給水装置の勉強方法(問題テキスト本解く読む×問題暗記帳時間をかけるだけ)

darkmoon1968 / Pixabay

給水装置の勉強方法は

JuralMin / Pixabay

給水装置をどう勉強したらよいのか

過去問をやる。

間違え部分をひたすら暗記。

テキストを読む。

時間をメモする。

給水装置の勉強方法は

annca / Pixabay

370時間くらいでとれました。

こんなかんじ

給水装置主任技術者の勉強方法や勉強時間コツや手順ポイント3つ【初心者向け】

長い短いは別として、

よー勉強時間割いた。

それでオッケー。

という気分です。

よー時間を割いた。

それでオッケー。

くどいが。

給水装置の試験のポイント

geralt / Pixabay

あとはね、日本語の試験ですよ。

問題が○を求めているのか、

×を求めているのか。

という部分について理解する。

という国語の試験。

だから、

給水装置主任技術者試験

なんて名前は辞めてですね。

国語給水装置主任技術者試験

ですとか、

給水装置主任技術者日本語理解度試験

ですとかに

名前を変えるべきです。

まー、過去問を理解なしに進めていた

身としてはですね。

その不明な日本語のせいで?

間違った理解をしてしまうという恐れがあるわけです。

その点はどうなの?

という試験ですが。

回避方法はひとつです。

問題を解く前に、

「この問題は○をもとめているのか?×をもとめているのか?

ということを問題の上にでかく○×で書く」

ということです。

ほんとそれだけ。

手順はここに

給水装置主任技術者の勉強方法や勉強時間コツや手順ポイント3つ【初心者向け】

給水装置の試験の勉強総評と金額

stevepb / Pixabay

なんか水道やさんとしては、

難解な試験でした。

あとは講習会も出ましたよ。

書籍あわせて4、5万になるんでしょうか。

講習3ー4万、教材本1万、試験代1.3万くらい?

免状4-5千円?idカード3千円?

まあ、受けてよかったと思いたいです。

自力もいいですけどね。

一応取得しているので手順の記事おいておきます

給水装置主任技術者の勉強方法や勉強時間コツや手順ポイント3つ【初心者向け】

 

 

メールアドレスが公開されることはありません。