建設業法も給水装置主任技術者や管工事施工管理技士で出てくるので理解が必要

建設業法と言われてもあんまりむずかしいこと言われてもという

ことが多いと思います。

でもそれぞれ建設業にかかわる仕事をしているので基礎的な部分については

理解が必要となってきます。

このページではその基礎的などの部分を主に理解すればよいのかを

有資格者となるひとが書いて、学習のたすけとなればなあとゆるくかいせつしていきます。

建設業法も給水装置主任技術者や管工事施工管理技士で出てくるのはどのあたり?

建設業法も給水装置主任技術者や管工事施工管理技士で出てくるのはどのあたり?

大体業法(ぎょうほうというらしい、ちょっとかっこいい)では

  • 一般建設業、特定建設業の許可の違い
  • 都道府県知事許可と大臣許可の違い
  • 主任技術者と管理技術者の専任の兼任の規定

あたりでしょうか。

ここ数年で規定の金額が高くなり、以前と比べて兼任しやすく?なったとも言えるらしいです。

わたしは専任になったことはないのでよくわかりませんが。

民間の現場よりも公共事業(役所直の仕事)の場合は特に規定について厳密な印象があります。

まあどちらも常駐レベルの現場についたことはないので印象だけですが。

いずれにせよ、コンプライアンスとかこまかい時代ですので、大きい現場ほど、

そういったことに細かくなるのはいたし方ないことだと思います。

一般と特定の許可の違いと都道府県知事許可と大臣許可の違いをごっちゃまぜにしやすくなりますので、

図などでノートに一度書いて見直すようにする時間をくりかえしもつようにしておくといいです。

監理技術者の選任の規定と主任技術者の選任の規定では金額をごっちゃにしてわざと間違いを

誘う問題もおおいので、許可の違いと同様に一度表にしておぼえていくとよいでしょう。

加えて

・発注者から直接受注できる場合の金額と特定、一般建設業の規定の部分

この金額と図でどこまでがOKでどこまでがNGかという問題はよくでますので、覚えておくと良いです。

建設業法も給水装置主任技術者や管工事施工管理技士での対策は?

建設業法も給水装置主任技術者や管工事施工管理技士での対策は?

結論からいいますと、問題集を1冊購入し、くりかえし解く

理由は間違えは当然理解していなのだから、間違えた問題は

ノートやあんきカードなどに記載して、くりかえし見る

具体的には

問題とく→まちがえノート暗記ちょう作る→ノートあんきちょう見る→問題を解く

このくりかえしとなります。

シンプルですが、これが一番効果がありました。

ただし、これはガチで理解がすすまない部分もあるのです

これの補助+かったるいけど勉強しなくちゃというときは

テキストをくりかえし眺める

これが補助となります。

眺めるという部分がポイントで、理解しなくていいので、

眺めていればいいのです。

ただし問題ときルーティーンも繰り返していくと

あるときああ、あれはこうだったんだ。

ということにつながりますのでお勧めです。

メールアドレスが公開されることはありません。