建築設備士は一級施工管理持ってればうけれるみたい。

消防設備士が先だし、あとあれだ、あれ、

アウトプットも課題だから。

へいこうしてやってくのは覚悟インナー。

建築設備士取れば一級建築士の受験資格があるそうです。

その先に設備一級建築士かー

レベル高すぎて意味わからん。
建築設備士で4年

一級建築士で5年

オールストレートで受かったという前提。

テキストだけで2マソとか

消防テキスト4、5冊かえるじゃんか。

レベルちげああああ。

あんまり施工屋さんとは噛み合わないこと

もあるのもあるいみ、納得。

建築士さんとかは意匠やさん?

と呼ばれるそう。

施工屋さんとしては結構

い、いろいろ勉強させていただける。

方々という、イメージです。

イメージですから、はい。

そういう視点もあったのか!など。

意匠やさん、構造やさんといろいろ

役割があるのですね。

レ書きたいことを書くのはNG

この文章は自分が書きたいことじゃないか?読者の為になる文章を書く

具体的には

上位10件の記事をみて

キーワードと

ペルソナ確認

導入分から想像想像初心者の悩みに寄り添っているかを

確認すること

また自分の記事でそれを掘り下げているかを確認する

メールアドレスが公開されることはありません。