土木の水道部分でのメモ【初心者向け】

引き込み取り出し

 

 

土木の施工管理で

水道回りはどういるルールがあるの?

 

という方向けの記事となります。

管工事と給水装置と排水設備はあるけど、

結構掘る工事での説明や立ち合いなどが増えていて

道路管理者や交通管理者や他企業の人とのやりとりもあると

土木よりの話も、あーワイウゥスイワー

となることがあるので、土木関連の本せこかん2と1のテキスト

くらい眺めとこと思い。

見て、その学びとメモをつらつら書いてみる。

  • 土木施工管理技士下水での推進工事の時のお話削孔との違い
  • 水道配水管の占用位置本管と支管
  • 上水道の配水管布設工事の土被り
スポンサーリンク

土木施工管理技士下水での推進工事の時のお話削孔との違い

 

 

なんちゃらさっこーで!

と言われて「?」だったので

本をみてたら出てきたので。

コンクリートや岩などに穴を上げることを「削孔」というらしい。

もとは岩を壊すときのダイナマイトを入れる穴のことらしい。

下水取り付け管の推進工法時の話なので、

タテに掘っていく工法

で「削孔工」といい、

普通?にユンボで穴を掘るのを「開削工」というらしい

削孔工推進工の違いは?

と思うが。コア抜きもコンクリート削孔というらしい。

まあ類似語という認識。

道路管理者には削孔工でなく推進工と書いたけどハテ

 

水道配水管の占用位置本管と支管

 

 

 

はーそーかーという内容。

土木ルールであったんだという気づき。

  • まあ本管のほうが太い
  • 支管はどちらかのお宅から近いとよい

くらいの認識だったが、

土木の施工管理技士のテキストで書いてある位だから

一応国交省あたりの方針であるのだろう

水道管 - Wikipedia

WIKIだとφ200以上の場合もあるが、一概に言えない

とのこと。まあそりゃそうだ。水道事業者や配水の計画にもよるでしょうね。

給水装置や厚労省あたりだと道路管理者のルールでと記載されている。

 

上水道の配水管布設工事の土被り

 

もうだいたい給水装置の本でも書いてあるし

出つくされているけど。配水管は1.2m

きつくても0.6m以上でね。

というルール。

浅層(せいそう)埋設

とか地域によっては言うらしい。

まあ、まいかいきれいに1.2mで出てくることは

マレなのが現実。

車道は0.6m以上の管上から路盤までの

土被りを確保するようにという話が一般的です。

宅内だと給水は30センチ、排水は20センチが

水道屋さんルールとしては一般的です。

管が座屈しない最低ラインと思われます。