止水栓と仕切弁の近いがよくわからないです

止水栓と仕切弁の近いがよくわからないです。

なんだか同じのような違うような、仕切弁はバルブと

同意のような、わからないという方への記事となります。

本記事の内容

  • 水道局さん呼び名と設備屋さん呼び名の混合
  • 形状と役割を示す表記の場合

 

水道局さん呼び名と設備屋さん呼び名の混合

止水は完全に水を止めるのだろうな、くらいの認識
です。

栓≒水道局さん呼び名

弁≒設備屋さん呼び名

レベルの認識です

締めれば止まる。

いやちがう!というのもありですが、

基本閉めればとまる以上です。

形状と役割を示す表記の場合

正確には

止水栓
甲型止水栓
こま型
ボール止水栓
90度のハンドル式
仕切弁
弁そのものが下がる
玉型弁
つりこま型

と仕切弁は止水栓の下の階層での理解が必要です。

  • バルブの形状を示す表記
  • バルブの役割を示す表記

形状

  • ボール弁
  • 玉型弁(ストップバルブ)
  • 仕切弁(ゲートバルブ)

役割

  • 制水弁
  • 止水栓

どうなんでしょう、用途は近いが微妙に違うのか。

仕切弁は用途は水だけでなく、ガス、蒸気などでも呼ぶようです。

止水栓(止水弁)は比較的小さい給水の静止用。

うーんじゃあ同じかどうか。。

仕切弁は大きい口径の時につかうようですね。

宅地内だと比較的止水栓、道路だと仕切弁

というざっくりな覚え方でいいのでしょうか、

でに止水栓も道路でよく見るんですよねー。

複雑ですね。

都内だと仕切弁の呼び名ですが、川崎などに行くと
ソフトシールとか書いてあり、なぞは深まります。

同じバルブなんですが、呼び名が多いということで、

いいのでしょうか。

これらに逆止弁付きとかの亜種が出るとさらになぞです。

カタログを見ると確かに仕切弁はおおむね30MM以上の商品が多いですね。
止水栓は13MMから大体25MMくらいですが、ハンドル式は50MMまで

あるようで、かなりここいらはグレーなゾーンですね。わかりにくい

甲止水栓というのもあるようです、

こま式の屋外で使うものらしいですが、こま式って

ボール式の反対でいいのかな、うーん。

 

■参考サイト

甲止水栓
バルブ、弁
バルブ、弁
甲型止水栓
甲止水栓
仕切弁
仕切弁
仕切り弁 止水栓
タブチ

追記

甲型止水栓≒玉形弁(ストップバルブ)

ですので、名前の通り止水機能は高いというメリットはありますが、圧力損失(流体抵抗)は大きいというデメリットもあります

内部機構弁体構造は甲型 甲止水栓はハンドルやコックの部分が専用工具が

必要な局管理の外部機構のもののように見えますが、

メーカーにより表現が違うので一概にそうとは言えなそうです。

内部機構は大体玉形弁ですが、

メータバルブをAバルブ

宅地内第一止水栓をBバルブと

呼ぶ以前の 甲が今でいうBバルブ

乙が今でいうAバルブ かもしれない、

という推測はできます。

水道事業者によっては

宅地内第一バルブを乙バルブ、

メータバルブを丙バルブと

呼ぶ水道事業者もいるので

より分かりにくいです。

甲止水栓ボックスは

明らかに宅内第一止水栓用のバルブ

ですし、

また宅内第一より分岐との間に

私道のバルブがあるケースを

甲バルブというのかという推測も可能です。

ボール弁がベーゴマの逆さの

ような形になったものを乙止めと

言うということを聞いたことがあります。

神奈川のメータバルブの話でしたので、

県水のメータバルブ

の呼び名でのAバルブの

ことなのかもしれません。

メータから分岐へA=>Bと

呼ぶケースと

分岐からA=>Bと

呼ぶケースもあるので、

より話を分かりにくくしています。

バックボーンとなる水道事業者や

部材の名残や、

先輩方から教わる話により、

この業界は微妙に表現が違うことが多いという 結論でいいのでしょうか。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です