スプリンクラーヘッドの離隔距離(水平距離)エアコン天井壁離隔

街中でスプリンクラーヘッドを見るが、

大体がフラッシュ型となる。

たまにフレーム型、マルチ型を見るが、

大体は古い建物のケースか多い。

やっぱりこの距離の基準あったけどなんだっけ?

という方向けの記事となります。

本記事の内容

  • スプリンクラーヘッドの離隔距離は種類による
  • 壁、天井からの離隔は30センチ

スプリンクラーヘッドの離隔距離は種類による

ただ、

フラッシュ型の1型

フラッシュ型の2型

かと問われても

よくわからないというレベルですし、

ましてや

小型区間型

では?

離隔
小型区画型 2.4m
フラッシュ1型
フラッシュ2型

 

などと言う区別もできない。

建物の用途で判断もまだできていない。

そうか、小型区画型は共同住宅やホテルの

宿泊室になるから、

ビル地下などで見るのは

通常なフラッシュ型の1.2型なのだろう。
小型区画型は2.6メートルの水平距離、
フラッシュ型は部材の形状であり、
小型区画型はヘッドの種別区分だから
並列で考えてはいけない、
小型区画型とは別に標準型があり、
小型区画型ヘッド、標準型ヘッドと言うほう

がよさそう。
標準型ヘッドの防火対象物が地下街、

準地下街の場合は厨房では

水平距離が1.7メートルだが、
その他の部分は2.1メートルなので、
2.3メートルより小さい水平距離が決め

られているので、百貨店などのエスカレーターでみる
スプリンクラーより、

狭い間隔でスプリンクラーヘッドが

並んでるのだろう。

どうやら試験では標準型ヘッドのくだりでは

一般の防火対象物の耐火建築か

耐火建築以外のスプリンクラーヘッドの水平距離の区分、

耐火建築は2.3メートル以下、

耐火建築物以外は2.1メートルの水平距離で

ある部分が、大事みたいです。

耐火建築の方が緩和されているようです。

ちなみにスプリンクラーの種別が

開放型の場合の防火対象物が

舞台部の場合は水平距離は1.7メートルとなり、

これも半径が小さいですね。

余談ですが、資格テキストでは語彙、

グロッサリー、文言の一覧

インデックスページがないと
わからない語句からの検索が大変なので

さくいんのあるものがいいですね。

 

 

壁,天井からの離隔は30センチ

あんまり低いと誤作動おこすし、壁に近いとそもそも初期消火の

カバーする範囲としてNGでしょというところでしょうか。

メールアドレスが公開されることはありません。