ボール止水栓の構造はビーズの型にビーズが入って90度曲がる状態のバルブです

ボール弁のしくみ

ボールべんってあるけど

よくわからないんだが、

どういうしくみなの?

という方向けへの記事となります

本記事の内容

  • ビーズの外側にビーズがあるじょうたいで90度曲がると止まる
  • 90度で全閉、全開く
  • 流量(みずなどのでるりょう、りゅうりょう)は調整は向かない(バタ弁(バラフライ弁とかがいい)
  • ながれはスムースなバルブ(損失水頭(そんしつすいとう)は少ない)
  • その他の止水栓についても軽く(仕切弁、玉型弁、バタフライ弁)

ビーズの外側にビーズがあるじょうたいで90度曲がると止まる

ビーズ

数珠といいますか、ビーズといいますか、

それを思い出してくれるといいかと

思います。

これが2重になっている状態がボールバルブの正体です。

つたわりますか?

その穴が配管に対して平行だと

バルブが開いて

いる状態で水などの流体が通過するようにやります。

またその穴が配管に対して直角だとバルブが

閉まっている状態で水などの流体が流れないようになっています。

機械設備の衛生設備の給水では仕切り弁より、

この形を採用する水道事業者が

近年では多くなってきているようです。

理由はよくわかりませんが、

経年劣化後も機能が保持されやすいからでしょうか、

90度で全閉、全開く

  • 90度右か左で全閉(バルブがしまる)
  • 90語←か右で全開(ばるぶがひらく)

90度での固定して使うのですが、

バルブにより閉まる方向が違いますので注意が必要となります。

通常だと右閉めが多いですが、

一概にはいえません。

 

流量(みずなどのでるりょう、りゅうりょう)は調整は向かない(バタ弁(バラフライ弁とかがいい)

ボール弁は流量調整には向かないです

理由は90度の閉める開けるの状態以外だと、

中途半場な流れになるからです。

具体的には

バルブの中で乱流が起こり、二次側での流量が不安定になる

ということです。

ようわからん。といううのもわかりますが、

イメージしてもらうといいかもしれません、

ボールの中にストローが刺さっている状態なのがボール弁の仕組みなので

ストローが半分出ている状態が起きるので、その部分で

スムースな流れが阻害されるということです。

 

 

ながれはスムースなバルブ(損失水頭(そんしつすいとう)は少ない)

 

仕切り弁より固着して、

動きにくいという意見も聞きます。

材質はステンレスほボール弁が

一般的かと思います。

中途半端に閉める、開ける流量の調整には不向きです。

仕切り弁などのように、

閉めたか開けたかわからないなど、

開け切ってから固着防止のために

1回転戻すなど、

わかりにくい部分がないというのも、

給水のメータバルブとして

採用される傾向が高まっている

理由の一つかもしれません。

90度とはいえだいたいはネジと同じで右に回すと閉まり、左に回すと開きますが、

たまに逆のものもあるらしいです。

 

その他の止水栓についても軽く(仕切弁、玉型弁、バタフライ弁)

仕切弁

  • その名の通りしきり(ゲート)が上下する
  • というわけでゲート弁とも呼ばれる

玉型弁

  • 断面的にはS字になっている
  • コマが上下して止水する
  • 止める能力が高いゆえにストップバルブともいわれる
  • 水の通りはあまりよくない

バタフライ弁

  • まるい板が90度回転して止まる
  • スペースをとらない
  • バタ弁ともいわれる
  • 水の通りはわるくなりにくい

メールアドレスが公開されることはありません。