設備の工事での登場人物(衛生より)を把握すると言語も違うので仕事の解像度があがるよという話

設備屋さんには

まわりの関連する

色々な登場人物がいます。

が自分の職種だけ見ていると「え?」なんでそうなる?

の連続となる問題があります。

こちらでは、

建築工事関連の人々の視点をさまざまな角度からみることで、それぞれの立場での

言語が違ったり、視点が違うのだなという理解が深まります。

具体的には同じことを言っていても仕事を覚えた過去の状況などに

サブコンさんクラスや役所専門の会社さんでない限りは

色々なタイプの受注がありますので、

仕事をいただく先によって

ペースや内容や進め方がまるで違う。

というお悩みがあるかと思います。

そんな方への記事となります。

本記事の内容

  • 新築の仕事でもいろいろある
  • 改修の仕事でもいろいろある
  • 役所関連でもいろいろある

改修の仕事でもいろいろある

役所関連でもいろいろある

 

新築の仕事でもいろいろある

他の職種の職方(職人さん)

監督さん

材料屋さん

お施主さん

建築さんの元請けの開発業屋さん(デベロッパーさん)

などです。

設備屋さんに努める職人さんならば

設備屋さんの社長

設備屋さんの事務方

材料屋
申請屋
建築
 設備会社さん
  地場の仲間
  仲間の仲間
  サブコンさん
   商業ビル
   公共施設
 ハウスメーカー
  戸建て
  アパート
  マンション
 不動産屋さん
  売却前の上下水の整理
 BtoC(お客さん直)
設計屋
メーカー
施主
デベ
サブコン
施工
見積
施工管理
営業
積算
経理
経営
事務
設計
申請