甲1類消防設備士勉強法解説002/100

甲1類消防設備士勉強法解説002/100

まずは消防同意が必要な建物について書いておこうか。

消防同意が必要なケースという前に消防同意はなんなのか。

消防署と建物建てるなにがしかの人間が、同意を得る必要があると言う

 

一戸建てや併用住宅以外はほぼ全て、

いつ?

建築確認の際に

ということは、

戸建以外はほぼ建築のほうで

消防同意を得ているということですね。

大体は消防署の予防課予防係が窓口だそうです

外壁に設ける開口部の建具表が必要だそうです

 

ことですね。

なんで丁寧なんだ。

いいんだ、それは。

特定防火施設とは

不特定多数の人が来る施設

非特定防火施設は

不特定多数の人が来ない施設となります。

学校などは非特定防火施設になるそうです。

パッケージ型自動消火設備は

スプリンクラーの代用となります。

放射性能はⅠ型で85パーセント

Ⅱ型である90パーセントの放射性能がいります、

Ⅱ型は小さいので、出し切る必要があります。

Ⅰは10000平米未満、

Ⅱは275平米未満

275って水道連結型のとこで話が出てきた平米数ですね。

感知器は2種類のand方式だそうです。

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です