給水装置とはなんでしょうか。

給水装置とはなんでしょうか。

市区町村によって多少差はありますが、

大まかに言うと、道の水道管から、敷地のメーターまで

という部分になります。

当然、水道管以前の水の流れ、

メーター以降の水の流れがないと

利用はできませんが、

その中間の市町村が管理する水道管と、

敷地の所有者が管理する敷地内の水道管

の間の装置についての呼び名、

という認識でいいかもしれません。

じゃあ、どちらの持ち物?

という部分ですが、メーターは

市区町村です、(これを水道事業者としいいます、

水道局ですね)メーターより敷地よりの管は

敷地所有者です(これを需要者といいます)。

でもその間は??

水はみんなの口に入るものですから、その道の水道管の

工事には指定給水装置事業者という水道事業者が指定した事業者

しか工事が出来ません。またその事業者には国家資格を持つ

給水装置工事主任技術者という人が必要です。

厚生労働大臣からの免状の交付があります。

場所や施工方法や、技術的な面での変更のある場合は

指定業者ではなく、水道事業者が施工を行う場合もあります。
局施工とかいいます。

水道管から敷地に取り込む工事を、取り出し

とかいいます。

所有の区分は結構、自治体によりまちまちの部分もあります。

あと忘れてはならないのは、道路を掘るわけですから

それなりの費用がかかります。

なんとなく想像できるでしょうか。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です