設備の勉強はどうやるの?

結論からいうと「現場」です。

理由は(☓社長から言われたから)見て学ぶことが多いから。

具体的には、職人さん、施工管理さん、その他の業者さん、監督さん、お施主さん、設計さん(たまにあう)、近隣さん、その他の人々

からです。

半分冗談、半分本気ですが、

現場での、その際の雑談、補足情報として?(そんなわけない?)

事前の勉強があると無いとでは、吸収するものが変わってくる。

ということはあります。

設備の勉強は本とかからはいらないのか

設備の勉強は本とかからはいらないのか

そんなことはありません。理由としては現場に行って学ぶ

こと、立場により、色々違いますが、事前に知っていれば

、また後日ああ、あれはこういうことかという気づきは

とても学びを深くしてくれます。

現場」✕「

ですすんでいくのす。

具体的には

  • 関連業種の資格関連の本
  • 当該案件の対象現場の建築さんの施工要領
  • その他資格だけでなくそれの1段階上の資料

となります。

関連業種の資格関連の本

こちらは、設備といっても会社の種類により、機械設備で、

空調なのか衛生なのかとか、により会社で求められる資格も変わります。

まあ、空調系なら空調の、衛生なら衛生関連の資格の本を読むといいです。

理由は現場で見て学ぶ内容、会社で会話される言葉などが、空調の会社なのに衛生の本を読んでも、イメージがつかないからです。

具体的には

機械設備

>衛生

>給排水衛生

ならば、管工事2級、給水装置主任技術者、排水設備責任技術者など

となります。先輩などに聞いてみるのが一番早いです

当該案件の対象現場の建築さんの施工要領

これは、会社に大体数冊はおいてあります。具体的な施工の

内容となりますので勉強になります。また、他の業種の施工基準も

載せられていますので、他の業種への理解も深まります。

また、請けている会社により基準が変わるのだということも

少しづつ理解できるようになるでしょう。

ああ、あの写真はこの為に撮っていたのだとなるでしょう。

その他資格だけでなくそれの1段階上の資料

これはわかりにくいですが、当該資格の本の外枠といいますが、

理解しようとしなくてもいいのですが、当該資格だけで、理解をしようとすると、そのベースになる考え方とかがわかりにくいんです。

なので、理解を理由に本を買わないで理解しなくでもいいので、イメージをつかむためになんとなくながめる本を買うということです。

給水装置だけの本をかってもいいのですが、オーム社の衛生設備の

施工と計画関連の本で、空調衛生消防ガス機械特殊また環境関連まで

記載されているものをよむと、全体のイメージが、自分のいる場所が

そらからみるような理解になるのでよいとおもいます。

設備の勉強は結局

設備の勉強は結局は現場と本の両輪で、まあできるはんいでやりましょうということです。

べつに資格があれば完璧でもないですし、現場だけ知っているのもいいですが、それだけでいいということでもないでしょう。

バランスよくいくのはむつかしいですが、少なくとも、相手の得手不得手をわかりあって仕事がすすむとすてきですね。

最後に

まあこれだけは持ってないともぐりだよねということを

おそらく50年くらいやってる施工管理の人にいわれました

それは設備手帖です

毎年買う必要はないでしょうが、1回は買っておくといいです。

https://www.morikita.co.jp/books/book/3438

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です