消防設備士のスプリンクラー部分について

消防設備士のスプリンクラーのところについて

消防設備士のスプリンクラーの資格はどういるもの呼び名は?

どの資格がいるのかというのがいまいちわからないんですが、

水系のくくりに入るので甲種1類となるそうです。こういちるい

あとはスプリンクラーのこうじには消防設備士の

資格はかならずいるそうで、

施工にはきめごとで免状(資格カード)を持ち歩くこと

を義務付けられています。とわいえ全員ではなく、実地学習中のてもと

の人と教えるひとがいて、教えるひとがもっていればいいのでは?と思いますが、

スプリンクラーのメンテナンスには

乙1類で可能となります。乙と甲があるのですが、

乙は整備メンテナンスだと覚えてしまえばいいかと思います。

どうやって持っていない人は技術を修得するのだ、という

話にもなるので、実際は全員が保持していなくても、保持している人

の補助でできるようですが、最終的には事前に最低限の知識が必要なので

持っていたほうがいいと思います。

それだけ責任の大きい仕事ということですね。

まあ、万が一火事のときにうごかない設備つくってもいみないですからね。

スプリンクラーはどこにつけるの?

設置基準は一般的には11階以上の高層階のある施設や、

不特定多数の使用する駅などの地下や、

避難に介助が必要な高齢者施設など

があげられます。

法令でこまかく決められていますので

この部分の把握が必要となります。

スプリンクラーの問題でよく出るのは?

この実技試験ではスプリンクラーの有効範囲の計算の問題

がよく出題されますので、

基本要件と

例外的な要件(張りがある場合の範囲など)

をしっかりと勉強しておく必要があります。

スプリンクラーの問題でまあまあでるのは?

また、写真鑑別試験では、

スプリンクラーヘッドの種類や、

それらをカバーする部材、また、

スプリンクラー設備全体のシステムとしての

把握(ポンプや、水槽や、その他の基準、

逆止弁の位置向きなど)が必要となります。

また、地域や用途によって変わる

湿式、乾式、予作動式などの違い、

閉鎖型、開放型の違いとシステム上の

違い、動作方式なども把握しておくことも

必要となります。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です