二級管工事施工管理技士の資格の基本情報

資格のレベルは?

国家資格

どこがおおもとの団体?

一般財団法人全国建設研修センター

で国土交通省がおおもとの団体

試験の頻度は?

年1回

試験のの概略は?

学科と実地の計2回で

学科に合格と実地の試験が受けられる、が

実地といっても実質筆記試験となる。

二級管工事施工管理技士の資格の基本情報で変更がある

二級管工事施工管理技士の資格の基本情報で変更がある

学科と実地の計2回でと前項で書いたが、

令和3年度の試験から

変わるらしい。

学科受かっても実施で落ちたら1年は学科合格は有効で翌年は

実施だけ受ければよかったのですが、どうやら、

学科が受かれば、「施工管理技士補」(仮(というくくりでの

資格?が与えられるようです。

人が減ってますし、すぐやめる人もおおいですし、高齢化もすすんでいるので、

工夫してみたという考えかただそうです。

資格の敷居を低くして、講習とか増やしてしっかり学んでもらおうという考えかただそうです。

たしかに、1回落ちたらやりたくないのは人情ですよね。

確かにそのような数字は顕著にデータにも現れているようで、

たしかに1回おちたらもう受けたくない、やる気無くなるのもわかります。

なのでこのような寄り添う?ような仕組みに変えてきたそうです。

二級管工事施工管理技士は資格好き嫌い以前に知っといたほうがよかった内容が盛りだくさんで感動した?

二級管工事施工管理技士は資格好き嫌い以前に知っといたほうがよかった内容が盛りだくさんで感動した?

資格の仕組みがうんぬんの話はいいのですが、

それいぜんにこの2級管工事の知識は本で1冊読んでおくと水道やさんにいる人はいいですよ。

という話です。

なぜなら、管工事というくくりでの仕事の概略というか基礎的な内容が盛りだくさんだからです。

ぐたいてきには、

給水方式とかクロスコネクションとか、流速の基礎的な部分とか、空調も排水もカバーされてますし、バルブの種類の基礎とか、

給水装置の主任や排水設備の責任からとった自分からすると、いきなりマニアック?な内容に飛ばないので、

すごくバランスがいいです。この2級管工事の知識、なのでおすすめです。

二級管工事施工管理技士の資格取得にはなにをすればいいのか

二級管工事施工管理技士の資格取得にははなにをすればいいのか

おちから書くと、そんなにやることはないのですが、

やる習慣を維持する仕組みは大事

あさおきたらかおもあらわずすぐやる!とかいいです。ねぼけてるし

あと時間管理で自分の学習時間を記録する→アプリである

これだけだと思います。

なぜならば、資格とか机の上だけのはなしなので、本かってだらだらでも、

時間をはかってやっとけば、やるきは出てくるからです。

失望とかはいずれあるので、すが、やることは2種だけ

・テキストよんで、過去問解くを繰り返す→学科

・実施の本買って、自分の作文を作って、実施添削会社に添削してもらって、それをひたすら書く→実施

あとは上記の時間管理だけです。

ああ、1000時間やったおれすごい、だからうかるおちるとかじゃなくこれだけやったおれすごい

とかでやってましたが、まあ参考になるかはわかりませんけどね。

メールアドレスが公開されることはありません。