水道メーターの8年(計量法ルールでの交換義務があります)

検満

けんまん

といいます。

水道メータの寿命といいますが、

8年に1回は水道メータを交換しなさいよ

という法律で定められたルールです。

水道メーターの交換は勝手にできません。

水道局の依頼した業者が基本的に行います。

スーパーのレジを客がさわれないのと同じです。

料金を図る機器なので、そうなります。

え?

なんの法律?

水道法だったような。

東京だとフタの裏に書いてあります。

その寿命が。

計量法です

引用ここから

引用URL

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=404AC0000000051

計量法16条1項イには検定印(期限も書かれている)を押したのもを使ってねと書かれている

第三節 計量器等の使用
(使用の制限)
第十六条 次の各号の一に該当するもの(船舶の喫水により積載した貨物の質量の計量をする場合におけるその船舶及び政令で定める特定計量器を除く。)は、取引又は証明における法定計量単位による計量(第二条第一項第二号に掲げる物象の状態の量であって政令で定めるものの第六条の経済産業省令で定める計量単位による計量を含む。第十八条、第十九条第一項及び第百五十一条第一項において同じ。)に使用し、又は使用に供するために所持してはならない。
一 計量器でないもの
二 次に掲げる特定計量器以外の特定計量器
イ 経済産業大臣、都道府県知事、日本電気計器検定所又は経済産業大臣が指定した者(以下「指定検定機関」という。)が行う検定を受け、これに合格したものとして第七十二条第一項の検定証印が付されている特定計量器

引用URL
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=405CO0000000329

計量法施行令には水道メーター周りのルールが記載されています。

(検定の申請)

12条13条関連で施行規則別表に8年規定がかかれてますね

別表第三(第十二条、第十八条関係)
特定計量器有効期間

イ 水道メーター八年
引用ここまで

 

計量法の計量法施行規則

政令で(内閣で決めた)規定されていますね。

  • 政令で(内閣で決めた)
  • 法律は(国会)
  • 省令は大臣

が決めたというながれです

知らなかったです。

だれが換えるの?

水道局です。水道事業者ともいいます。

メータメーカーメーカ?は有名起業ですね。

地味に硬い企業。

つよいですね。

上場企業ですね。

どうでもいいですが、

川崎は13mmはロングですが、

東京だと13mmはショートですね。

でも、メータ交換業者さんナンパして

話を聞きました。

単純に交換は大変だと。

鉄管だと交換時に、折れるケースがある。

すると、交換による漏水だと。

いまでは材質は新しくHIVPやSSPやXPEPと

なりましたが、

実際は鉛管のとこもあれば、上記のような鉄管のところもあり、

エリアによっては銅管縛りなどもあり。

上記の鉄管現象と新素材HIVPなどとの過渡期ののりきり材料?

としての自在管継ぎ手の場合もあります。

メータまわりの部材は気をつけないと、事業者指定の

逆支弁パッキンと直近の砲金の逆支弁でダブルチャッキになり、

異音が発生したり、

逆支弁パッキンが無いことにより、

近隣の本管の水圧によるメータこまの振れが

頻繁に起こったりもします。

また、伸縮継ぎ手の部分の隙間が狭く、やはり検満の時期に

交換が困難になったりするケースがあります。

メールアドレスが公開されることはありません。