図面が印刷できないときに知っておくといい最低限のこと3つ【初心者向け】

 

図面を印刷していると

あれ、サイズが合わない。

向きが変

印刷ができない。

というときがあると思います。

専門図面プログラムの

CADのプログラムJWやAUTOCADなど

のプログラム以前の、

最低限のパソコンでの

印刷する上での基本が知れます。

なので、応用が利き、この場合はこう

だけでなく、基本的には

こことここを抑えておけば解決という状態

に理解が進みます。

プログラムとパソコンのプリンタのドライバ

あと印字データの書いた人の指定するサイズ

という部分の確認とおなじにすればいいという

部分で、

毎日多数の建築、設計、見積担当(営業)、さんから

さまざまな媒体でのデータを印字している

設備屋の片隅の人

が経験してきたことなんで

参考になればとおもいます。

本記事の内容

  • 図面右下の縮尺と推奨サイズの確認をしよう
  • 開いているプログラム、アプリ側の確認も
  • プリンタのデバイスのサイズの確認を
  • まとめ

図面右下の縮尺と推奨サイズの確認をしよう

紙でスキャンしたPDFファイルでも

データを開き右下に

最低限でも縮尺

「1・100」

「1/100」

「1/50」

などと出てきます

これらは

百分の一の縮尺ですよ

50分の1の縮尺で書かれていますよ

という意味です。

加えて

親切な図面ですと

A3

A2

A1

などと

「この紙のサイズで印刷すると

この縮尺で印刷されます」

という部分まで書かれています。

「なんじゃこりゃ?」

という部分ですが、

この「縮尺」と「推奨サイズ

ここを覚えておきます。

図を引用
引用URL:
https://www.mlit.go.jp/tec/it/cals/050831/img/05.pdf
引用元:
CAD 製図基準に関する運用ガイドライン(案) – 国土交通省
引用開始

引用ここまで

推奨サイズがない場合は

縮尺だけ覚えておきます。

のこりの2つを

A3など小さめ

サイズから大きいサイズという

ながれで、試しながら

縮尺があっているかを

確認します(三角スケールで)

三角スケールは通称

さんすけ」とよばれ

建築、不動産などの図面の縮尺での

寸法確認や、作図に必要な

ものです。

開いているプログラム、アプリ側の確認も

次に

のサイズ設定と縦横の向き

を見ておきます

サイズと向き縦横が同じでないとうまく

印刷できないから

です

どちらにするか決めておきます。

次で説明するデバイス

の設定と同じにするとよいです。

プリンタのデバイスのサイズの確認を

プリンタののデバイスのサイズと設定を

確認します。

プログラムだけで設定してもどう印刷

する

という部分でパソコンが

両方で判断するからです

具体的には

WINDWOSでもMACでも

「CTRLキー+Pボタン」

「いまみているプログラムの」

プリンターの設定が見れます。【b】

プラスして

「詳細」「システムダイアログ」

などをおすと

「選んだプリンタのデバイスの設定」

がでてきますので

【図】

これの

「サイズ」

と下記と同じく

「縦(たて)横(よこ)」

を見ておき

先ほどのプログラムの「サイズ」と

「縦横」と同じにします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • パソコンのプログラムのサイズ
  • パソコンのプリンタのドライバのサイズ
  • 印字データの書いた人の指定するサイズ

を「おなじ」にすれば

いいという内容でした。

ここまで書いてもわたしは

たまに間違えたりします。

慌てていると忘れてしまうんですよね。

「あちゃー」などと

一人でやってます(笑)

まあ慌てずにみなさんも

少しづつ理解できればできるように

なります

わからないことなどはコメントで書いてください。

可能な範囲でお答えさせていただきます。

こちらのブログでは

建築業界での主に

設備まわりの基礎の話や

図面の基礎

のはなしなど当方も

学びながらメモがてら

書いております

パソコンまわりの解説など

を書いていますので

よかったら

他の記事もご参照ください。

ご拝読感謝です!

jwcadで画像挿入したが縮尺があわないので調整した3つの手順でご紹介(図と画像をフィット機能でなぞるだけ)

管用(くだよう)ネジの規格の話

排水設備の設計で考えられていること→「流れるかが大事」【初心者向け】