サンドブラスト現象の発生理由と時代背景と理解のコツ

サンドブラスト現象

というのがあるらしい、ゲットーブラスターは

KRS-ONEだがそれはHIPHOPの話、

これはあくまで

管と土と水と穴の話、

サンドブラスト現象とかよくわからないね。

埋設物の管にあながあくはなしです。

ええ、ブラストの部分しか繋がっておりません。

水漏れした配管が砂を吹き飛ばし≒ブラストし

ガス管などをぶち壊す!

という内容です。

(ああこわい)

時代背景で管の種類なども影響しているかもという

視点なども知ることができます。

鉄管でなければ100%安全ではないけど

腐食に強いポリ管が埋設管として増えている近年では

今後は減るであろうが、既存の埋設管としてhあまだまだ

ご健在なので、知っておくといい内容です。

「漏水したガス管に水が-」などと聞くことも

まだありますので、原因はこれとはいいきれませんが、

頭の片隅におくといいでしょう。

本記事の内容

  • 最低限のおさらいサンドブラスト現象
  • サンドブラストという工芸器具があるらしい原理は同じ
  • ガス管はポリ管化しているから今後は減るかもしれない

最低限のおさらいサンドブラスト現象

 

この現象による近隣埋設物の離れ

離隔距離、空き、は30cm以上といわれております。

まあ。30センチは離しなさいねという話は

試験などでも出てきます。

その理由は以上のような理由です。

水が漏れると周りの土や砂が飛び散る。

という現象があるらしい。

怖いですね。地下だから、圧力かけて

砂だの、砂利だの、土だので

固めてんだから大丈夫でないの?

水が漏れるくらいでさ、回りの土が

ガスとか電気とかその他の菅に影響を

与えるとか考えられないんですが、

でもあ、逆かも、圧力かけているからね

本管の中、だから周りの管こ影響を

与える恐れがあるのか。

なるほど、自己解決。

で30センチ以上離して埋設しましょうね

というルール。

加圧というのね、圧力を加えているのは

でもさ、なんで30センチなわけ?
どういいう計算だよ

と思う。

なるほど、そうかステンレスでなくて

塩ビ管の継ぎ目が接着接合のタイプの継ぎ手

ときに起りやすいのね

なるほどなるほど、確かにそれは想像つきますね。

古いタイプで起りやすいと1979年ということは築34年以降の

埋設されている塩ビの継ぎ手部分とかは注意という感じ?

RRタイプでは起りにくいらしい。

うーんわからん曲げ力というのもわからん

いずれにせよ、通信線、電気、ガスとその他の埋設物の菅には

いい影響はないというのはわかりました。

サンドブラストという工芸器具があるらしい原理は同じ

 

工芸器具で砂をペンの先で空気とともに圧縮した状態で

出し、工芸品をつくることができる工具があるそうです。

主にガラスに模様をつけていく作業

のようですね。

 

参考:サンドブラスト

 

それらの道具を

サンドブラスターというそうです

参考:サンドブラスター

おなじような現象が穴の空いた管と土中の砂の部分

 

通常は道路じゅだんしている太い管は

砂で根巻かれています

のでその水の圧力砂

で同じ現象が起きているということ

 

 

怖いですね。地下だから、圧力かけて

 

砂だの、砂利だの、土だので

 

固めてんだから大丈夫でないの?

 

水が漏れるくらいでさ、回りの土が

 

ガスとか電気とかその他の菅に影響を

 

与えるとか考えられないんですが、

 

でもあ、逆かも、圧力かけているからね

 

本管の中、だから周りの管こ影響を

 

与える恐れがあるのか。

 

なるほど、自己解決。

 

で30センチ以上離して埋設しましょうね

 

というルール。

 

加圧というのね、圧力を加えているのは

 

でもさ、なんで30センチなわけ?

どういいう計算だよ

 

と思う。

 

なるほど、そうかステンレスでなくて

 

塩ビ管の継ぎ目が接着接合のタイプの継ぎ手

 

ときに起りやすいのね

 

なるほどなるほど、確かにそれは想像つきますね。

 

古いタイプで起りやすいと1979年ということは築34年以降の

 

埋設されている塩ビの継ぎ手部分とかは注意という感じ?

 

RRタイプでは起りにくいらしい。

 

うーんわからん曲げ力というのもわからん

 

いずれにせよ、通信線、電気、ガスとその他の埋設物の菅には

 

いい影響はないというのはわかりました。

 

相手のガス管などの管種にもよるでしょうし、

 

埋設管の輻輳といういわゆるこんがらがり状態によっては

 

理想で終わる環境や状況も加味しなければならい。

 

管がせっている状態ではポリエチレンフォームで管防護を行う必要もあるでしょう。

 

何れにせよ、所轄の水道事業者の施工要領に従うのが通常の対応となりますが、

 

国レベルでは30センチ離そうねというのが、常識的らしいです。

 

ガス管はポリ管化しているから今後は減るかもしれない

地域にもよりますが、本支管というガスの配水管のような位置づけの管が

ありますが、これらも都市ガスが進むエリアでは

ポリエチレン管が主流になってきています。

ガス ポリ管

■参考

サンドブラスト現象

メールアドレスが公開されることはありません。