止水栓の位置については境界直近になります責任分かれるところ

止水栓の位置については

宅地内の敷地境界線の近く

と定められているらしい。

たしかに、宅地にメータだけでなく、

止水栓がある場合は境界線の

近くで見かけるケースが多い、

道路と宅地のメーターを見るようにしている

今日この頃、

確かに宅地の境界線近くに

メーターのそばにあるケースと

単独で止水栓があるケースがある。

(水道局(水道事業者)ごとに多少見解がわかれるが

大体同じ)

以下に道路の水道本管(配水管)から枝別れした給水管からバルブまでの

所有と管理の責任のわかれるところを下記にしめした

水道局(水道事業者) 所有者 備考
配水管から宅内第一止水栓までの給水管 水道局(水道事業者)により差分あり
漏水対応等管理等 ケースバイケース
占有者 枝の管(給水管)
撤去や管を太くする費用 所有者負担

でも宅地内だと不適切と道路管理者が判断した場合は

道路に付けるらしい(仕切弁も)、あーだから道路に止水栓がある

  • 配水管から宅内官民境界直近
  • 私道の場合は私道の直近
  • 水道事業者(水道局)の漏水時の対応責任分界点の場合が多い
  • 配水管から平面的には垂直に(道路上で左右に振らない)のが原則
  • 道路管理者と水道事業者(水道局)の指示に従う
  • 緊急対応時と後日の維持管理上の理由

ケースもあるんだな。そういうことか、

給水管の配水管からの分岐と宅内引き込み時の申し込み先

正式名称 呼称 申請持ち込み 申込者
水道事業者 水道局 事業者 お施主さん
交通管理者 警察署 事業者 お施主さん
道路管理者 道路課、建設局、地方整備局 事業者、水道事業者 お施主さん

道路管理者って大体、区市町村なはずだが、水道局ではないんだ、

区市町村によっては給水も都道府県でないケースもあるのかな、

道路管理者の定義が不明瞭、

あ、そうか、私道は所有者個人、市道は市の道路課、県道は県道路局

国道は地域地方整備局?まだあんのかな。

あーこれは別途勉強が必要だわ、

で止水栓の位置というか2階以上の建物や、地下のあるものには

修理や改造に備えて各階ごとの設置がいいらしい。

地震、災害に備えて、境界付近への設置も望ましいらしい。
なんてアバウトな表現だ、、

しかもその際は分岐点近くがいいらしい、そりゃそうだ、

意味のわからないところで止水栓つけたら、とめている期間にもよるが

死に水になってあまり水がきれいにならないからだと思う。

関連記事です

系統バルブとはなになのか?たてかんの一番したにつけるのかなぜ?かを考えた(断水範囲を減らすためと維持管理)

 

メールアドレスが公開されることはありません。