排水の分岐はどうしようか

排水の分岐はどうしようか

結論からいいますと。集まるものだからTYとか一般的ますなら2方からならWYとかですかね。

水とは逆で、排水は二次側(流れる側)へ太く、1本に集まるので

分岐といいうか集合していくのですが、

そういういみでは、TY字やY字という接手が一般的でしょう。

物販のページである程度わかっている方は

開いて、好みのものを購入するとよいでしょう。

このページでは主に排水の分岐まわり、

(主に外回りやルール的な部分)を

中心に話しますのでその点ご理解いただけるかと

助かります。

排水でも屋内、外回りでだいぶ施工もルールも

変わってきますので。自分の得手不得手の

範囲内の話であることを予めご了承ください。

排水の分岐はどうすればいいのかポイントを解説

排水の分岐はどうすればいいのかポイントを解説

  • 外回りは基本的にはますで受ける。
  • 流下(流れていく方向へむかって)管は太くなってく。
  • 近年の日本ではVU管(塩ビの肉薄管)などが主流なので、それに即した塩ビます、継ぎ手が必要になる
  • 昔のますは改良ます(コンクリのつみあげたます)が主流(いまでもたくさんある)
  • 屋内は通気に注意
  • 屋内は勾配とたの建築資材との収まりに注意

くらいでしょうか。

排水の分岐の際の注意点

排水の分岐の際の注意点

そとまわりのますの選定にはある程度決まりがある

(行政によっては強制)のでよく確認すること。

理由は検査立ち会いで是正を指示されると

余分な費用が発生し、もしくは行政から誓約書などを求められ、お施主さまも施工も建築もだれも喜ばないから。

具体的にどうすればいいのかという部分

・事前に下水道管理者に相談する

・相談前に質問のポイントをまとめる

・相談前に建物の外交計画図と配管スケッチを作成しておく

などです。

排水の分岐の部分のルール

排水の分岐の部分のルール

土中埋設で、会合(2つ以上の管が交わる部分)、屈曲(まがる部分)にはますをいれましょう、

理由はいれないと「管つなぎ」といい、メンテナンス性の悪い

施工と判断され是正となる行政もあるからです。

それ以前のメンテナンス性の低さは問題ですが、

具体的にはつまったらどうすんの?という部分です。

ますをいれると施工は大変です、収まりを考える手間、

立ち上がりのますのあたま(掃除口)の高さの調整(レベル

が出ているかどうかで手数は増える)、部材も増えますので

工賃も部材代もあがります。

しかし、現場是正のリスクや、つまりによる、

毎回のつまり直しの手間をのちのち考えたら必要になる

施工なのかもしれませんね。

メールアドレスが公開されることはありません。