設備とエネルギー効率を考えてみた

COP係数とかせこかん試験

で習ったけどよくわからん

という方向けの記事となります。

本記事の内容

  • 設備のエネルギー効率はいろいろある
  • COPは一瞬APFは年間の総合負荷

 

設備のエネルギー効率はいろいろある

COPとはおさらい。

  • 定められた温度条件
  • 1kw当たりの冷房暖房効率
  • 設備のエネルギー消費量

あー当方衛生畑なのに空調もせこかんしけんで

むだにやっていたおかげで、少し思い出しました。

「無駄なことは一つもない」

「遠回りが一番近道」

こじつけはさておき。

定められた温度条件

温度(新JIS ISO) 運転負荷率 旧jis
暖房 7度 100%
冷房 35度 100% 33度

 

過去問だど

空気調和機の成績係数COP(Coefficient of Performance)
冷凍機成績係数(COP)

などど出てくる。冷凍機と冷房一緒?

どうやらこいつもねじとかとおなじく

旧JISとかあるらしい

ねじ

管用(くだよう)ネジの規格の話

ん?APF?なんかまた別のものさしでてきたぞ。

 

COPは一瞬APFは年間の総合負荷

COP APF
一瞬 年間の総合負荷

 

家電量販店ではAPFのほうが記載されていることがおおいようです。

生活でできることはーと考えてみた、

最近の日常で、水を大事に使うということを最近している。

たとえばトイレはおおきいのでないばあいは小で流すとか、

まあ設備のエネルギーについてのことなので、

ごくごく当たり前のこと。

水を出しすぎずに洗い物をする、水を出しすぎずに洗面台を使う。

など、あとは風呂は毎日でなく2日に1回とかお湯を変える頻度を減らす。

東京住み家族3人で3千円はこれだけでかわりました。

まあ無駄が多かったので、

毎日輪番停電、毎日震災気分ですごす必要はないのですが、

それが一番のLCCO2?に貢献しているのでは、と思います。

あまり難しいことはできないから、せいぜい語ることくらい

しかできないので、できることからやっていくということ。

建築設備の業態はどうしても建築業者さんの下で活動するケースが

圧倒的に多いのですが、電気も水もガスも下水も空調もその他の

設備は地球エネルギーに直結している業種なのだなぁと最近感じます。

まあ日々の活動の作業ではあまり意識しないのですが、そういう

あれのもと、あれ?気分?心がけ?いや志?のもとで

活動していければと思います。

まずはできることを、やっていくのが大事だと

思います。

設備のエネルギー消費量

建築物の一次消費エネルギーはMJ(メガジュール)/(パー㎡)(へいべい)年(ねん)です
で決めているそうです。
 
 
  • 地域
  • 空調設備
  • 換気設備
  • 照明設備
  • 給湯設備
  • 昇降機
 
ソースはワイ←うそ
 
国土交通省です
 
参照URL
https://www.mlit.go.jp/common/000221376.pdf

 

メールアドレスが公開されることはありません。