水道工事の占用について

わからないことを解決できればと思います。

わたしは水道工事の占用を首都圏で何件か取ったことがあります。

(10自治体前後)その経験からわかることをお伝えします。

水道工事の占用はどのようなものがあるのか

水道工事の占用はどのようなものがあるのか

ということですが、それ以前に占用とは

水道工事で発生する占用物はふつうの水道工事店ですと

「給水管」水道局の水道工事ですと「配水管」

や「送水管」「導水管」となり、

水道局よりは太めの管、水道工事店の仕事

はそこから分岐(えだわかれた)細めのかん

とおぼえておくといいでしょう。

そして、占用するよ?と

お願いする先は大枠で3種類

あり、それぞれの自治体により

申請する方法が違います。

種類とは

  • 国道
  • 都道府県道
  • 市町村道(特別区)

となります。

なぜかというと、それぞれの道路管理者が別

だからです。

道路管理者に水道工事の管を入れる場合

「占用」が必要になる

ということです。
水道工事の占用はどこでとるのか


水道工事の占用はどこでとるのか

といいますと、

  • 道路管理者≒役所
  • 水道局(ケースによる)

となります。

大都市や、道路管理者と水道局との取り決めで

まれに水道局の場合もありますが、

基本的には道路管理者≒役所となります。

一番の窓口は道路管理者に水道工事の占用を

出すのですが、エリアによっては月何百件も扱うので、

水道局で代行するケースもあります。

(東京23区など)

水道工事の占用は大きい道路上の水道本管(配水管)

から、細い管(給水管)を取り出すので、

そこまで大きい規模(20mか20平米=>大規模占用)

になることはないです。なので、

事務処理の関係上からか水道局で請けてまとめて

道路管理者に出すこともあるようです。

その場合は水道局で聞くことになります、

そうでない場合は道路管理者直接なので、

役所の道路課となります。

だいたい役所の窓口で道路課はどこかきけば教えてもらえます

が、国道は国道事務所が管轄ですので、

一般の人がいきなりいってもあまり話が通じなかったり、

嘱託のひとが担当で週数回しかいないケースもあるので、

事前に電話してからのほうが無駄が少ないです。

水道工事の占用はどのようにとるのか


水道工事の占用はどのようにとるのか

結論からいいますと

道路管理者によって違うので、道路管理者に聞きましょうということです。(業者さんなら)

個人の方なら(水道工事店)で取り出しをする業者さんに聞きましょうとなります。

なぜならば、

前章でもいいましたが、道路管理者は

国、都道府県、市町村や区部によりやりかたが違うからです。

なのでとり方も違います、

大体のケースをお伝えします

・占用鏡

・占用副本(鑑のコピー)

・着手届

・完了届(舗装本復旧の業者仮復旧までの場合)

  • 減免申請
  • 案内図
  • 舗装構造図
  • 掘削図(平面、断面、占用位置等記載されているもの)
  • 現地の写真
  • 施工後の写真
  • PRの書類
  • 道路使用の控え

などが、申請、着手、完了

で必要で、工事の期間はだいたい数ヶ月

占用の期間はだいたい10年です。

(たぶん更新とかはいらない?くわしくは道路法で調べてください)

なので、ネットで、占用する場所の

道路がなにか?またどこに属するのか?ということを確認しましょう。

水道工事の占用を取る上での注意点は

水道工事の占用を取る上での注意点は

結論からいうと

一番は時間がかかるということです。

特に国の道路「国道」の場合は首都圏ですと

半年は掘るまでにかかります。

理由はわかりませんが、国道>都道府県道>市町村(区)道の

順で占用の工事の許可がおりるまでにかかります。

なので、建築さんでしたら、そのてんの工程を見極めて

はやめに水道工事店に依頼してください。

ちなみにガスさんや電気さんNTT(通信)さんとかも同じ

条件ですので、インフラ調査時に十分配慮して

積算していただくといいでしょう。

具体的には、水道局と現地を確認して、どの道路になるのか?

管をふとくする工事は発生する規模のたてものなのか

その場合、どの道路からふとくする工事を行うのか

という判断を水道工事店と行ってください。

その上で積算されるとよいでしょう

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です