止水栓の位置については境界直近にあります責任も

止水栓の位置については

宅地内の敷地境界線の近くと定められているらしい。

たしかに、宅地にメータだけでなく、

止水栓がある場合は境界線の近くで見かけるケースが多い、

道路と宅地のメーターを見るようにしている今日この頃、

確かに宅地の境界線近くにメーターのそばにあるケースと

単独で止水栓があるケースがある。

でも宅地内だと不適切と道路管理者が判断した場合は

道路に付けるらしい(仕切弁も)、あーだから道路に止水栓がある

  • 配水管から宅内官民境界直近
  • 私道の場合は私道の直近
  • 水道事業者(水道局)の漏水時の対応責任分界点の場合が多い
  • 配水管から平面的には垂直に(道路上で左右に振らない)のが原則
  • 道路管理者と水道事業者(水道局)の指示に従う
  • 緊急対応時と後日の維持管理上の理由

ケースもあるんだな。そういうことか、

道路管理者って大体、区市町村なはずだが、水道局ではないんだ、

区市町村によっては給水も都道府県でないケースもあるのかな、

道路管理者の定義が不明瞭、

あ、そうか、私道は所有者個人、市道は市の道路課、県道は県道路局

国道は地域地方整備局?まだあんのかな。

あーこれは別途勉強が必要だわ、

で止水栓の位置というか2階以上の建物や、地下のあるものには

修理や改造に備えて各階ごとの設置がいいらしい。

地震、災害に備えて、境界付近への設置も望ましいらしい。
なんてアバウトな表現だ、、

しかもその際は分岐点近くがいいらしい、そりゃそうだ、

意味のわからないところで止水栓つけたら、とめている期間にもよるが

死に水になってあまり水がきれいにならないからだと思う。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です